携帯代滞納でローンやクレジットカードを使えなくなる人275万件、端末分割払いが原因、JICC 日本信用情報機構とは?

携帯電話の滞納が増えていますが知らずにブラックリストに登録されてしまうケースがあるそうです。
これは電話料金の一部に携帯端末の分割払いが含まれているからだそうですが、
ブラックリストに入るとローンやクレジットカードが使えなくなります。
そうなると益々料金の支払いが出来なくなる人が多いのではないでしょうか。
消費者金融などで自転車操業状態の人は携帯の支払いには十分注意しないとローンの支払いなどにも
影響が出て首が回らなくなってしまいますから気を付けてください。

そもそも何の審査も無しに分割ローンを組める携帯会社の仕組みそのものも問題があると思いますが、
一度ブラックリストに入ってしまったらなかなか消すことが難しくなるかもしれませんので、
携帯の支払い内訳の内容もキチンとチェックするようにしたいですね。

高確率FXトレードのススメ!
テンプレートを読み込むだけでトレード環境が実現!
↓↓↓↓↓

携帯の支払いココが怖い

2年しばりで24回払いが、クレジットカードの支払いと同じ信用情報機関に登録される。
月々の電話料金滞納はクレジットカードの支払い遅れと同じ扱いになるのが怖いですね。
ブラックリストに入ると携帯も分割で買えなくなりますしね。

最近はスマホが主流ですので本体の価格もかなり高いです。
日本はiphoneなども人気ですよね。
これらはどうしても分割払いになってしまいますので、心配な人は安価な携帯にするべきです。
本体は最初に一括で買ってしまうのが最善策といえます。

JICC 日本信用情報機構とは?

JICCが保有している信用情報は、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・
利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。

延滞や債務整理の記録はここに信用情報に原則5年間登録されることになります。
その間利用できるのは現金決済か現金チャージの電子マネーくらいです。

ブラックリストに入ってしまったら?

VISAデビットなら預金の残高分までは使えるので支払いはデビットに切り替えるようにしましょう。
ただVISAデビットもブラック審査があるということです・・。
ゆうちょ銀行やJNBなどキャッシュカードにデビットなど付ける方法はおすすめです。

住宅ローンが組めなくて、初めて事の重大さに気づいて相談に来るケースが激増中ということです。
賃貸契約に関しても相応の家賃の所は手付けの後で断られるケースもあるようです。

結論

携帯を持つなら本体の支払いだけは早々にしましょう。
できれば一括払いで。

一括で本体を買った後に携帯料金を滞納した人は携帯会社で共有する信用情報に傷がつき、
新規契約が難しくなる。
分割で本体込みで買った人はNTTファイナンスとか、貸金業者から借りてることになってるから、
分割払い分の滞納は、喩え数千円でも、クレジット会社や銀行で共有している信用情報にも傷がつく。
つまり携帯とクレジットの2つのネットワークで信用に傷がつくということです。