病気で収入が途絶える人はヤバい!多重債務者の今やっておくべきリスク対策

病気で借金持ちのマスクの女性

病気で会社や仕事を休むと収入がゼロになる人はかなりヤバいと自覚した方がいいですよね。特に借金を抱えている人が病気でクビになり毎月の返済ができなくなってしまう人は多いのではないでしょうか。このパターンの行き着く先は自己破産か生活保護です。

若い人ほど自分は病気にならないとか、長期入院することはないだろうと思っているかも知れませんが、貧乏生活で栄養不足やストレスで内臓脂肪が多く運動不足で成人病の毛がある方など、さらに煙草やビールなどの酒を多く飲む人、このまま30歳を過ぎれば誰でも病気にかかるリスクが増大すると思ってください。

今回は病気で収入が途絶える人はヤバい!多重債務者の今やっておくべきリスク対策についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

病気で収入が途絶える人はヤバい

病気でも風邪をひいた程度であれば会社勤めの場合は大概問題はないですが、休んだ日数分を給料から引かれてしまうようなアルバイトや歩合給の人は収入が少なくなるので危険ですよね。問題はある程度病欠が長引いたりした場合です。持病を抱えている人もいるでしょうし、定期的に入院するような人もいます。この状況で、病欠しても一定割合の給料がもらえるような会社に勤めている方は短~中期的にはセーフと言えます。このほとんどが社員数の多いそれなりの会社の正社員であると思いますが。

ですが大抵は病欠が長引けばクビを宣告されるのではないでしょうか。こうなると次の職場を探すにも病気ですから転職も大変ですよね。ブランクもできるかもしれません。持病がある方は転職の度に正直に申し出るのかはわかりませんが、会社的にも理解のあるところ、社長さんが許してくれるところを探す必要がありますよね。特に休むたびにイライラされるとか、他の人がカバーしなくてはいけないような多くの顧客が自分についている場合です。そういった顧客からの対応を休んでいる間は他の人が代わりにやることになります。私も昔正社員で過労で3日ほど風邪で休んだのですが、休み明けに同僚たちから冷たい視線を浴びたことがありました。嫌味も言われましたしね。

病気でも休めないような環境にいる人これは要注意ですし、病欠で給料がもらえなくなる人もかなりリスクがありますよね。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

自己破産のきっかけは病気

自分で起業してビジネスをしている人も会社にお勤めをしている人も、ビジネスの失敗や会社が傾いて業績が悪くなってしまうと、精神的なストレスや肉体的な負荷で体を壊す人は多いですよね。ビジネスの失敗と病気はかなり繋がっている部分があり、儲かっているときは健康診断など受けないですしイケイケで遊びまくるのですが、そういったツケもやってくることになります。

儲かっている(会社の給料もいい)と同時に借金も多いという人も多く、つまり生活に自信があるからこそキャッシュを集めて仕事でレバレッジをかけたり、自分へのご褒美にお金を使ったりするのです。儲かっている時はキャッシュフローはガバガバで、細かいことは気にしていないと思いますが、いざ病気などで収入が途絶えた時に驚くほどの支払いを残し愕然とするでしょう。さらに業績も悪くなり倒産や、勤めている会社が解散することになれば病気を抱えたまま(借金を抱えたまま)路頭に迷うことになるのです。

こうした災難は同時にやってくることになります。それは調子がいい時にリスク管理をしていないからです。収入があり健康な時に最悪のことを想定して準備をするというのは、なかなか難しいことではありますが、仕事が何十年も引退まで順調にいくことは稀であると認識しておいたほうがいいでしょう。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

