大学生が社会人1年目からハンデを背負わないベストな借金返済法は?

社会人1年目の借金男性

大学生といえども、情報商材や悪徳マルチに騙されたり、奨学金などの学生ローン、FXや株、ギャンブルや風俗、または普通に生活費がかさんでキャッシングに溺れるような人もいます。総量規制で消費者金融も厳しくなったとはいえ、法規制の緩い銀行のカードローンの残高が膨れ上がっている人も急増しています。学生の身分で学業と仕事を平行している場合は、なかなか高時給のバイトをがんばっても収入的には厳しい状態ですよね。

学生で数百万の借金を作ってしまったら、どういう方法で逃げ切るのか、またはいつ完済するとも分からない返済を頑なに続けていくのか?判断が難しい所ですが、今回は大学生が社会人1年目からハンデを背負わないベストな借金返済法?についてまとめてみたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

返済の長期化

大学生の借金100万以上を今回は想定します。学校に行かずにアルバイトに精を出す人もいると思いますが、それでも収入は少ないですから借金の完済はかなり遠くなっているのではないでしょうか。このままでは社会人になっても苦しい生活が続きそうです。学生時代は親から仕送りしてもらっている、また寮などに入っている人もいますが、社会人になり仕送りが無くなってマンションを借りたりと逆に生活が苦しくなってしまう人も多いでしょう。

何とか学生の間に借金を完済させたいと思っても、仕送りや学費など親に頼っている状態で、さらに自分の借金を親に頼ることも難しいと思います。キャッシングやリボ払いの高利息の借金を何とかしないと社会人になっても何年も苦しい返済が続くことになりそうです。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

繰り上げ返済は諦める

学生時代のアルバイトや新入社員での給料も金額的には当面期待はできませんから、短期で完済させたい気持ちはあるでしょうけれども、この際繰り上げ返済は諦める方向で考えてみます。折角大学に入ったのですから少しでもいい会社に新卒で入るほうが長期的にメリットが有るわけですし、アルバイトに興じて単位を落として留年や休学になってしまったら元も子もありません。ですから学業優先で就職活動に焦点を合わせましょう。

ということで返済を続けながらという方法になりますが、なんとか利息の呪縛に解き放たれる方法は無いものでしょうか?これは法的に解決するしかないので「債務整理」一択となりそうです。債務整理であれば利息がゼロになりますから、当面の支払いも回避できますし(弁護士への積立はある)利息がかからなければ前倒しで返済していく必要もないわけです。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

債務整理を親に協力してもらう妥協案

そのまま親にお金を借りるよりは、債務整理で弁護士に依頼し借金を整理して毎月の支払額を圧縮し完済のメドを立てるわけですからね、返済に対する誠意は見せているわけですから、この時点で親にも多少の金銭的な協力を仰いでもいいと思います。

債務整理は任意整理ではなく個人再生を選びたい所です。借金の総額が1/5あるいは総額100万円まで借金が圧縮されます。さらに個人再生は親の仕送りなどの収入も認めてもらえますので、「アルバイト」+「親の仕送り」で再生委員にアピールしやすいのです。収入は多ければ多いほど審査に有利ですから、学生のアルバイトだけでは心許ないですから親にはこういう所で協力を仰ぐといいです。

ちなみに自己破産で親と同居していると親の通帳も開示する必要があり、これがネックになる人もいるようです。個人再生については親が保証人になるわけではないですから、借金を肩代わりするということでもないですし、ですが仕送りでカバーしているという良い印象は与えることができます。

3年の支払いを続けながら

債務整理は大体3年の支払い計画が主流ですが、金額が大きかったり逆に収入が少なかったりすると5年に伸びることもあります。ですが貸金業者も長期化することは避けたいですしなるべく短期で返してもらいたいと思っています。途中で支払いを挫折する日も多い中、その辺の返済計画は弁護士と業者との綱引きになるでしょう。

ただ個人再生も8割以上が無条件で認可される状況にありますから、よっぽど再生計画がズサンでもない限り心配する必要はありません。それよりも和解して実際に支払い続ける事ができるかどうか、この部分の方が重要だと思います。支払いは2ヶ月滞納すると弁護士が辞任して、業者から一括支払いを求める督促も一斉に再開しますのでそれは避けたいですよね。ですから親に事前に説明して滞納危機の万が一の支払いをお願いしておけば弁護士も安心というわけです。

支払いが3年になったとしても個人再生なら金額はだいぶ減額されているはずです。借金返済ではなく仕事のキャリアを積んで給料を上げていく方にフォーカスしていきましょう。

7年間カードは作れない

債務整理をすると7年ほどカードが作れなくなりますので、財政的に厳しい局面がやってくるかもしれませんが、そういう状況でも現金主義でしのいでいけばやがてキャッシュフローは改善していくことになります。

カードが作れない、ローンが組めないというのは車や家を買う時に非常にマイナスになりますが、若いときの借金を早めに完済しておけばそれだけ喪が明けるまでの期間がはやくなるわけで、ここで債務整理をせずに5年10年ダラダラとリボ払いなどで返済を続けていたとすると、それこそ結婚して家族ができて余計に債務整理ができない状況になってしまうかもしれません。そういう意味では、若いうちに債務整理でリスタートをした方が有利ということになるでしょう。

減額して利息をゼロにする債務整理、当サイトでも評判の良い司法書士や弁護士さんをご紹介していますので、無料相談で自分が債務整理できるのかどうかまず確認してみましょう。分からないことも教えてくれますので。今はどの事務所も債務整理大歓迎ですし業務のシステムも非常にスムーズで何の心配もいりません。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!