年収が高い借金サラリーマンほど個人再生を今スグやった方がいい

年収が高い借金サラリーマン

今回は年収が高い借金サラリーマンほど債務整理を今スグやった方がいい理由についてまとめてみたいと思います。まず債務整理は借金を圧縮して3-5年で返済することを目的としています(自己破産以外を例に)ですから基本的に収入が安定している人ほど弁護士は安心しますよね。年収が高いと当然借入れの額も大きくなると思うのですが、それでも収入が安定している、失業しにくい環境であれば改善する見込みは大きいですし問題ないわけです。借金の額が大きいと減額幅も大きくなりますからね。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

高収入サラリーマンの借金リスク

高収入の会社員仮に年収800万以上としておきましょうか。彼らの借金滞納で一番怖いのが給料差し押さえですよね。給料差し押さえは1/4までですからそれ自体にダメージはないと思いますけれども、問題はそれよりも会社に連絡が行くことです。まずこれは最低限回避しないとなりません。会社をクビになってしまってはどうしようもないからです。自己管理能力の欠如は自主退社を求められるケースもありますからね。

またある程度高収入ですと仕事の責任も大きくなりがちで、副業をして収入をさらに増やすという選択肢は取らないほうが賢明です。また大きな無駄使いは是正する必要はありそうですが、生活の細かい節約が借金返済に大きく寄与するとは思えません。ただ仕事上の付き合いでお金が出ていくことも多いでしょうね。高収入で仕事の規模や取引先の規模が大きくなると接待も多くなります。

ですから今の職場を守るというのが大前提で、あまり仕事に影響が出るような倹約は考えないほうが結果的にいいと私は思います。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

仕事に影響しない債務整理

その大事な仕事のポジションを維持しながら債務を圧縮するには弁護士に依頼して債務整理を任せたほうが時間的にも節約になります。自己破産は自分でもできますが、任意整理や個人再生は業者との和解交渉があり裁判沙汰にもなりますので、どうしても弁護士や司法書士に頼ることになります。

弁護士報酬などもかかりますが、それよりも利息がゼロになりトータルの借金が減額になりますから、月々の返済額は大分余裕が出てくるものと思われます。また債務整理は家族や会社に内緒で処理できますから、借金が気付いたら大きくなって人に言えないような借金である場合など、隠れて債務整理をしたい人はいるでしょう。大きな借金が家族に発覚したら離婚になってしまう!と心配しているような人にもメリットがあります。今まで無駄使いしていた金額を返済に回せば特に怪しまれずに完済までたどり着けるでしょう。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

個人再生が人気

現実的な債務整理としては個人再生が人気です。借金がMAX100万(または1/5)まで圧縮されるわけですから、多額の借金がある人はより減額できることになります。さらにこの個人再生性には住宅ローン特則というものがあり、住宅ローンだけ債務整理せずに残せる制度があります。これが自己破産をせずに個人再生を選択する人が多い理由です。

デメリットは手続きの煩雑さにあります。弁護士や司法書士は必須となりますし他の債務整理と比べて報酬も高めです。裁判所を経由しますので内緒で債務整理をしてもバレる可能性もあるのもネックですよね。裁判所には面談があるので相談者も何度か行かねばなりません。ですがこれらのデメリットを考えても個人再生をするメリットは遥かに大きいと思います。

個人再生の申し込みは簡単

まず下記に評判の良い個人再生の得意な司法書士(司法書士の方が安くてオススメ)をご紹介していますので、サイトにアクセスして無料電話相談の予約をしてください。東京と大阪の事務所を主にご紹介していますが、全国対応ですし具体的にどういった対応になるのかは直接相談してみて下さい。何箇所か連絡してもOKです。債務整理については事務的にフローが決まっていると思われるので、そんなに緊張することも心配することはありません。

都合の良い時間にヒヤリングをして借金の内容を説明し(借入期間、金額、業者名を教える)司法書士事務所で判断し債務整理ができるということになりましたら、電話で受任となりますので後に書類などを返送することで正式に貸金業者などへも連絡が行くことになります。司法書士が受任した時点で窓口になりますので書類や督促の電話などは一切来なくなります。

その後、和解まで数ヶ月ありますので着手金を分割して支払うかどうか決めて、和解後に計画案の通りの支払額を毎月払っていくことになります。

債務整理中も今までと変わらない生活

債務整理中も今までと変わらない生活をしていくことができると思います。月々の支払いが減額されると思いますが、油断して無駄使いしないように気をつけなくてはいけません。再建計画後の支払いで挫折する人も一定数いますし、彼らは自己破産しか選択肢がなくなってしまいます。ですが債務整理は何度でもできますし、国で認められた借金整理の制度なわけですから、貸金業者に迷惑をかけているとは思いますが堂々と今まで通りの生活をしていただければと思います。

個人再生手続きを司法書士に任せて、仕事に専念してください。そうすればいつの間にか借金は完済していることでしょう。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!