ゲーム課金を続けながら毎月の借金の支払いを減額したい!

昨今スマホゲームやオンラインゲームがたくさんリリースされていますよね。日本だけではなく最近は中国や韓国産も目立ちます。人気FPSゲームといえばPUBGですがこれは韓国産、戦艦帝国というスマホゲームで私は遊んでいますがこれは中国産。PS4などの家庭用ゲームもオンラインでネットワークにつなげて遊ぶものが主流です。

これらは基本的に無料でプレイできるものですが、アイテムやガチャなどで課金を促すビジネスモデルであり、ゲーム会社はプレイヤーの射幸心をいかに煽るかがテーマになっています。当然熱中し始めると課金したくなるはずですし、長く遊んでいますから既に課金した分を捨てることもしたくありませんよね。

こういうゲームはお金や時間に余裕のある人がやるには問題ないのですが、忙しくて時間もなく給料が安い、またはバイトや派遣、さらにニートや無職なども多いのが実情です。どういう立場であってもゲームを続けたい欲求は続いていきますし、ゲームは無数にありますから欲望は尽きません。ゲーム内では重課金を装った運営のサクラも多いのですが、こういうゲーム課金で優位に立とうとするとお金がない人はキャッシングに走ったり、またローンや家賃などの支払いに充てる予定のお金もゲームにつぎ込んでしまう人もいるようです。

今回はゲーム課金を続けながら今の毎月の借金の支払いを減額したい!についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

ゲームは辞めずに、借金も返していく

既にキャッシングのリボ払いなどの高利貸しの借金漬けになってしまうと、毎月の支払額がパンパンに膨れ上がることになります。収入は一定ですしむしろ給料が減額される場合だってあるのです。その中からの借金の返済となると臨界点というものがありますよね。その人が生活して残り毎月支払える限界額を超えてしまうと債務整理も頭をよぎるのではないでしょうか。

一方でゲームをやめる(休止)という選択もあります。
課金ゲームで自己破産ができるのか?射幸心を煽るガチャゲームから逃げる方法

借金が重くなると本来はゲームどころではないのですが、ゲームを辞めてしまうと落ち込んでしまう人もいるくらいで、それならばゲームを続けながら借金を減額する方法がないか模索するのが得策でしょう。ゲームの課金が悪いのではなく、ゲームはあくまで趣味の一環であり熱くなって見境なくお金を課金してしまう行為が問題なだけです。借金もゲーム課金も計画的に無理がないようにしていけば問題はありません。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

借金は債務整理で減額する

借金の減額方法は債務整理をしていくしかないですよね。現在督促の電話などが来ている人は弁護士に任せるだけでもかなり気持ちが楽になるのではないでしょうか。当サイトでは評判のいい弁護士や司法書士さんをご紹介していますので、無料の電話相談をしてみるといいでしょう。

債務整理に関しては、ご自分の収入や借金の金額や性質によっても選択肢は変わります。その辺は専門家の判断に任せましょう。中には家族に知られずに債務整理したい、会社で問題になるので自己破産は避けたい、両親と同居している、住宅ローンがあるので除外したい、これらの事情や希望もあるかと思います。様々な状況を鑑みて極秘に債務整理もできますし住宅ローンなども個人再生で除外も可能です。オプションは豊富ですので諦めずに相談してみましょう。

弁護士報酬はかかりますが任せてしまえば楽ちんですから債務整理は早めにやった方がいいと思います。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

月々の返済額を調整する

債務整理で業者と和解できれば利息が完全にゼロになりますので、借金は前倒しで支払う必要もなくなります。任意整理と個人再生は大体金額と収入により3-5年で返済計画を作りますが、無理のない月々の返済金額に落ち着くことでしょう。そうなれば一定額はゲーム課金は続けていけると思います。

ゲームでまた無駄使いをしないように月々に使える金額を決めておきましょう。債務整理を委任すると信用状態はブラックになりカードは一切使えなくなります。債務整理から6-7年くらいを目途に信用は回復しまたカードを作れるようになりますしローンも組めるようになります。家や車が欲しい人はかなりネックにはなると思いますが、当面は現金主義で借金体質から脱皮して筋肉質な生活にしていくべきです。

スマホなどはゲーム課金に限らずに通話量やWIFIプランなどでも高額になるケースがあります。一旦スマホは解約してipodtouchや白iphoneにするなどゲームだけできればいいと考えている人にはお勧めです。若い人に多いのですが通信料にかけるお金がかかりすぎますよね。債務整理でこれら生活コストも見直していきましょう。家賃が高ければ安いところに引っ越すのも手ですよね。債務整理の当初は和解までは業者への支払いはありませんから少し余裕ができると思います。弁護士への積立金は必要になると思いますけれども貯金をしておいた方がいいですよね。

ゲームの楽しみ方を考える

ゲーム課金で年間数百万課金してしまう人も実際ゴロゴロいますけれども本人はそれほど使っていない感覚ですよね。積み重なってそういう金額にいつのまにかなっているのです。ゲーム内で他のプレイヤーより優位に立つように強くするために課金をしたり、コレクション要素のある課金であったり、課金を使う場面は色々ありますが楽しみ方は人それぞれで今は無課金や微課金でも楽しませるゲームでないと長寿にならない傾向がありますので、課金額にとらわれないでも遊べる方法を模索したり、そういうゲームを探すのもいいかもしれませんよね。

課金型のゲームも上限を開放し続けるにも限界がありますので、やがてはサービスが終了してしまうことも多いと思います。そうなればそのゲームからは強制的に離れることができるのかもしれませんよね。その時に課金額にしては長く遊ばせてもらったなと感謝できれば最高ですよね。私も元ゲーム制作をしていた業界人ですが、やはり「ぼったくられた」と言われると悲しいものがありますからね、いくらビジネスとはいえ。

借金の不安を取り除いてゲームを楽しんでいくには債務整理を早めにしていくことですよね。借金の完済が見えれば人は希望が見えてきます。キャッシングでリボ払いを続けていても終わりが見えませんからね。本当に利息は無為でしかありません。

借金を減額してゲームも続ける、でしたら仕事もより一層がんばって奮起してゲーム課金を余裕を持ってできるようになりましょう。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!