借りた期間が短いと自己破産は難しい?借金の使途によっては弁護士は嫌がる場合がある?

クレジットカード

借りた期間が短いと自己破産は難しい?というテーマについて語ります。直近で現金が欲しいがためにクレカの換金行為をする人がかなりいますが、自己破産において危険な行為になります。また借入期間についても短すぎると怪しまれることになりますので注意しましょう。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

借りてすぐの自己破産

借りてすぐの自己破産ですと最初から自己破産する目的で借りたということで、詐欺だと思われるケースがありますので弁護士は嫌がる場合があるそうです。期間は3ヶ月位内ですと「短期で怪しい」が目安でしょうか。換金目的で例えばクレカを利用し、さらにお金を借りて枠がMAXになって自己破産!となると詐欺と思われてもおかしくはありません。このクレカの換金利用は自己破産の免責の判断にも大きく影響すると言われていますし、弁護士さんも受任しない可能性もあります。グレーですが犯罪行為ですからね。怪しいと資産をチェックする管財事件になりますからお金も余分にかかることになります。

ただ借りたお金に正当性があるのであれば期間の問題は関係なく自己破産すべきで、詐欺で逮捕されるわけではないですからキチンと相談できる弁護士を探しましょう。免責(借金の支払い免除)が下りるかどうかが一番の問題でその資金の使途も重要になりますから微妙な方はやはり弁護士に相談した方が有利になります。家計簿などをつけると説明しやすいのかもしれませんね。東京の裁判所などは自己破産で反省文を書かされるそうですが、やはりこの辺の書き方なども弁護士に指導を受けて保証人のような形になるワケですから免責には有利になると思います。免責かどうかは場所にもよりますし裁判官でも見立てが違いますので一概に基準というものが存在しません。ギャンブルで免責が下りないのは今は少ないとは思いますが、実際に免責が下りなかった人はいますのでね。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

管財事件は高額になる

申立費用は小額管財事件になる前提で65万ほどかかりますので値段張りますがまず引き受けるから、2年分の通帳だの銀行 証券口座だの 入出金の使い道などすぐに提出し家計簿が収入の範囲内で納まるものが2ヶ月続きかつ予納金相当分の払い込み終わってれば申立開始されます。相談日から約半年で終わります。

自己破産の対応を積極的にしている弁護士に相談するのがやはりベストです。
免責が下りる可能性なども事前に相談してみましょう、自分がどういう状況で自己破産をするのか生活状況などを伝えて可能性を聞いてみることをオススメします。

自己破産の対応を積極的にしている弁護士さんを紹介しています。
相談は無料でメールでも電話でも行っています。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!