お金が無い人でも債務整理できる!法テラス扶助制度で月5千円~1万円に

法テラスに相談する女性

借金をどうにかしたいけど債務整理するお金もないから・・・と諦めている方多いのではないでしょうか?司法書士や弁護士に債務整理を依頼すると結構な金額がかかりますよね。過払い金は着手金無料でも引き受けてもらえますが、その他の債務整理はやはり無料で仕事を引き受けてもらうのは難しい事務所が多いのではないでしょうか。

今回は「お金が無い人でも債務整理できる!法テラス扶助制度を利用しよう」についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

債務整理の着手金が用意できない!

債務整理の着手金が用意できないという方も多いと思いますが、どこの法律事務所も分割にはしてくれるのですが、それも月数千円というわけにはいかないですよね。まとまっった金額を支払うとすれば支払いを逃れたい減額したい人が、この着手金に悩まされるのは矛盾しているようにも思えます。

法テラスの扶助制度についてはご存じの方もいるかと思いますが、低収入である方に限り毎月5千円~1万円の支払いでOKという制度です。つまり弁護士などへの着手金や報酬などは一時的に法テラスが肩代わりしてくれるわけです。この法テラスの扶助制度は相談者からすると有利な制度なのですが、弁護士側としては報酬がかなり安くなるということで、怪訝な顔をする所も実際にあるようです。ですから債務整理で法テラスの扶助制度を必ず仲介してもらえるとは思わないようにしましょう。

▼こちらのアース司法書士事務所さんは法テラスの扶助制度利用OKですので一度ご相談ください。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

給料が一定額以下でなくてはいけません

審査にあたっては持ち込みをした代理人就任予定弁護士が立ち会うことが原則となっています。
そして審査には資力基準が設けられています。

【単身者】 手取りで月額18万2千円以下(東京・大都市の場合は20万円以下)
【2人家族】 手取りで月額25万1千円以下(東京・大都市の場合は27万6千円以下)
【3人家族】 手取りで月額27万2千円以下(東京・大都市の場合は29万9千円以下)
【4人家族】 手取りで月額29万9千円以下(東京・大都市の場合は32万8千円以下)

債務者は代理援助を受けた後、月額5000円から1万円程度を法テラスへ償還していくことになります。事件終了の際には、原則として、弁護士や司法書士に対する報酬金を支払う必要があります。(金額は、事件解決により得た利益の額などを考慮して、審査に基づき決定されます)

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

債務整理を悩んでいる方へ

少なくとも借金の返済が遅れてしまっているような方は、債務整理をお金が溜まったらやろうなどとは考えずに、この扶助制度を利用するなり弁護士に早めに相談をしてみるべきだと思います。扶助制度を利用しなくても支払える場合でも、給料が少なすぎる人は債務整理の和解後の支払いも不安なわけですから、支払いを少なくしてもらうことは正当な行為ですし弁護士さんも途中で支払えなくなるよりは支払える額で払ってもらいたいと考えるはずです。途中で支払いをバックレてしまう人はやはり多いようですからね。

それだけ債務整理をしても返済は厳しいものがあるのでしょうね。任意整理などは個人再生に比べて減額幅が小さいですが、途中で挫折して自己破産に切り替える人は多いようです。債務整理をするからにはかなり余裕を持った返済額に圧縮できるようにしましょう。

特に家族を抱えているような方は、自分だけではなく家族の病気や事故やトラブル、親戚の冠婚葬祭なども含め予期せぬ出費が発生することも想定しておきましょう。そう考えると扶助制度でカバーできる部分で初期の支払いを圧縮しながら、債務整理決定後は通常通り分割していくという方法もありますよね。

弁護士や司法書士も様々ですから扶助制度の利用を快く思わない人もいますので、扶助制度で何とかして欲しいと言う方は相談の際に早めに申告しておいたほうがいいでしょうね。ともかく法テラス扶助制度で月5千円~1万円の支払いというのはかなり魅力ですよね。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!