家賃滞納!高すぎる家賃で減らない借金を解決する方法

借金を抱えているのに高い家賃に住み続けている人、結構多いのではないでしょうか。「家賃を払うために働いているようなもの」これが口癖になっている人も知人にいました。かくいう私も東京に15年住みましたが、合計でかかった家賃は1500万円以上、恐ろしい金額ですよね。多重債務でヒーヒー言っていた時期もあり家賃の支払いには本当に苦労したものです。家賃は2ヶ月も滞納すると普通は追い出されます。この辺りからズルズル延滞を続けていくと裁判にもなりますし一括で返済を求められます。ここに至る状況は失業であったり病気であったり事情は様々ですが、借金と家賃との因果関係は大きいのだと思います。

今回の記事では多重債務者であるにも関わらずに高い家賃を払い続けているような人が、どうやって現状を打開することができるのか?また家賃滞納を債務整理で解決したり、地方への引っ越しや不動産購入についても言及していきたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

家賃滞納状態

家賃は絶対2ヶ月溜めないようにしましょう。これは基本です。1ヶ月ですと何とかなりますが2ヶ月ですと厳しい管理会社ですと鍵を変えて倉庫に荷物を運び出してしまうところもあります。厳密に言えばこういう処置は”違法”なのですが、お金が無いあなたは警察に行く方法以外どうすることもできないでしょう。警察が対応してくれるというのも難しい気がしますが、何らかの不動産トラブルを助言をしてくれるNPOや行政などは調べれば見つかるでしょう。私は2ヶ月滞納して鍵を変えられて倉庫に荷物移動させられた知人知ってます。中目黒のマンションでしたが比較的高級住宅街などは厳しいと思われます。家賃滞納の体験談はこちらを参考にして下さい。強制追い出しまでの過程や対処法などもあります。※不動産会社によって対処法も期間も違いますのであまり自分のケースに当てはめるのは危険。

あなたが消費者金融のリボ払いキャッシングなどに手をだして数百万クラスの借金を抱えているのでしたら、この滞納家賃を含め全て債務整理することも可能です。ですが債務整理をするとこの家には住めなくなりますので(債務整理中は大丈夫だと思いますが念のため弁護士に確認を)ある程度現金を残した上で最悪引っ越しを余儀なくされても対応できるようにしておくといいでしょう。債務整理も自己破産するにもお金がかかりますので。

家賃滞納で裁判になってしまうと事件化してしまうので、通常の債務整理という案件では弁護士や司法書士には依頼できなくなっていまいます。事件化すると弁護士に相談するだけでもお金がかかるようになります。結局そういう家賃滞納の裁判が起きたとしても「月々いくら支払います」で決着できると思いますので自分で裁判にはいくといいです。ですがその時点で住んでいるマンションなどは出ていかなくてはいけないでしょうね。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

家賃交渉で値下げ要求する

値下げ要求の交渉ができるのは家賃滞納していない人のみです。大体2年毎に更新が来ますよね、このタイミングで家賃交渉をしてみることは大事です。大家としては出ていって欲しくないわけですから多少の値下げにも応じてくれるはずです。その地域の地価変動も当然先方は知っていますので事前に少し調べてみるといいでしょう。そういうデータが有れば「この地域は家賃が下がっているので値下げを希望します」という説得力が出ます。現にそういう地域は他の部屋の賃料は下がっているはずです。賃貸募集で同じマンションなどで賃料が分かればさらに良い交渉ができそうですが。ビジネスでオフィスを借りている方は住居マンションよりさらに家賃交渉はしやすいと思いますよ。オフィスのほうが空き室は痛いですし変動が激しいからです。最近はウィークリーやシェアオフィスも多くなりましたからね。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

