節約をしないで借金を減らしていく方法!バイタリティーアップで人生を切り開く秘訣

節約しないで食べまくる男性

多額の借金をすると、どうしても日々節約をして無駄使いをしないようにしながら借金返済の原資にしようと考えますよね。人によってはそういう意識改革は必要だと思うのですが、節約ってどうしてもマイナスなイメージで苦痛を味わうことになりませんか?

ただでさえ仕事を毎日通ってがんばっているのに、「節約で食費を削られる」「同僚と飲みに行けない」「趣味にお金を一切使えない」このようなストレスフルな状態を続けていては、あなたにとって最も大事な給料をアップさせたり、ダブルワークをするなどバイタリティに溢れた行動が制限されてしまうのではないかと危惧しています。

今回は節約をしないで借金を減らしていく方法!バイタリティーアップで人生を切り開く秘訣についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

節約してどのくらいお金が浮くのか?

普段贅沢な生活をしていればコストカットできるお金も大きいと思いますが、借金返済に困っているような状況で未だに生活を改善していないという人はあまりいないでしょう。節約でも使いすぎの状態をセーブするのと、一般生活をさらに切り詰める節約の二段階があると考えてください。

借金を抱えていながら飲み歩いていたりパチンコに使ったりFXで投機をしたり、このような行為はやりすぎですからセーブの対象になります。借金持ちがすることではないですよね。ですが一方で、趣味には一定のお金を使いたいですし、お酒も月に1-2度くらいは許してもいいのではないでしょうか。たまに外食に行くのもありだと思います。毎日の仕事のねぎらいや、自分へのご褒美は必要最低限の範囲で必要ではないかと私は思います。

節約してどのくらいお金が浮くのか?これが劇的に変わるくらいの節約であれば実行しましょう。ただメンタルや健康を維持しながらという条件付きです。

人間人生の歯車がふとしたきっかけで狂ってしまうことがありますよね。どんなに順調と思える人生でも分岐点になる事件は、あなたの身にもある日突然起こるのです。以下...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

必要以上の緊縮生活はデメリットが多い

あなたが奥さんで旦那の小遣いを切り詰めても、独身の場合に趣味のお金を一切切り詰めても、より稼ぐというバイタリティが失われてしまってはもぬけの殻状態ですよね。ストレスは誰しも仕事で抱えるものですし、そうした必要以上の緊縮生活をすることで、家族とお金のことで喧嘩が多くなったり、毎日がイライラする日々を送っていませんか?さらには食事も切り詰めたりすると健康を害して風邪を引きやすくなったり、会社でも元気がなくなってはいませんでしょうか?会社の成績に影響すると査定に響きます。

そういうデメリットが多い節約は止めたほうがいいでしょう。自分へのご褒美は時に生活に潤いをもたせますし、自分の生命エネルギーを向上させる行為だと思います。これから多額の借金を返していこうという状態で、モチベーションを高く持つことを忘れないでください。

日本社会の格差は広がっていますよね。従来一番多かった中流層の人たちが軒並み底辺に落ちているといわれています。そのうち貯金が無い人も30%います。一方で年収1000万...
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

節約に依存しない借金返済

節約に依存しない借金返済ということを考えると、債務整理で合法的に借金を減額するしか方法は無いと思います。おまとめローンなどは年収が800万は必要と言われていますし、あなたが高年収とは限りませんのでやはり債務整理に頼るのが一番だと思います。

債務整理は任意整理が主流でしたが、過払い金ブームも終わり減額が少ないということで、今は個人再生が人気となっています。利息がゼロになりますし住宅ローンを除外でき、借金総額五分の一にまで圧縮できます。弁護士報酬は高めですが、それを差し引いてもメリットが有ると断言できます。この個人再生は自分でやることはほぼ無理ですし交渉が不利に働きますので必ず弁護士さんか司法書士さんに無料相談するようにしましょう。1社140万を超えていなければ司法書士の方が報酬が安めで頼みやすいです。

借金減額に成功すれば月々の返済額も減りますし、これから先は利息もゼロで慌てて繰り上げ返済をする必要もありません。完済が3年であってもゆっくり生活を維持しながら返済をすることでいつのまにか借金は完済していることになると思います。

生活をリズム化すると疲労が少ない

債務整理で借金を減額し、日々の生活も贅沢をやめるけれども切り詰めた節約はしない、このスタンスで毎日を過ごしていきます。仕事がつらいとか疲れる場合は、生活のリズムを整えて、それに順応するようにしていきましょう。規則正しい時間に寝て、朝食をしっかり取り、昼は栄養のあるお弁当を持参、夜はお風呂に入り、食事は炭水化物を控えてオカズ多めの食事、そして趣味の時間も取って、毎日充実したサイクルで時間を使っていくことでメンタルも向上し、疲れも心地良い疲れに変わるでしょう。

健康維持にはウェイトなどの高負荷トレーニングやウォーキングがおすすめです。こういう運動はお金がかかりませんし疲れにくい強靭な体を作ることが目的です。自転車もいいでしょうね、ロードバイクやMTBなどで下半身を鍛え有酸素運動で体脂肪も燃焼します。エリートサラリーマンほどジムに通ったり運動をする機会が多いといいます。忙しい高年収のエグゼクティブ達がわざわざ時間を確保してそうした運動に興じるわけですから、それに見合った対価があるということを認めていることになります。運動は外でも家の中でも自由にできますよね。

借金を抱えて返済は続けるけれども途中で枠が空いたらまた借りてしまったりルーズな生活も一向に直らない。肝心の借金はいつ完済するのだろうか?と自分でもヤキモキし...

バイタリティーに溢れてきたら収入をアップさせる

借金の完済日が見え苦しい返済の終わりが確定すると人は生きる気力を取り戻していきます。バイタリティーに溢れてきたら今の仕事よりさらにいい職場に転職したり、ダブルワークで週末起業をしたり、今の生活をさらに良くする行動に出ることができます。今までは借金を完済することが原動力だったものが、これからはもっといい暮らしがしたい貯金がしたいというような願望に変わってくることでしょう。

自分の欲求に素直になって動ける時に果敢にチャレンジすることで、必要なチャンスも必要なタイミングでやってくることになります。借金を返し終わるまではおとなしく今の生活を維持していたほうがいいと思うかもしれませんが、バイタリティーアップで自信があるときこそ勝負するべきでしょう。そういう前向きな姿勢の人には家族も知人も会社も何らかの協力をしてくれると思いますし勇気づけてくれると思います。

自分の限界突破が常に自分の脳力を引き上げると確信できれば、今の生活に満足しないで借金という足枷にも負けることはありません。借金返済をスムーズにするには節約志向ではなくポジティブ思考でいきましょうというお話でした。

「下層階級」というのも嫌な言葉ですが、平均年収186万円というのは月15万程度のいわば非正規のリアルな数字ですよね。この辺りの層が強固な岩盤になっているのだと思い...

借金を完済したいが忙しくて時間も取れないし現状の生活を変えていくキッカケもないという方。借金に悶々としながらズルズル流されて毎日を過ごしているのではないでし...

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!