倒産や失業をしたなら地元に一度戻って債務整理がおススメ!

地元に戻りたい若者

倒産というのは独立している場合に限らず、自分が勤めている会社の倒産もありえる時代です。東京で起業したものの倒産、大阪で就職したものの失業、収入が途絶えるばかりかアパートの家賃や生活コストはかかり続けますよね。都会で生活していくというのは仕事が最優先で安定した収入は絶対に欠かせません。

収入が無くなればアルバイト等で食いつながなくてはなりませんが、多額の借金がある人は返済が追いつきませんから、債務整理という選択しか取れない状況となります。こういう場合には一時的にアパートを引き払って地方や実家に戻るのも一考かと思います。

今回は倒産や失業をしたなら実家に一度戻って債務整理がおススメ!についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

都心の生活から一時逃れる

私も経営に失敗し事務所とマンションを引き払って、東北の実家に戻ったことがあります。そして最終的には自己破産に至りました。正直、自己破産は何の問題も無くあっさり免責までたどり着けましたが、長年東京の高コスト生活で疲弊していたこともあり、スローライフに戻して自分を見つめなおす時間が欲しかったのでしょうね。

若い頃はイケイケで勢いに任せて仕事にチャレンジしていきますが、収入が良い黄金時代はそうは続きません。そういう緩んだ生活の中で膨らんだ借金は数百万になっていてリボ払いも天井になっていました。同じような境遇の方も多いと思いますが、借金を残したまま失業したらまず返済は無理です。私の場合は事業をやっていて事後処理も多かったので投げ出してアルバイトするという時間も取れませんでした。いつしかノイローゼ気味で不眠症になって精神科に通って薬処方してもらいましたが、体も精神も持ちませんよね。

実家やどこか隠れ家的な場所を探して、生活コストのかからないところへ一旦逃避することをおすすめします。夜逃げは絶対にしないでください住民票も移せませんから大変です。債務整理をすれば問題はありません。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

地方で債務整理をおススメする訳

失業をしていない人でも借金漬けの人はいるでしょうし、失業している人はもっと大変です。借金を清算して人生を一からやり直している人は、すぐに債務整理の相談を弁護士や司法書士にするべきですよね。

実際に私は地方で自己破産したのですが、正直地方で債務整理した方が楽ではないかなと思いました。債務整理でも裁判所を経由するのは、個人再生と自己破産です。個人再生は借金を五分の一にでき利息も全面カットできる人気の債務整理となっています。ですから今弁護士や司法書士に相談するとこの個人再生か自己破産を薦められる場合が多いのです。

裁判所も地方だと若干緩いのではないかということです。税務署など役人を例にとっても東京より地方の方がかなり緩くて優しいですよね。これは裁判官の人格にもよりますが、多重債務者は今は地方でも優先課題になっていますので、その辺のサポートや受け皿はあるということです。自己破産の場合は免責となるべく借金の理由もありますし、東京などでは反省文を書かせられると聞きました。手続き的にも地方の方が楽なのではないでしょうか。

失業や倒産をしている人であれば、東京や都会に固執する必要はないので、一旦地元に戻って債務整理をしてからまた上京するという方法を考えてみましょう。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

債務整理の専門家は東京か大阪を選ぶ

地方で債務整理をいざしようと専門家を探してもなかなかいい人はいないのが現実です。大手の弁護士事務所も支店を地方に作っていますが、そういうところに頼むのであればネットから無料相談経由で司法書士に頼んだほうがお得です。ネットの専門家の方が報酬が安めだからです。実績も多数あります。

債務整理の場合は、報酬の差でウン十万の差が出る場合もありますから、特に債務整理に詳しくない人が専門家に任せるといくら取られるか分からないという恐ろしさです。弁護士の行動費や実費はたかいですからね、いくらでも理由を付けられるということです。

ですから地方に戻っても電話で相談できるネット経由の司法書士にお願いしておきましょう。弁護士よりも司法書士のほうが安いので個人再生や自己破産を検討している方にはおすすめです。

当サイトでも弁護士や司法書士さんはご紹介していますのでご参考にしてください。

債務整理が終わるまで4ヶ月~1年かかる

債務整理が終わるまで時間がかかります。個人再生では再生計画が通り業者の承認も経て、3-5年で支払っていくことになります。自己破産は免責がゴールですね。資産が無い人は4ヶ月もあれば終わると思います。

この期間は地方や実家や隠れ家などで、スローライフを楽しんでください。支払いがある人はそこで仕事を探すのは大変かもしれませんが、東京で再び仕事を探すこともできますし、債務整理である程度借金が軽くなれば、前向きにがんばっていくモチベーションも生まれるでしょう。それまでは精神と肉体も休ませておくのはちょうど良いわけです。

一旦地方の実家などに戻ってから再び上京するにもアパートの初期費用など何かと大変ですが、そこはできるだけ断捨離して身軽にするようにしましょう。物などはまた稼いで買えばいいのですからあまり執着せずに、必要最低限の物だけもってまた上京すれば身動きが取りやすいですから。ホテル暮らしも当分できますしね。

債務整理後は借金もローンも組めない

債務整理をすると信用がブラックになりますので、大体6-7年はローンも組めないですしキャッシングなども審査が通りにくくなるかと思います。これは仕方のないことですが、実質現金で全て何とかしないとならないわけですから、かなりプレッシャーです。ですからある程度これからは貯金や投資をして防衛をする必要があるでしょうね。

私も現在はフリーランスですが、やっぱり資金繰りが厳しいときはありますよ。ただこれで安直にまた借金に頼ったのでは同じことの繰り返しになります。ですから借金できない生活に慣れるしかないのです。むしろ健全な生活に戻りますから、仕事でうまく稼げるようになれば以前よりは格段に生活が楽になっていることでしょう。

独身の方は今のうちに債務整理をしてブラックになっておいたほうがいいのです。後々家族ができて車のローンや家のローンで困ることになるわけですからね。借金を抱えて結婚もおすすめしません。ですから今借金をなるべく早く片付けておきたいのです。

債務整理は敷居は高くありませんので、悩んで時間が過ぎていくよりも早めに司法書士に相談して借金の完済の見通しを立てたほうが安心です。債務整理の無料電話相談は全国できますので、まずは電話予約してみましょう。債務整理も任意整理、個人再生、自己破産、それと過払い金がある方もいると思います。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!