高齢者の自己破産はするべきか?生前整理のすすめ

高齢者の住むアパート

高齢者の自己破産で悩んでおられる方は多いですよね。どうせ死ぬのだから借金などどうでもいいと考えている場合もありますし、消費者金融も無職の高齢者に積極的に取り立てには来ないので無理して支払いをする必要もないのかもしれません。生命保険や自宅など資産があるので自己破産を躊躇しているという方もいます。ですが自分が亡くなっても借金はそのまま家族が支払わねばならないとしたらどうしますか?

収入がなくとも貯金を取り崩しつつ年金生活を楽しむのも良いですが、借金を抱えてしまっては家族も心配になりますよね。多額の借金を抱えてしまった高齢者は自己破産すべきかどうか具体的な方策についてまとめてみました。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

資産がない人は迷わず自己破産

下流老人とNHKで特集されていましたが、高齢者が年金でも生活ができなくなるケースは増えていますし、自殺もありますよね。非常に不安な老後を過ごしているということです。預金や不動産などの資産が無く、年金だけで生活しているというような人は迷わず自己破産するべきだと思います。高齢者の自己破産は100万以下でも認められる場合があります。収入がなく年金暮らしですと100万以下の借金でも大変な負担となるからです。自己破産とはいえ資産がありますと当然差し押さえになります。ですが家財道具や5年以上の中古車などは今は差し押さえされることはないでしょう。現金も99万円まで大丈夫です。

家族に相談できる方は一旦家族に相談して、替わりに弁護士(または司法書士)に無料電話相談をしてみるといいでしょう。お一人でも直接電話相談すれば現生活にどのような影響があるかなど詳しく説明いただけます。やはり専門家に相談して決めるのが得策だと思いますし、自己破産は専門家に任せましょう。記事の下に債務整理の得意な弁護士や司法書士をご紹介していますので電話無料相談してください。

シニアのカードローン破産が増えていますが、きっかけは総量規制の緩かった銀行ローンのケースが多いようですね。自己破産の申請はこのところ減り続けていたのですが、2...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

資産がある人は個人再生や任意整理

では不動産や預金などがある人が、借金を抱えてしまった場合はどうでしょうか?最悪はそれらの資産が差し押さえられてしまうことですよね。自分は長生きできないだろうと思っても、資産も手放すことになってしまっては最後は生活保護に頼るしかなくなってしまいます。

資産がある人は債務整理の中でも個人再生や任意整理という方法があるので、自己破産はせずに毎月返済をしていく方法で解決していきましょう。住宅ローンが残っている人でも個人再生は住宅ローンを除外できますし借金は1/5に圧縮できます。生命保険なども守れますしね。さらに借金の金利もゼロになりますからゆっくり返済すればいいのです。任意整理も同じです。これら債務整理で毎月支払いを続けていれば消費者金融からの取り立ては一切ありませんし弁護士が窓口になってもらえますから安心ですよね。

人間人生の歯車がふとしたきっかけで狂ってしまうことがありますよね。どんなに順調と思える人生でも分岐点になる事件は、あなたの身にもある日突然起こるのです。以下...

家は売っても二束三文です。それより家族のために資産は残してあげましょう。家族が遠方にいて管理ができないということでしたら、売却して借金返済をしてもいいですが、今ご自分が住んでいるのであれば無理に売却せずに債務整理で時間を稼ぐ方が懸命です。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

生前整理のすすめ

自分の周りでもこの生前整理をしている人は多いですよね。亡くなってからの遺品整理はとてもお金がかかります、ですから遺族に手間を掛けないよう配慮する。ですがこの生前整理は高齢者自身の為でもあるのです。現役の時は真面目に働いていた人が、晩年には無駄使いして方々にお金をばら撒いて見栄を張りたがる(うちの親がそうでした)傾向にあり家族も苦労をするものです。

最近人気のリバースモーゲージをご存じでしょうか?高齢者が自宅などの不動産さんを担保に極度額を設定し借入れを行い、自分が死亡した時に自宅を売却することで返済を...

家の中を見回してみて下さい。家具や電気製品や物で溢れかえっていませんか?思い出の品は誰しも捨てられないものですが今それが必要でしょうか。思い切って家の中のほとんどを処分したりあげたり、断捨離をしていく勇気が欲しいですよね。無駄な物がなくなるとまずお金に執着しなくなります。物にエネルギーを奪われていますから疲れることもないですし、自分自身に向き合って本当に大切なことに時間を使えるように考えがシフトチェンジしていくことでしょう。

立命館大学・産業社会学部教授の唐鎌直義氏(社会保障論)が厚労省の国民生活基礎調査をもとに世帯構造別の貧困率を独自に試算したデータが注目を集めている。最低限の...

先の債務整理や自己破産をきっかけに、家の中も生前整理をしてスッキリとした残りの人生を楽しんでみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!