リバースモーゲージには気を付けろ!借金相続、担保価値下落のリスク

リバースモーゲージ営業中

最近人気のリバースモーゲージをご存じでしょうか?高齢者が自宅などの不動産さんを担保に極度額を設定し借入れを行い、自分が死亡した時に自宅を売却することで返済を行うシステムです。死んだときに返済すればいいので自宅を持っていてもお金に困っている人などは利用しやすいですよね。

今回はリバースモーゲージには気を付けろ!借金相続、担保価値下落のリスクについてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

キャッシュがない人には便利な制度

自宅を売ることはできないけれども、豊かな老後を暮らしたいという方。生きている間に子供夫婦に迷惑をかけたくないと思っていれば、家を担保に自由にお金を借りられて返済は死んでからというのは確かに便利な制度ですよね。今は生前整理や生前贈与も人気ですが、まずは自分たちが幸せに残り余生を暮らしたいという欲求は当然かもしれません。

亡くなってから東京に住んでいる子供夫婦が管理のできないような地方物件を相続したとしても困りますしね。実際先祖の家だから売るのに躊躇したり、その前に築年数が古ければ売れない場合も多いのです。ですから子供としては現金を相続してもらった方がお得と考えているでしょう。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

リバースモーゲージの条件

リバースモーゲージでは担保価値の50-70%程度の限度額を設定して、毎月限度額の範囲で毎月の利用額を設定し借入を繰り返すことができます。金利については変動金利で3%ほどになるそうです。返済については期限内に一括返済するか借入人の死亡時に一括返済します。さらに相続人の同意が必要。

担保価値は変動します。50-70%程度の限度額はかなり厳し目ですが、担保価値の下落の条項(特例)などは良くチェックするようにしましょう。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

担保価値の下落や自宅が売れなかった場合のリスク

リバースモーゲージの大きなリスクとしては、1つ目は自宅の担保価値が大きく下がった場合です。金融機関は定期的に担保価値を見直します。もし担保価値が下がった場合は借入限度額が下がったり、場合によっては追加担保や借り入れ期間内でも返済を求められる場合があります。ですからリバースモーゲージを利用して豊かな老後生活を送っていたとしてもそれが続く保証がないのです。地方の地価などもドンドン下がっていますし少子化で益々東京への人口流出が続いていますので、これはかなりのリスクがありますよね。

2つ目のリスクは担保として設定していた自宅が借入人死亡の時に売れなかった場合です。自宅が必ず売れるとは限りませんし、売却金額が地価下落などにより借入金額に満たない場合も想定されます。そうなると返済そのものが相続人に及ぶことになります。

相続する子供にもキチンと説明する

相続でまさか借金を背負わされるなどということは想定していないかもしれませんから、子供にもリバースモーゲージを理解し納得してもらうことが必要でしょう。リバースモーゲージを利用してもいいのですが、この先の土地の下落などでどのくらいの資産価値が下がるのかリスクを想定して、借入金額の○%以上は借入ないようにするなど対策が必要です。大地震で家が崩れても土地は残りますし資産価値がゼロになることはないのですから、予め地価が下がることを想定しておけばいくらか安心です。

今は地方の物件は古いと売れませんので、必ず売れるという目論見も捨てたほうがいいでしょうね。交通のアクセスがいいとか立地も大きく影響しそうです。立地が良ければ上物が古くても立て直しの需要があるからです。

リバースモーゲージはお金がないお年寄りには便利な制度ですが、子供さんとよく相談して決めてください。大きな借金がある場合は100万程度でも自己破産をおすすめします。高齢者は100万程度でも免責が認められやすいです。後世に借金は残さないようにしましょう。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!