借金もう借りれない!最大のピンチを乗り切る方法

借りれない牛のぬいぐるみ男性

キャッシングで1社支払いができなくなると、もう1枚新たにカードを作りその借入で補填する。カード枚数が増えてくると、いわゆる与信状態が限度額パンパンになりますので、ある日突然に新規借入ができなくなる日がやってきます。

当然そういう状態ですと、税金やら知り合いの借金やら、スマホ代、家賃など支払わなければいけないものも滞納していますよね。特に生活に支障が出るようなものに関しては早急に支払いをしないと仕事にも影響するでしょうし、かなり焦ると思います。

私自身が元多重債務者であり、自己破産経験者ですので色々と共感する部分はありますし、危ないシグナルはよく分かっています。あそこで何とかしていればという局面は多々ありましたね。今回は借金もう借りれない!最大のピンチを乗り切る方法について考察してまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

借りるという選択肢を外す

限度額がパンパンになった時、私の場合はグレー金利全盛時代でMAX250万ほどでした。私の与信では1社50万×5社ですね。今は相当総量規制も厳しくなりましたので簡単には250万借りるのは難しくはなったとはいえ、高金利の銀行キャッシングのような新しい商品も続々登場してCMも多くなっていますので嵌まる人は多いと思いますし、収入がある人も無い人も気付いたら数百万レベルの借金で身動きが取れない状態の人も結構いるのではないかと思います。

もう借りれない状況、このような感情に至っている時点で、自転車操業の終焉、借金を支払える許容能力を越えているのだと、自分で認めて白旗宣言しなくてはいけませんよね。そうしなければヤミ金からも借入をしようと考えるなど、新たな借入で何とかしないと!と危ない行動に走ってしまいます。もう金利がどうしようもないくらいに膨れているのですから新たな借入でも返済に追いつかないのは明白です。ですのでヤミ金は絶対手を出してはいけません。

あなたに大きなお金が入る予定などがない限り、知人や親族から借りるというのも諦めたほうがいいです。限度額いっぱいのキャッシングはもうどうしようもないのです。周りの人を悲しませることにもなりますからね。自分で解決する方向を模索しましょう。

『働く→給料入る→借金返済→貧しい食生活』こんな負のループを繰り返していませんか?これでは毎日何を生きがいに働いているか分かりません。リボ払いやローンの分割払い...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

過払い金があるのか調べる

10年もリボ払いを続けている人もいますが、長期で借り入れしている人は一回過払い金があるのか調べる必要がありそうです。時効は10年と言われていますが、継続して一連の取引と認められれば10年以上前の借金も過払い扱いになる可能性があるからです。

過払い金返還も最近は消費者金融業者と揉めますから裁判になるケースも多いのですが、一度弁護士や司法書士に無料相談してみるのはいいかと思います。自分でも過去の取引履歴があれば調べることはできるのですが、一連の取引かどうかなど法的な問題や業者の特性や財務状況などでも和解結果が変わりますので、交渉経験や裁判経験のある専門家の意見は聞いておいたほうがいいです。債務整理に慣れていない専門家には相談しないようにしましょうボッタクリ被害に合う可能性があります。

多くの多重債務者の場合、自分が毎月どのくらい返済すればいつまでに完済するという見込みを立てずに、なし崩し的に借金を借り入れたり返済しています。結果的に特にリ...
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

直近の督促電話から逃げる

もう借りれない、そして滞納が始まると督促はがきや電話が山のようにくるでしょうから、これを無視するという選択はしないでください。業者的には連絡がつかないというのは、かなり心証が悪いですしその後の取り立ても一層厳しくなる恐れがあります。もう借りれない状況で滞納を始めたら、弁護士か司法書士に無料電話相談を入れて下さい。これは時間稼ぎの意味もあります。電話相談をする前に分かる範囲でいいので「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」などを調べてメモをしておきましょう。

この無料電話相談を入れた段階で、その後業者から電話がかかってきたら「弁護士に相談中です」と返事すれば問題ないです。業者から返済日はいつなのか、どのくらい払えるのか、今仕事をしてるのか、など根掘り葉掘り聞かれても「弁護士に相談中です」で押し通せば問題ないです。ちなみに弁護士でなくとも司法書士でも問題はないです(1社120万円以上ある場合は弁護士一択)この時点で受任はしていないので代理人ではないのですが、もう相談している時点で効力はあるのです。そういう方向で話を進めているという意思表示になるわけですから。

債務整理を依頼する

この弁護士に相談している段階で他に打開案があればそれを実行に移して下さい。もしなければそのまま弁護士に受任してもらう方向が望ましいです。受任して通知書を送付してもらえれば督促電話などは一切こなくなります。窓口が全て弁護士になるからです。仕事に専念したいという方は金策に走って時間を浪費するよりは、迷わず債務整理をオススメします。評判の良い無料相談できる弁護士や司法書士などは当サイトの下部に記載してあります。

問題はトータルの借金がどのくらい減額できるのかどうかですが、任意整理、個人再生、自己破産、とありますので自分に適切な方法をアドバイスされると思います。これらの判断基準になるのがご自分の収入源、つまり仕事が安定しているか、と資産の有無ですよね。特に自己破産は資産が差し押さえられるので、そういう方は任意整理か個人再生をを選択したいです。

個人的には今人気のある個人再生をオススメします。借金は1/5(MAX100万まで)に圧縮、住宅ローンがあればこれだけ除外できます。しかも利息はゼロです。ですから3-5年で返済計画を建てたとしても十分返済できるレベルまで圧縮できるでしょう。弁護士報酬が個人再生はやや高いですが、手続きが煩雑ですし仕方ないです。裁判所も経由しますので手間もかかりますからね。

借金を抱えて「この状況を脱するには誰かに相談をした方がいいのかな?」という方がこの記事を読まれていると思います。最近は債務整理もネット経由で相談できるように...

カードは破棄する

弁護士に依頼して債務整理を始めたらカードは全て破棄することが望ましいです。弁護士もそういう助言をする人も多いです。債務整理をすると7-8年はブラックになりますからカードを作ることはできなくなります。勿論ローンも組めません。これはとても不便ですが、JNBのVISAデビットカードでクレジットカードの替わりになりますしこれで当面乗り切りましょう。私もJNBのVISAデビットカード使っていますが、クレカ決済はだいたい使えますしファミマなどでも使えます。無借金体質に現金主義になることが大事です。どのみち借金の延滞を続けていてもブラックになり借入はできなくなるのですから同じことです。

債務整理の和解後の支払いで再度滞納をしてしまわないように、無駄使いを改めて断捨離をして日々の生活をスリム化していきましょう。債務整理で任意整理を選択肢途中で支払いが困難になった場合は自己破産に切り替えることも可能です。

総量規制や上限金利の引き下げの影響もあり消費者金融の貸出が減った裏で、銀行カードローンへ流れる人が多くなりました。銀行カードローンの広告も増えていますよね。...

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!