引っ越す

私は東京中心の賃貸生活15年間で合計家賃は1500万円以上かかりました。その間、家賃1万円の寮から14万ほどのマンションまで色々な所に住みました。独身ですしそれほど贅沢な暮らしをしたとは考えてませんが、やはり東京近郊に住むとなるとワンルームでもそれなりの金額になってしまいますよね。いい物件に住めばそれだけモチベーションも上がりますので仕事にもいい影響があるのは確かです。しかし借金をしている状況でそういう家に住む必要性があるのかというと大きな疑問を感じますよね。

家賃を抑える引っ越しとして考えたい選択肢を挙げます。

①マンションからアパートへ
②複数部屋からワンルームへ
③都心・駅から離れる
④公団団地
⑤シェアハウス
⑥実家に帰る
⑦寮に入る

実際に1人暮らしなのに何部屋もあるような無駄なマンションに住んでいる場合は、ほとんどモノで溢れかえっている場合が多いのです。基本物持ちが多いという印象です。断捨離がブームですが、まずは断捨離で物を減らしていくために、敢えて引っ越しをして今よりコンパクトな部屋に住むことにしましょう。借金がある人は借金を返し終わるまで、時限措置で節約生活をする上でも固定費節約で引越し費用がかかっても実行に移すべきだと思いますね。オススメは、今の近所など近くにいい物件がないか探して引っ越すのが賢いです。また住み慣れている街ですからストレスもないでしょうし。

実家に戻る

これも借金を返し終わるまでの時限措置として、今の部屋を引き払って一旦実家に戻る方法です。これは家庭の事情もあるでしょうし、親との関係が悪い人は帰れないというケースもあるでしょう。そういう場合はシェアハウスという選択もありますよね。いかんせん、今の家賃よりは安くしないと引っ越す意味もないわけですから、何とか転がり込むことができる彼女の家や親類の家でも良いですし探すといいでしょうね。

実家が地方にあると仕事も大変だと思うのですが、借金を抱えてしまった原因は当然仕事にもあるでしょうし、何らかのリセットは必要ではないかと考えます。地方でゆっくりしながらアルバイトでもしながら借金を返済するでも良し、これを機にフリーランスで活動してみるのも良いと思います。公務員など行政の仕事をしている人は比較的楽に地方でもポジションが見つかるかもしれません。物を極限まで断捨離して荷物はトランクルームに預けて、スーツケースだけで里帰りするのも手ですよね

地方に住む

これは実家に限らず家賃の安い地方に引っ越してみるという方法です。これも当然仕事ができるか否かで難易度が変わってくると思うのですが、今現在の職業が今の土地でしか成り立たないという以外は、地方に住んで生活コストを下げて生活してみるという方法はオススメです。結婚されている方で小さいお子さんがいる場合などでも待機児童の心配もないですし、子育てには地方が最適です。ご自身も借金を抱えていて精神的に参っている状況であれば環境の良い所で再スタートするのは良いと思います。

地方に住む場合は賃貸も安くて良いのですが、中古の一軒家を購入できるようにがんばってみることです。場所にもよりますが1千万以内で買える所も多いでしょうし、競売などでも格安で手に入れることができます。地方は特に今は空き家が増えていますので、少し駅から離れればかなり地価も下がります。

債務整理→断捨離→引っ越し

結局「債務整理→断捨離→引っ越し」このスキームが一番効率的です。多重債務者であるならば債務整理を早めにして、断捨離で物を捨てたり売って引越し費用の足しにして、今より安い所に引っ越すのです。

債務整理についても、自己破産から、自己破産以外の方法で任意整理や個人再生もありますので、現在の仕事の状況も含めてどういう債務整理が可能かは実際に弁護士や司法書士の先生に無料電話相談で聞いてみることをおすすめします。家族や会社に内緒で債務整理できる方法もありますし(自己破産は無理)初期費用無くても分割で対応してくれる事務所も多いです。基本的にお金に困って相談しているのですから事情も考慮していただけます。

家賃滞納で最悪の追い出しに合わないためにも、早めの行動をおすすめします。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!