借金減額はどの債務整理がお得なのか?おまとめローンも比較してみる

債務整理を調べる女性

借金問題を解決したいと思ってる方は、借金をとりあえず減額したいのか、完済したいのか、急場を凌ぐためにまとめたいのか、状況に応じた戦略を取る必要がありますよね。毎月の支払額が圧迫している場合は早急に手を打ちたいですから即効性のあるやり方も救命には必要です。ただ債務整理や自己破産にしても、職場や家族など置かれる状況によっても選択肢が限られる場合があります。

一番は弁護士に早めに相談して意見を聞いてみるのが一番ですが、自分の中で優先順位を付けて順番に検討してみましょう。今回は「借金減額はどの債務整理がお得なのか?おまとめローンも比較してみる」についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

借金減額についての比較

減額をするにあたってどういう方法が一番減額できるかざっくりと並べてみます。

①自己破産 → 借金全額が免責【+場合により弁護士】
②個人再生 → 借金1/5(総額100万まで)に減額、利息ゼロ分【+要弁護士】
③任意整理 → 過払い金で減額、利息ゼロ分【+要弁護士】
④おまとめローン → 利息が少なくなった分だけ減額

自己破産以外は借金が大きくなると利息分カットの分も大きくなりますし、弁護士費用も差がありますので一様に金額は出せませんが、自己破産をしないのであれば個人再生が最も減額幅が大きくなるといえるでしょう。勿論、借金返済に関しては債務整理で弁護士に頼むと減額以上のメリットもあるわけです。窓口が弁護士に一本化されますから督促が来ませんし、家族に内緒で借金を返済することも場合によっては可能です。給料の差し押さえもいざという時は安心ですよね。

では個別にどのようなメリット・デメリットがあるのか説明していきましょう。

多重債務者にとって”借金減額”は理想ですよね。毎月の支払金額を減額することで負担も軽くなり、トータルの利息も少なくなりますから、これで今まで通りの収入が安定す...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

自己破産は資産や収入がない人の最後の砦

弁護士に債務整理を相談した際に収入と借金の金額が見合っていない、3-5年の返済でも難しいと判断されれば本人が希望していなくても自己破産を勧められる可能性もあります

借金をゼロにしたい人、今現在の支払い金額が減額してもどうしようもない人は自己破産をすべきですよね。例えば無収入や失業ですとか。そこは自己破産を躊躇している時間は勿体無いです。免責が下りるまで4-5ヶ月ですが弁護士に依頼したり、自己破産手続きが開始されると借金の取り立てはできませんからとりあえずは督促からは逃げられます。

私も自己破産をしましたが財産がない人は全くリスクはないです。大概は税金も滞納していると思われますが、税金は免責はできないとも言われていますよね。ですが自己破産で執行停止に私はなっていますし強い取り立ては無くなると思います。それでも私は地方ですが土地部の自治体は厳し目ですかね。

今は銀行ローンなどで総量規制に縛られずに収入以上の借金を抱えるそこそこ給料のいい中級者層もいますが、リボ払いなどで利息だけ支払い延々と自転車操業でギリギリの...
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

個人再生が最も減額率が高い方法

定収入があるのであれば個人再生が最も減額率が高いです。借金1/5(総額100万まで)に減額、利息ゼロ分です。借金が多額の人例えば500万であれば100万まで減額できます。さらに利息はゼロです。費用が安い司法書士でこれにプラス40万と仮定しても500万の借金が140万円になる計算になります。

個人再生のメリットは住宅ローン特例があることです。住宅ローンを債務整理の対象から完全に除外できますので住宅はそのまま維持できます。ですから会社員にお勤めで、そこそこ給料もいいが借金も多い、さらに住宅ローンを組んでいる方などは個人再生は最適だといえるでしょう。おまとめローンなどより個人再生をおすすめします。ただ個人再生も信用状況はブラックになり喪明けまで6-7年はかかると言われていますね。カードやローンが組みにくい状況となります。これは債務整理全般に言えることですが仕方ないですよね。

借金の総額が1/5になる個人再生手続き。債務整理でも一番初めにこの個人再生を検討したいですよね。持ち家があるので自己破産はできないが・・という人や借入金額が大き...

自己破産の場合は自宅がある人は資産を取られてしまうのがネックですよね。せっかくローンを払い続けていたわけですから没収され競売で二束三文で売り叩かれても困るわ...

任意整理は手軽で極秘性も高い

任意整理は元々過払い金返還などとセットで行われる主流となる債務整理方法でした。最近は過払い金も時効を迎え需要がなくなってきています。個人再生ほど減額率は高くないのですが、自己破産はしたくない、また個人再生では再生計画が通りそうにないという方には、家族に内緒で債務整理ができるという意味でも非常に有用性は高い債務整理です。個人再生や自己破産のように裁判所を経由しませんから家族や同居人にもバレにくいです。

将来利息がゼロになるわけですから、現在の支払いはずっと楽になると思われますが、基本的に業者との和解を前提としており、こじれると裁判になる傾向があります。特に借金の金額が大きいと業者も裁判まで時間稼ぎをしてその後に結局和解をするという戦略を取ります。従って裁判が関わると1年以上かかったり長期化する傾向にあります。それにより弁護士費用が高騰するということはありませんが、高額の負債を抱える人で過払い金が見込めない人はやめておいたほうがいいでしょう。

おまとめローンは逃げやすいが審査の敷居が高い

おまとめローンは審査さえ通れば借金を一括にできますので精神的には楽になりますよね。どのくらい利息を下げられるかが焦点になります。個人信用(返済実績)や年収や勤め先などの評価でおまとめに通ったとしても高い利息を要求されることになるでしょう。結果元の支払額とあまり変わらないといった結果になることもしばしばです。

ただおまとめローンの審査が厳しいと言っても、会社それぞれ評価基準も違いますので年収は600-800万は必要と言われていますが、400万程度でも勤続年数などや借り入れしているカードの状況や残高から審査に通ることもあるようです。とりあえず審査は無料ですからやっておいたほうがいいでしょうね。その後に債務整理をするという戦略でもいいでしょう。

借金減額は弁護士に算出してもらおう

ネットにある借金減額シミュレーターなどをあてにしないで、弁護士に電話相談をした上で算出してもらうようにしましょう。債務整理も裁判がある場合や、自己破産でも管財事件になると余分に費用もかかりますので、ご自分が債務整理をした際にかかりうるコストを予め頭に入れておく必要があります。

現在の収入や何年で支払うかにもよりますが債務整理は利息はゼロですから、返済期間が長くなってしまっても総額は変わりませんから問題はありません。ですから減額幅にこだわるよりもまず毎月の支払いが余裕を持ってできるように圧縮してもらうことの方が重要です。おまとめローンも減額はできても毎月の支払いがあまり変わらないのであれば今後滞納リスクはあると思って下さい。

弁護士さんや司法書士さんも事務所によって方針も微妙に違いますので相性が悪ければいくつか相談してみるといいでしょう。

借金減額診断シミュレーターで紹介される司法書士よりも評判の良い司法書士を探そう。自分の借入状況から任意整理や個人再生でどのくらい減額できるのか債務整理できる...

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!