借金を0にする方法は2つしかない!

借金をゼロにしたい女子

なかなか減らない借金に苦しめられている人は多いと思います。この借金を0にする方法があれば楽ですが、借金を簡単に0にする方法が流通していたのでは債権者が泣き寝入りすることになりますし、世の中そんなに甘くはありませんよね。

例えば借金を減額したり新たに借りて借金を補填するなどの方法もありますが、借金を0にする方法は2つしかありません。今回は元多重債務者で自己破産経験者の私が借金を0にする方法は2つしかない!についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

消滅時効を待つ

借金にも時効というものがあります。金融機関からの借金は5年、個人からの借金は10年で債権は消滅することになります。ただし時効というのは中断することができます。債権者が「請求を行う」「差し押さえ、仮処分を行う」「債務の承認をさせる」のいずれかをすることで時効を中断させることができるのです。

請求を行うというのは支払督促、訴訟など法的な手続き(裁判所経由)のみが有効とされます。そして時効のカウントがリセットされます。裁判外の請求は内容証明郵便での請求などは中断の効力は6ヶ月のみとなります。

債務の承認をさせるというのは1円でも返済をした時点で時効はリセットされます。また債務承諾書(支払約束書)、一部弁済、支払猶予の申入れなど、例えば消費者金融との話し合いで支払額を少なくするとか返済方法のリスケなどに合意した場合などが該当しますので注意しましょう。さらに時効を成立させるには時効援用という手続きが必要です。内容証明郵便で発送します。

時効で逃げ切るには夜逃げが必要になる場合が多いのですが、住民票なども移せないですし家族がいる方は子供の学校などの手続きも気になるところですし、なにかと不自由な暮らしを強いられることになります。さらに時効援用でブラックリストになりますのでローンを組むこともできませんし、カードも作れなくなります。時効でブラックになった人がどのくらいの期間で喪が明けるのかもハッキリしませんよね。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

自己破産をする

もう1つの方法は自己破産ということになります。私も自己破産をした経験があるのですが、この自己破産は資産がない人であれば何のデメリットもない債務整理といえると思います。免責を受ければ確実に借金は0になります。職業的に保険外交員やその他の金融機関、警備員くらいでしょうか、自己破産経験があることで会社に勤めることができなくなる人が一定数います。ただこれは必ず職を追われるというものではなく会社の方針などにもよるようです。資格制限もありますが基本的に免責を受けるまでです。

「自己破産者が保険外交員になれる?会社にバレる?」の相談事例
資産が無い人ほど早めに自己破産をしておいた方がいいワケ

官報に名前が載るというのもデメリットとしてはあるようですが、基本的に官報を見る人はほとんどいないのが実情ですので心配はいりません。

手続きとしての問題点として「同時廃止事件」「管財事件」に分類されるのですが、自営業や会社経営など取引先が多いような方ですと破産管財人をつける必要が出てきます。これは別途20万円ほどかかります。これは基本的に裁判官が判断するのですが、一部債務整理を受任する弁護士事務所でも破産管財人をつける方針のある所もありますので注意が必要です(付けた方が儲かるからです)

私のように資産も現金もないような人間は、自己破産手続きは同時廃止事件であれば自分で手続きすることが可能です。数万円でできます。ただ自己破産で一番大切な”免責”を確実に受けるためには弁護士は必要だと思います。免責を受けやすい手続きの仕方を知っているからです。特に東京や大阪など都市圏での自己破産は厳しい傾向にあります。そこでごく稀ですが、ギャンブルなどの借金の場合に一部免責不許可を出すケースもあるようです。これは裁判所、裁判官、担当弁護士事務所、これらが誰になるのかに大きく影響されそうです。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

借金を大幅に減額する個人再生

自己破産をしたいが会社をクビになったり住宅ローンを抱えているなどの理由でできないという方は非常に多いと思いますが、債務整理でも個人再生という便利な制度があります。これは借金を五分の一に圧縮して尚且つ住宅ローンは除外できるのです。これならば住宅ローンのある方でも借金をかなり減額することができるのではないでしょうか。個人再生は利息もゼロになりますので、弁護士や司法書士の報酬が高くてもかなり減額幅は大きいといえます。

借金を0にすることはできませんが、大幅に借金を減額すれば毎月の支払いに悩まされることもなくなるでしょうし、会社でクビになる心配もなくなります。個人再生は借入額が大きく住宅ローンを抱え、一方で比較的収入も安定しているような会社員に人気のある債務整理です。当サイトでも個人再生を手続きしてもらえる司法書士や弁護士さんをご紹介しています。司法書士さんの方が報酬が安いのでお勧めです。ただ1社あたり140万を超える方は法的問題もあるので確実に弁護士にしましょう。

借金を0にする方法は自己破産を選択し、その中でも同時廃止事件で免責を受けることがベストであると思います。住宅ローンの問題や会社に自己破産を知られたくない人は個人再生で借金減額にチャレンジしてみましょう。消滅時効を待つという選択はデメリットが大きすぎますのでお勧めできないです。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!