資産が無い人ほど早めに自己破産をしておいた方がいいワケ

資産が無いから自己破産する人

私は自己破産しましたが当時資産はありませんでした。今は地方に一軒家を持っています。資産が無いから自己破産できたといっても過言ではありません。この自己破産は現金は99万まで持てますし、家財道具も取られませんでした。ですから車・バイクと家がある人は自己破産でこれらを諦めなくてはいけないのです。

今回は資産の無い人ほど早めに自己破産をしておいたほうがいいワケについて実体験を元に考察していきたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

家族ができる前に

独身のときは意識していないことも、家族ができてから自己破産したらどうなるでしょうか?一家離散もありえますよね。自宅を手放し、車を手放し、既にあった生活を手放すのはとてもつらいことです。仮に旦那が事業に失敗し自己破産したとしましょう。こういう事態でも苦難をともにしようという妻は立派ですよね。ですが現実問題は甘くは無いです。子供を連れてさっさと家を出て行ってしまうことでしょう。

ですから家族ができる前、独身のうちに多額の借金ができたならば早めに自己破産しておいた方がいいでしょう。とにかく結婚する間に借金をゼロにしておきましょう。結婚してから借金を継続するのは愚の骨頂です。

今は銀行ローンなどで総量規制に縛られずに収入以上の借金を抱えるそこそこ給料のいい中級者層もいますが、リボ払いなどで利息だけ支払い延々と自転車操業でギリギリの...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

貧乏の自己破産は痛くもかゆくも無い

自己破産するくらいですから、そのときは大概貧乏になっているワケですが、初めから貧乏でちょっと消費者金融から生活費を借り入れて、それが雪だるま式に増えてしまった。だから今も昔も貧乏だよ、という方は自己破産をして借金はチャラにしても生活レベルは変わりません。自己破産も二度目になると免責は下りにくいとされますが7年ほど時間が経てば二回目も問題なく免責は下りると思います。ドナルドトランプも四回破産していますしね。

今自分が貧乏生活だと底辺だと思っているのであれば、自己破産は有効な手であり今のうちにやっておくべきだと思いますね。生活は変わりませんからプライドも捨てましょう楽になります。

自己破産をするとかなりの社会的な制約を受けるのではないかと心配されている方も多いのではないでしょうか。私の場合も自己破産してから3年以上経過しますが相変わらず...
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

自己破産のメリットは免責だけではない

私も自己破産をしたのですが、その理由に1千万を超える膨大な税金滞納があったのですね。実はこれがデカクて自己破産したも同然です。一般に税金は免責は受けることができないといわれますが、確かに免責は下りませんが3年程度で執行停止にはなるのですよね。「実質取立てはもうしませんよ、お金ができたら払ってください」という恩情措置です。

そりゃそうですよね自己破産して資産もありませんと白旗揚げてるわけで裁判所もそれを認めているわけですから、お金がない破産者から税金を取り立てて自殺でもされたら困りますからね。このように本当の社会的弱者となるのです。ですが実際は借金がチャラになって一から裸一貫で出直すということで、借金があったときよりもよっぽど裕福であるわけです。ゼロですけどもマイナスではないわけですから。

国民健康保険と市民税の滞納をかなりの期間していまして先日役所の方が家に来ました。私は自己破産をしていることもあり事情を説明していて所得税などは半ば古い税金に...

自己破産はお金がかかる?

自己破産は自分で申請もできます。ただ自営業や会社経営者など取引先がある場合は管財事件扱いされて破産管財人(要は弁護士)を別につける必要があるのですよね。私の場合は大体20万用意しといてくれと裁判所で言われました。この辺で弁護士や司法書士をつけておいた方が裁判所の心象もいいので、判断が分かれるところですよね。

何も心配が無いという方は自分でやる方法もお勧めします。他に専門家に依頼するメリットは、特に関東圏などがそうなのですが、外れ裁判官にあたるとギャンブルなどでも免責不可になる場合があるということです。この辺は裁判官ですから運とも言えるわけですが。ここで司法書士などがいれば反省文などを書いたとしても免責を受けやすい応対を知っているので多少有利になるということです。

財産があるとか、免責が下りるか不安な人は専門家に頼みましょう。

自己破産は借金をゼロにすることができる唯一の方法ですが、デメリットとして資産を没収されてしまうことですよね、現金は99万円しか持てません。ですから借金の額が大...

自己破産後の生活

私の場合フリーランスということもありますが自己破産後も生活はほとんど変わりません。変わったのはカードを持てない、ローンを組めない、このくらいです。今まで使っていたクレジットカードは当然使えなくなります。

私のようなフリーはキャッシングが一つの借り入れの貴重な生命ラインでもあるのですが、確かにこれを失うのは非常に心配です。だからこそ無駄使いはしないようにしていますし、カードが無いので借り入れもローンも審査が通りませんからね、新たな借金については心配は無いです。月々の資金繰りをマイナスにしないように注意しなければならない、このくらいですね。

ストレスフリーの生活は快適そのものです。借金が無ければどんなに気が楽か?自己破産者の私が言うのですから信用できるでしょう。

自己破産は早い方がいい

当サイトでも司法書士や弁護士さんをご紹介していますが、専門家から自己破産がいいと言われたり、返済能力が無い、現在病気だ、こんな人は自己破産を薦められることになると思います。債務整理も色々ありますけど、問題は現在の収入が大事だということです。減額すれば返済できる場合は任意整理や個人再生をすればいいですが、収入がない貯金が目減りしている!という危険な人は早めに自己破産おすすめします。専門家に頼むつもりが無くても一度無料電話相談はしてみるといいでしょう。自分が考えていなかった解決方法を打診されるかもしれませんからね。

自己破産は恐れる必要は全く無いです。世界の大富豪も自己破産をして何度も立ち直り再び大富豪になっています。白旗を揚げて早く人生を立ち直らせる方向で動いたほうがいいのです。

サラリーマン・上場企業勤務などお勤めの人が自己破産をする場合いろいろと不安なこともあるかと思います。会社バレ、いわゆる給料差し押さえ、社内査定に響かないか、...

自己破産ほど優しいルールは無いと私は思っています。遠慮せずに、躊躇せずに、恥ずかしがらずにプライドを捨てて今すぐ動きましょう。大体早くても4ヶ月くらいかかりますからね、やるなら早くやった方が早く楽になれます。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!