今月の借金返済から数日で逃れる方法!

数日で借金から逃れたい女性

借金返済と言ってもまず家賃、光熱費、スマホなど最優先の支払いがありますよね。家賃は2ヶ月で追い出されるリスクがありますし、光熱費は電気水道が止められたら生活は出来ませんし、スマホも使えなくなると困ります。派遣などをしている人は電話連絡できませんからね。ですからこれらの支払いを優先させることは大事ですし、実際にそうしてください。

ではリボ払いやカードローンがある人はどうなるでしょうか?これら支払いができなくなるとブラックになり、延滞が続くと一括支払いを求められます。大変な事態になりますよね。キャッシングで自転車操業している人は新規借り入れはできなくなります。とはいえ支払えないものは仕方ありません。これらの支払いを猶予して他の支払いを優先させます。そして借り入れをしているクレジット会社にすぐ電話をして支払いが遅れる旨を伝えましょう。とにかく”無視”が一番やってはいけない行為です

でもこういったカードローンの遅延が数ヶ月続いたらどうなるでしょうか?”家族や同居人に隠れて借金している人はこれがバレます。”もう今回はさすがにヤバイ”今回は今月の借金返済から数日で逃れる(回避する)方法!をまとめてみました。まず借金の督促電話から数日で逃れる方法と、借金そのものから逃れる方法になります。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

必要最低限のライフラインは確保

先にも挙げましたとおりスマホ、光熱費、インターネット、家賃などは延滞が長引きますと大変なことになります。ただ電話はいつでも繋がるようにしていないと、連絡が取れなくなったと思われると債権譲渡や強制執行や裁判など手に負えない状況になりアウトです。携帯電話は止まってしまう最終支払日をキチンと把握しておきましょう。

多重債務でしたら、おまとめローンなどに移行する手もあるのですが、これも審査などに時間がかかりますし審査も厳しいです。また身の回りのブランド品を売って当座をしのぐこともできますが、既にお金になるものが無いという人は厳しいですよね。リサイクル店に売るとしても二束三文です。

では電話があるのですから、まず実家や頼れる所に電話してみましょう。もうそういうヘルプは期待できない!という方は、以下の方法しかありません。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

債務整理の電話をする

電話でまず債務整理の電話相談をしましょう。弁護士や司法書士が債務整理を処理してくれますので電話一本で相談をするのです。この段階では債務整理を実行する必要はないのです、あくまで債務整理の相談であって、債務整理をするかは考えなくてもいいです。”弁護士に相談している”という既成事実を作れば良いのです。

実際に専門家に話を聞いて債務整理をすることになった場合はそのまま受任してもらって、債務整理の手続をしてもらいましょう。債務整理は任意整理・個人再生・自己破産など方法が色々ありますので事情に合わせた選択を提案してくれるでしょう。最近は債務整理もほとんど任せきりで電話と郵送でなんとかなってしまいます。

債務整理の相談に話を戻します。債務整理の相談をした段階で、実は借金の返済をストップしてもモラル的に何の問題はないのです。通常は弁護士などが受任してからになりますが。実際に督促で金融機関から電話が来たら「弁護士に相談しています」といえば向こうは返済を迫ることはないからです。これで時間稼ぎが出来ます。当月は支払いをスルーしても末日や来月までに何とかお金を工面して下さい。

債務整理はお金がかかるんじゃないの?と心配される方も多いと思いますが、基本多重債務者であることは前提の債務整理ですから、着手金なども分割でできるように考えてくれます。相談の段階でも無料ですからお金はかかりません(通常の事件は相談は有料、債務整理は無料でやっている人は多い)

この債務整理の相談で少なくとも数週間は時間が稼げます。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

取引履歴を取り寄せる

弁護士に依頼すると受任通知が業者に一斉に送付され事実上の取り立ては無くなりますが、その後弁護士は取引履歴を取り寄せ借金の中身を精査するのです。ここで過払い金などが発生していて還付金を受け取れることもあります。

この取引履歴については、自分でも取り寄せることができるのです。ほとんど無料で郵送してくれたり、ネットからダウンロードできるところもあります。この取引履歴を相談している時にまず自分で取り寄せて(1-2週間)金利はどのくらいで借りているのか、過払い金がないか、中身をチェックしてみましょう。そうすると弁護士に債務整理を依頼しても損か得か、今やるべきかやらないべきか、判断材料として分かることもあります。実際に借入額が100万未満の場合、債務整理しない方がいいというケースもあります。

債務整理をすれば数ヶ月猶予

債務整理を弁護士に委任した後も、弁護士は取引履歴を取り寄せ返済計画を立ててから、各業者に和解の話し合いをするのですが、合意するまで数ヶ月かかります(任意整理で大体4ヶ月が目安、裁判があると1年かかる所も)ですから合意するまでは支払いはストップされるのです。この間は弁護士の着手金などを溜めて分割で支払うように言われると思いますが、最低限度の支払いをお願いすれば事情は加味してくれます。

債務整理の相談で数週間、債務整理を弁護士に依頼すれば数ヶ月、時間を稼げることになります。この間に仕事をするなり給料日を待つなり、お金を工面する時間に使いましょう。それでも生活が厳しいということに変わりがないという方は思い切ってダブルワークや転職も視野に入れてもいいと思います。但し債務整理を相談している時に無職ですと色々と条件が厳しくなりがちで弁護士もいい顔をしませんので、できれば仕事はアルバイトでも構わないので安定した仕事をしているというアピールはしておきたいものです。

借金を減額かチャラ

債務整理の相談だけでもメリットはあるのですが、債務整理を実際にやった場合、個人再生は借金を1/5にできますし、自己破産は免責を受ければ借金が0になります。借金で首が回らないような生活の人は債務整理をしてしまう方法をオススメします。債務整理をすると7-10年はブラックでカードを作れなかったり不都合はありますが、デメリットはそれくらいですよね自己破産でも官報に載るくらいで生活や仕事にさしたる支障はありません。現金は99万円まで持てますし家財道具も一切取られませんし赤紙も貼られません(私は自己破産経験者です)個人再生はマンションや一軒家の住宅ローンだけ除外する制度もあります。本当に債務整理はブームがきて敷居が低くなりました。

まずは債務整理をするかどうか決まっていない人も、今月の支払いを逃れるために相談をしましょう。そして債務整理をそのままお願いする方向でいきましょう。債務整理の弁護士や司法書士への無料電話相談は下記でご紹介しています。専門家の所在地はあまり関係がないです全国で対応していただけます。債務整理は弁護士でも司法書士でもどちらでも構いません。安さとスムーズな処理を求めるなら司法書士、事件化して裁判が気になる場合は実権力がある弁護士を選択しておけば安心です。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!