病気や収入ダウンに備える

借金を整理する前に会社に入る時には持病がある人は会社側に正直に話しておくこと。特に定期検査や入院の可能性の有無まで。入社時はそういうマイナスイメージの事柄は言わないでおこうと普通は考えがちですが、仕事を任されて事情も分からず予告なしにちょこちょこ休まれたのでは、評価はかなり下がってしまいますし下手をするとクビになります。であればそういう病気などにも理解がある会社に入ることを目指しましょう。特に業務が病気で支障になるようなことがなければ問題はありません。大きい会社では大概「障害者枠」というものがあります。障害者を入れることで国から補助が出たり、従業員が多いと組合の問題でも一定の障害者を雇うように義務つけられている場合もあります。

持病がない人は日々の健康管理に留意することですね。生活習慣病でも糖尿病などになるとかなり仕事に支障が出ることになります。そして病気になって仕事を空けてしまった場合に備えて対策を練っておきましょう。たとえば同僚にそういう時にはお互いにサポートしようと協力しあったり、仕事のスキームでも自分がいなくてもビジネスに支障が起きないように段取りや仕組みを作り上げておくのです。たとえば正社員であれば外部スタッフやバイトも、部下もいるでしょうから非常事態の取り組み方を簡単にマニュアル化しておけばいいでしょう。

今は借金の返済も順調に生活もうまく回っているのかもしれません。ですが多額の借金(少なくとも数百万)を抱えている人は、この借金を元気なうちに収入が安定している今こそ整理することを心に決めて、アクションを起こしていきたいところです。先手先手で動いて行くのです。

債務整理で借金を軽くしておく

債務整理の必要がないと思っていても、それは順調な時に支払いができているという前提です。仮に病気で休めば休職手当も出ないような会社ですと必然的に借金は滞納することになってしまいます。いきなり急病で長期入院というケースもありますが、普通は病気になるシグナルや予兆があり病院に行くという流れの中で、「まさか」という時に備える時間はあるでしょうから、そういう時は入院する前に債務整理をしておくことをおすすめします。

独身の人は病気で収入がなければ家賃滞納で家を追い出されるかもしれませんし、さらに家族がいる人でも収入が途絶えると一家離散になってしまいますよね。どういう状況になろうとも、その前に借金を整理しておくことです。休職手当が出ないような労働環境で借金を返済している状況は、債務整理をする理由として考えるに値します。

債務整理も選択肢があります。どれも利息はゼロになりますが、①任意整理②個人再生③自己破産、この三択になるでしょう。借金の減額幅は小さいが手軽に家族や会社に内緒で整理できる任意整理、借金が1/5になり住宅ローンの除外もできる個人再生、すべて借金がチャラになるが資産は没収される自己破産。弁護士や司法書士にまず自分の借金の状況や収入や資産などを伝えれば、どの債務整理法が適しているのかアドバイスしてもらえます。相談は無料ですし、当サイトでも専門家はご紹介していますので事務所の申込フォームから連絡してみましょう。

まず債務整理で借金を減額し、どのような災難が訪れようとも対処できるようにしておくのがベストの選択になるでしょう。

収入の担保、そして貯金

さらに会社をクビになってもいいように第二第三の仕事や収入のパイプラインを作っておくことです。株やFXのスワップや配当、ネット販売やクラウドワークスなどの副業、転職できるように資格をとっておいたり、海外移住や地方移転などの方策、これらの副収入と合わせて預貯金ですよね。貯金があればいざという時には安心です。

ですが貯金がいくらあっても(億以上あれば別ですが)生活費はかかります。家族がいれば数千万でも数年であっという間かもしれません。やはり何らかの継続的収入や印税のような不労所得はあった方が安心ということになります。年金に期待している人も、10年先はどうなっているかわかりません。受給年齢が75歳以上になればそれまで生きているかも分らないからです。特に60歳の定年あたりから仕事を続けるにも難しくなっていきます。ですから一生の仕事を手に入れる必要があるかもしれません。

あなたがまだ20-30代であれば老後まで心配する必要はないですが、準備は早いに越したことはありません。病気で自己破産してしまった方は多いので、リスク対策は普段から考えておきましょう。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!