転職する前に借金整理をするメリット!また転職失敗のリスクを回避する方法

転職前に借金を悩む会社員

転職にすんなり成功すれば問題ないのですが、転職先で勤まるのかどうかは中に入ってみないと正直分からない部分もありますよね。特に人間関係、上司などの相性も考えられるでしょう。社風なども中に入ってみないと面接などでは到底分かりません。

そう考えると転職もある意味状況によっては博打のような面もあるのです。これが例えば多額の借金を抱えていたとしたらどうでしょうか?転職に失敗すると借金の返済ができなくなる。慌ててアルバイトをしようにも、次の転職活動がさらに遅くなってしまうという悪循環に陥ります。

今回は転職する前に借金整理をしておいた方がいいワケ?転職失敗のリスク回避についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

収入アップの甘言につられたやすく転職するも

40代ともなると給料が伸びなければココで転職をして勝負をかけたいと思う人も多いでしょう。ですが思わぬリスクが潜んでいるのです。その例をご紹介しましょう。

年収340万円⇒0円になった46歳・男の転落人生――高収入につられ転職するも「今日で辞めて」と一転無職へ

収入アップの甘言につられたやすく転職するも……
赤田康祐さん(仮名・46歳)/無職/年収340万円→0円

ネット広告などの制作会社に勤めていたんですが、拘束時間が長いわりに月給は27万円程度。とにかくもっと給料がもらえる会社に転職しようと考えたんです

そうキャリアアップを図った赤田康祐さんだが、現在は無職の身。いったい何が起きたのだろうか?

転職活動を始めてすぐに、広告代理店の最終面接までたどりつきました。提示額は45万円。『もうココしかない!』と思いましたね

無事に内定を得て、前職場には退職する旨を伝えた。だがその後、ネット上で衝撃の事実を知る。

「入社する会社をネットで検索したところ、『ブラック』『ワンマン』といった言葉がズラリと出てきたんです。そのほとんどは『気に入らない社員をすぐに切る』『妻を経理に雇って会社のカネを懐に入れている』など、社長に対する悪評です。でも、もう引き下がるわけにはいかない。あれだけ面接で評価してくれたんだから大丈夫だろう、と自分に言い聞かせました

そうして入社するも、安穏とした日々は1か月も続かなかった。

突然社長に呼び出されて、『今日で辞めて』と告げられました。理由を聞いても、『ウチで働く資質に欠けてる』と言うばかりで。あとで同僚に聞くと、社長は、『アイツの顔が気にくわない』と常々こぼしていたそうです。給料の高さに惹かれるばかりに、あまりにも無知な状態で転職に踏み切った自分をとても後悔しています
http://news.livedoor.com/article/detail/13716441/

「顔が気にくわない」だけでクビになるのは本人の責任ではないですし納得の行かない所ですが、ここでゴネても別の理由を並べられるだけで埒が明かないですよね。不当解雇でも社長に嫌われてはお先真っ暗です。上場企業クラスならというところでしょうか。こういう状況にならないように入社前に何とかリスクを回避する方法はないでしょうか?

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

できるだけネットで口コミを調べておく

内定後に『ブラック』『ワンマン』の口コミを発見したのはいいとして前職場に退職を伝えてしまっているのが厳しい所です。今更戻れませんからね。できればこういう情報はすぐネットで検索すれば分かるわけですから転職活動中に口コミを探しておくべきでしょう。もっと慎重に行くならば内定後に職場の人にお金渡してでも、内情を詳しく聞くこともできると思います。給料45万であれば、そのくらいの用意周到に動いてもいいくらいです。

ただ小さい会社はどうにも社風や社長の方針などは普通はネットで調べても分からないものですが、逆に小さい会社でも退職者や関係者の悪評が出てくる場合は、要注意ということでしょう。高給で転職するようなところは人の出入りが激しく離職率が高かったりもします、それだけ仕事が難しいということにもなります。逆に会社がまだ成長段階のベンチャーなどはある程度社員の出入りや口コミの悪評は仕方ないと思います。会社をクビになった人はどうしても私怨でネットに書き込んだりもしますからね。必ずしもネットの悪評がそのまま正しいとも限らないのです。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

転職前に債務整理をしておく

転職に失敗すると借金の返済が滞りますから、できれば転職をする前に債務整理をしておいた方がいいということになります。というのも債務整理の個人再生などでは、借金の総額が1/5(MAX100万)に減額されますしさらに将来の利息もゼロになりますから、弁護士費用を入れても毎月の支払額がかなり少なくなります。

ですから仮に転職に失敗したとしても、アルバイトで急場を凌ぐことができると考えることもできます。さらに債務整理の個人再生は今現在の給料などが考慮されますから、安定した職があるというのは個人再生においても重要なポイントです。転職に失敗すればアルバイトになり、下手をすると無職状態になりかねません。そうなると再生計画が通らず個人再生ではなく、自己破産の一択になってしまうでしょう。弁護士も収入が無い人に対しては自己破産しか提案できないのです。

借金を支払えなくなるリスクと債務整理の和解のし易さも考えれば、転職前に債務整理をしておく必要がありそうです。和解には数カ月掛かるので、その間に支払いが止まるタイミングでもあるので、その期間に転職をするのも有効でしょう(業者への支払いは止まりますが、弁護士への着手金の積立はあります)

ヘッドハンティング会社に登録する

ヘッドハンティングなどは予め「こういう人物が欲しい」ということで企業のニーズに応じた人材が充てがわれますよね。つまり需要に合っていますからそう簡単にクビにはなりません。また何らかの武器を持っていれば、企業への貢献ができるわけですからクビになる可能性も低いです。

ヘッドハンティングや少し求人レベルの高いエグゼクティブ系などのサービスサイトに登録して一度面接を受けてみることをオススメします。このような会社はリサーチ能力に優れていますから悪評のある会社は十分チェックしているでしょうし、実際に優良企業が多いと思います。紹介される企業側も下手な理由ではクビを切れません。採用コストがかなり高額だからです。

ある程度のキャリアがある人は、会社を間に挟むことによって安全性がいくらか担保される場合があるということです。そして次の会社の面接をする前に十分なリサーチが必要ですから、会社だけではなく自分でも調べておくことです。今は転職系の口コミサイトもかなりの数あります。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!