ニートから会社員まで一番得をする債務整理の選び方!

債務整理したい会社員

収入が高い人も無職の人も多額の借金を抱えてしまったら手詰まりになるのは一緒です。しかし債務整理をするにも支払いがどの程度可能か資産の有無などでも選択肢は変わるといっていいでしょう。また会社にお勤めしている場合でも不都合がある業種などもありますし、今は無職でも親と同居している場合なども状況が変わりますよね。今一番ベストな債務整理は何なのか?様々なケースでその対応策をまとめたいと思います。

債務整理も複数の選択肢があります、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還、など。状況に応じてなるべく有利な選択を取りたいですよね。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

会社員の場合で資産が無い人

独身の会社員とりわけ住宅ローンや持ち家が無いという人は多重債務に陥った時にどの債務整理を選択すればいいでしょうか?会社にお勤めであれば金融機関、保険、警備などの業種でなければ、自己破産を選択することも可能です。自己破産で免責になれば借金は全て精算できますし、財産も無いとすれば取られるものは現金のみ。現金は99万まで持てますし給料が差し押さえられる心配もありません。また自己破産をしたからと言って会社をクビになることもまず無いでしょう。

但し自己破産を選択する場合は金額が大きい場合に限定したいですよね。借金が150万以内ですとかそのくらいですと自己破産は躊躇してしまいます。金額が大きければ自己破産のメリットも大きいといえますよね。ちなみに自己破産は7年ほど期間が空けば何回でも免責は受けることが可能です。自己破産で勿体無いと言っている状況でないような方、例えば無職+病気で収入が無いと言う人や、毎月の支払いが給料以上になっている方など返済の見込みがない人は自己破産しか取るべき選択がなくなるのが現状です。弁護士でも自己破産を勧められるでしょう。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

自己破産は避けたいという人

毎月の支払額を減額できれば何とか支払うことができるという方、自己破産は避けたいと言う方は、任意整理か個人再生を選択することができます。今は個人再生の方が人気です。それは借金が1/5になりますのでかなり減額できるからです。裁判所を通すので手続きは厄介なので弁護士必須で報酬も高めです。業者との和解交渉だけで例えば家族や同居人に内緒で借金を完済したい人は任意整理を選ぶといいでしょう。どちらも利息はゼロになりますので債務整理をして損をするというようなことは滅多にありません。弁護士が窓口になってくれますし借金の督促や電話が無くなるだけでも精神的には助かりますよね。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

持ち家や住宅ローンがある人

持ち家がある人は自己破産は避けたいですよね。また住宅ローンがある人も同じです自己破産以外の選択肢を取りたい所です。このような人が選びたいのは、個人再生ということになります。住宅ローン特例で除外することにより住宅を守ることができます。持ち家がある場合でも個人再生で住宅は取られません。個人再生は借金が1/5で最大でも100万まで借金が圧縮されますので、借金の金額が大きい人はベストな方法となります

任意整理は住宅ローンや車のローンを除外することはできませんので注意が必要です。この辺の戦略は個別ケースを弁護士さんと相談した方がいいですね。

公務員や上場企業など大手にお勤めの人

公務員や上場企業など大手にお勤めの人は個人再生がベストだと思います。こういう方は収入が高いので恐らく借金の残高も大きいでしょう。そうなると利息がかなり大きいので、結果的に毎月の支払いが困難になっているだけで減額ができれば支払いは正常化することができると思います。こういう方は自己破産をしないで個人再生で1/5に減額し住宅ローンを除外、そして利息免除で3-5年の再計画を立てて返済を続けるのがベストですね。

借金の金額が大きく一方で収入はソコソコあるという方は、債務整理の弁護士さんには喜ばれる優良顧客です。途中で返済を放棄したり逃げたりする可能性が最も低い人達だからです。ですから債務整理の相談はすぐにした方がいいでしょうね。借入金が大きいと貸金業者と裁判になる可能性は高いです。業者もゴネますからどうしても裁判に入ってから和解になります、一種の時間稼ぎをしてくるのです。ですから早めに債務整理をした方がいいということです。

無職・ニートの人

無職の人は今転職活動中で失業保険をもらっている人もいれば、完全にニートで親元で暮らしている無職もいますよね。無職の場合は毎月の支払いができないわけですから自己破産がベースになってくると思います。その時にネックになるのが同居人の存在ですよね。同居人がいる場合の自己破産は生活費を共有しているのと、財産を隠匿する可能性もあり、同居人の収入などもオープンにする必要があります。特に親がこれに該当する場合など、具体的には通帳を提出させる場合もあり抵抗のある人が多いですよね。

個人再生の場合はアルバイトや仕送り、また同居人の収入なども考慮されるため認可が下りやすいですが、やはりアルバイトであれ定収入は必要になりますので、支払いをするという前提の任意整理や個人再生をする場合は職を確保してからということになります。また任意整理は家族や同居人にも内緒で債務整理できるという点ではメリットがあります。

自営業・フリーランスの人

自営業・フリーランスの人の場合は、事業が傾けば収入も限りなくゼロになっていくでしょうし債務整理は自己破産をまず選択したいところです。特に不動産などの資産がなければ一旦自己破産をして借金を精算してから出直したほうが再起も早いと考えます。いつまでもダラダラと借金を持ちながら返済を続けてくと、いつまでも完済できませんし結果的に自己破産になるのでしたら早い決断をした方がいいですよね。

私もフリーランスで自己破産をしましたが、免責後は確かに借金からは開放されました。問題があるのは当面7年ほどは借金もできませんしローンも組めないということですね。自営やフリーランスはどうしても銀行などから資金調達できないので、カードローンなどは急場を凌ぐ最良の手段なのですが。とにかく自己破産後はカード無しで現金ビジネスをしていくということになります。

債務整理の選択は弁護士や司法書士に相談し、適切で安全な方法で行っていただきたいと思います。自分が安全だと思っていても弁護士さんの方で危険と判断すれば別の選択肢になることもありえます。債務整理を成功させるためには経験豊富な専門家に頼んで下さい。下記に評判の良い専門家をご紹介しています。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!