「アディーレは手段の悪質性が際立つ」懲戒委員会議決書!債務整理の現状と専門家の選び方

アディーレ事件

産経新聞が入手した同会懲戒委員会の議決書の内容が一部報道されています。今回は「アディーレ手段の悪質性が際立つ」懲戒委員会の議決書からみる債務整理の現状についてまとめたいと思います。

問題とされたのは平成22年10月以降、インターネットに掲載された広告。約1カ月ごとの期間限定で過払い金返還請求の着手金を無料または割引にするなどとするキャンペーンを繰り返し、実際には約4年10カ月にわたり広告を掲載していたとして同会が今月11日付で法人を業務停止2カ月、元代表の石丸幸人弁護士を同3カ月の処分とした。

議決書によると、法人が「故意・過失はなかった」と主張したのに対して懲戒委は、過去に別の広告で同会の調査を受けており、「広告が景表法などに違反するか注意を払っていたというべきだ」として「少なくとも重大な過失が認められる」と指摘。また、広告掲載はすべて「石丸氏の指示・承認を受けて実施されたものだった」とした。

懲戒委は、アディーレの報酬総額が21年10月から27年7月までで約268億5400万円に上り、「取扱件数も桁外れで社会的影響は極めて大きい」と判断。広告が複数回更新され、サービス内容の変更も3回にわたることなどから、こうした広告を利用した集客行為には悪質性があるとした。

また、アディーレのように同時期に多数の過払い金返還請求や債務整理を処理する業態は「ベルトコンベヤー的な機械的作業で数をこなし利益を獲得することに重点がおかれる」と指摘。「営利目的での事件の掘り起こしを無秩序なまま放置すると、違法な広告が氾濫することにならざるをえない」とした。

その上で、アディーレが依頼者への返金に応じたこと、28年4月施行の改正景表法が定める課徴金相当額の約6億6500万円を公益財団法人に寄付したことなども考慮した上で、処分を決定したとしている。

処分を受け、弁護士会などには依頼者からの問い合わせが殺到。アディーレは今月11日、「景表法違反の事実をもって、事務所の存亡にかかわる業務停止処分を受けることは行為と処分の均衡を欠く」とコメントしていた。

景表法違反というよりも1人勝ちアディーレのビジネスモデルに対する歯止めをかけるのと、東京弁護士会の会長に立候補したと噂も流れていた石丸潰しが目的なのかなという感じはしますよね。

債務整理に関しては料金についても当初はガイドラインを設けていたはずですが、アディーレの広告戦略は想像の域をはるかに超えていたのだと推測されます。また全国に多くの弁護士がいるわけで6割が個人弁護士ですから、そういう人たちの仕事を守るという面もあったのではないでしょうか。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

債務整理ビジネスの是非

ベルトコンベヤー的な機械的作業で数をこなし利益を獲得する」そもそも債務整理の過払い金返還や任意整理などは業者との和解交渉がうまくいけば即解決する事件ですので事務員に任せて流れ作業になるのは仕方のないことです。こういう流れで市場が流動化したからこそ、現在の弁護士報酬も割と安めに落ち着いているのではないでしょうか。着手金無料の流れもお金のない債務者が申し込めるように配慮した結果だと思います。ただ中には微妙に報酬を曖昧に設定している所もありますけどもね。

ではこういったビジネス手法と一線を画した地方の弁護士さんたちは債務整理をどう扱っているのでしょうか?債務整理で扱う経費の扱いや報酬額なども個々バラバラですしトラブルも多いですよね。債務整理でも裁判が伴うケースも多わけですから、適正に扱わないと和解までにかなり長い期間かかってしまうなどデメリットも多いです。これは債務整理に限ったことではないですが、案件に慣れた事務所にお願いした方が依頼者としても楽なのです。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

事務所の適性は個別にチェックする

やはりウェブサイトなどでも報酬をオープンにしていなかったり、報酬計算がややこしくして分かりにくい所などは搾取する気マンマンですから避けた方がいいでしょうね。誰しも債務整理や法律関係には詳しくないので専門家にある程度まかせっきりになるのは仕方のないことですが、今は病院もセカンドオピニオンの時代ですし、大事な自分の人生もかかっている案件ですから何社か無料相談をしてチェックしてみるのもいいでしょう。

相性のいい事務所と契約するのがベストだと思いますが、こちらの希望を全く受け入れてくれなかったり、この辺は流れ作業的ではあるので効率的なやりかたで進めるのはスケジュール的には仕方のないことですが、これを事務所側の勝手と受け止めずに依頼者側が安くスムーズに解決できるように配慮した結果だということも、ラインを引いて判断する必要があるでしょう。

事務所選びの際はこの辺も参考にしてみてください。
弁護士報酬に気を付けろ!報酬をオープンにしているかチェック!
怪しい事務所チェックリスト『債務整理を成功させるコツ』

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

アディーレなど大手はやめておこう

今回の大手の弁護士事務所などは案件を選別していきますから、お金にならない案件などは門前払いか受けてもサービスは悪いと思っていいでしょう。非常にシビアに債務整理ビジネスをしているということです。トラブルも多いですし弁護士事務所ですからクレームもいいにくいですよね。アディーレのような大きな所は他に数社しかありませんが、頻繁にTVCMをしているような所は避けた方がいいでしょうね。たくさんの案件を抱えているので業者に対する交渉が強いというメリットはありそうですが。

当サイトでも弁護士さんや司法書士さんをご紹介していますが、小さくとも小回りがききますし交渉にも強い、報酬も安めでやってもらえるところはありますし、相談実績も数千件クラスは普通にあります。ネットの悪評がないような所を選別していくのがリスクはないと思います。

債務整理について知識をつけておく

多額の借金を抱えてさらに弁護士事務所のトラブルに巻き込まれないように多少なりとも債務整理の知識を身につけておきましょう。こちらでは債務整理の口コミも多く掲載していますので失敗したケースなども調べておくといいです。

債務整理を成功させるコツ『借金の全国24時間無料メール・電話相談』

今回のアディーレ事件では話題になっていませんが、アディーレは和解成立後のサポートでも結構な料金を請求する場合があるそうです。返済は数年に及びますから月数万でも結構な金額になります。サポートを断ると今度は一切サポートをしないということになるらしいです。

スマホ契約の複雑なプランやオプション契約のようにプラスしていくとトータルでかなりの料金になってしまうような報酬体系は気を付けてください。知識がないと本当にむしりとられてしまう世の中です。弁護士の行動や仕事などは一般人ではわかりませんから、実務の料金を細かく設定されても精査できませんよね。ですから報酬体系は分かりやすい事務所に依頼するべきです。アディーレに対してはこうした細かいトラブルも多数報告されているのだと思いますよね。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!