少しでも早く返済終了したい!夜勤のバイトおすすめない?

夜勤バイトしたい人

借金の利息は増えていきますが、年収はなかなか増えませんよね。これでは借金がいつ返し終わるのか不安になってしまいます。10年後も同じ借金を抱えたまま同じ生活をしていると思うとゾッとする人もいるのではないでしょうか。

真っ先に思いつくのは副業をして借金を前倒しに返済していくということでしょうか。今回は、少しでも早く返済終了したい! 夜勤のバイトおすすめない?についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

残業が減って収入ダウン?

大概は会社勤めであれば昼間の仕事ですから、夜19:00-20:00くらいには業務が終了するところが多いと思います。残業もソコソコにという条件ですが、残業が多い所などは残業手当が出る分余計に働けばいいでしょうね。ただ昨今は残業がむしろ減っているのではないでしょうか時短の方向にシフトしています。

残業が減ればかなりの収入減になってしまうと言う方は、その分副業に頼らざるをえない状況となります。そこで平日の業務が終わった19:00頃から効率良くできる夜のバイトはないのかな?と結構夜の仕事を探されている人も多いのです。この副業はキャリアやスキルを生かせればいいのですが、夜の仕事でなかなかそういう条件の仕事は探せそうにないですよね。ネットのクラウド経由の仕事もありますが、短時間でかつ確実に稼ぐことができる仕事は何がいいのか?考えてみたいと思います。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

副業に適している夜の仕事?

副業の目的は稼ぐことですから当然時給が高い仕事が良いのですが、尚且つ夜の時間が限定されていることですよね。朝方まで仕事をしてしまうと本職に影響が出ますし、若くないとなかなか無理はできそうにないでしょう。

男性で結構いい時給で稼げるのはキャバクラなどの水商売系の送迎、出会い系サイトのサクラでしょう。こういう水商売を避けたい人は、飲食関係ですよね。24時間やっているネットカフェ、繁華街の飲食店の皿洗いなどでしょうか。24時間稼働している工場もありますし、施設警備員などもあります。こういう仕事もシフトがキチンと決められていますので、そんなに、無理な要求もしてこないでしょうし様々な理由で夜のバイトをしているというのも雇う側も承知してると思います。しかもせいぜい3-4時間でしょうから、きつくても乗り切れると思います。

女性の場合は深夜のファミレス、チャットレディー、コールセンターなどがおすすめです。夜間のコールセンターなどは問い合わせも少ないでしょうし仕事も昼間に比べれば楽そうです。資格なども要りませんし、電話マナーや対応など昼間の仕事にも良い影響があります。時給もいいですからね。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

職種を限定しないで効率性で考える

職種よりもむしろ、今の職場から自宅に帰るまでの地域で働けたら、かなり時間的にもロスが出ませんし効率的ですよね。まかないも出るかもしれませんし、交通費も出るかもしれません。夜もダブルワークするわけですから、1分でも早く家に帰って眠りたいところですからね。私も若い時はダブルワークをしていましたが、家に帰らないで次の仕事に行ってましたよね。施設警備員で仮眠(風呂も入れた)ができるので夜勤の後にそのまま次の仕事にいけるのです。かなり効率は良かったですよね。両方バイトですが月30万稼いでいました。

若ければ車中泊もできるかもしれませんよね。このように短時間で高時給となると仕事が限定されそうですが、より効率的に仕事ができる環境ということで仕事を探されてはいかがでしょうか。要は平日バリバリ働いて土日は休むという方が体的にはいいような気もします。土日働くと疲れが取れなくなってしまいそうです。

借金の早期返済を考えない方法

これらはあくまで借金の返済を早くするために収入を増やし、その為に効率的な夜のバイトをしようという作戦でした。ですがそもそも借金を早く返したい理由を考えてみましょう。それは大多数の方が高い利息を理由に挙げると思うのですが、この利息をなんとかできれば早く借金を返す必要は無くなりますよね。

この利息をゼロにできる唯一の方法は債務整理です。新規借りれができなくなるとかデメリットがあるとは思うのですが、今は多額でも個人再生で借金を1/5にできますし、自己破産でなければそれほど躊躇するようなものではないと考えることができます。残高が多くなると年収が増えませんから、もうその時点で借金を返済するペースが益々遅くなることは確定しているのです。

これが10年後も同じように借金を抱えている状況であった場合に、結婚して子供もいて、それでマイホームや車を買うことができるでしょうか?よほど稼ぎのいい公務員の嫁さんをもらえればいいのでしょうけれども、女性も今は稼ぐのは大変ですから男性にすがってくると思うのです。家計を助けるくらいのパートをするくらいで、これに借金というハンデがくっついてくるとしたら家族の幸せは遠のいてしまいます。

返済の為ではなく貯金する為の副業

ですから生活に支障が出るような、さらに今回のようにダブルワークをするような事態になって無理な借金ができてしまったら、債務整理で解決して余分に稼いだ分は貯金をしていった方がだいぶ賢い選択となりそうです。利息がゼロですから早く返す必要もなく、毎月一定額ですから確実に借金は減っていきます。こういう決断が早いほど人生の立て直しは早くできると考えて下さい。

債務整理も裁判所など国の力を借りて減額をするものの、結局は支払いをしていくのですから貸金業者も自己破産をされるくらいならマシ程度に考えていると思います。利息を長期間搾取し続けるビジネスモデルですから通常の人間なら生活が破綻したり、人生に絶望して自殺する人もいるでしょう。多少罪悪感はあるにせよ、支払いを滞納したりすればブラックにもなりますし、どの道ブラックになるのでしたら債務整理をしても同じことです。債務整理が終わってまたカードが作れる日もやってくるのです。

債務整理は今までの支払額より少ないでしょうから、現状で貯金できる余裕も少しずつ出てくると思われます。気持ちに余裕も生まれますし、それで散財してしまっては意味がないですが、キチンと生活を立て直そうとする決意の元での債務整理ですから、さすがに真人間に戻れるきっかけにはなるでしょう。そして副業などダブルワークを考えるくらいのアグレッシブな人ですから、今度は借金のためではなく貯金のために働ける仕事に喜びを感じるようになると思います。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!