借金があるからビットコイン買えない!短期で多重債務者が投資家になる方法

ビットコイン流行ってますよね。とはいえトランザクションや手数料の問題でビットコインではなくBTCやリップルなど他の仮想通貨に人が流れ始めています。仮想通貨の価値は流動性や実用性が評価されると思ってください。いずれはコンビニやスーパーでも気楽にカード一枚でビットコインで買い物ができる時代が確実に来ます。金融システム革命ですからね。銀行がリストラして慌てているのはこのためです。

いずれにしてもこの流行に立ち遅れたくないと自分もビットコイン買いたい!と思っている方は多いのではないでしょうか。しかし”多重債務者”という条件が付くと、お金が無いしビットコインなど非簿の借金の返済に追われて余裕がないとあきらめてはいませんか?そういう状態でも少しずつ状況を変化させて、多重債務者から投資家に変身することは可能なのです。

今回は借金があるからビットコイン買えない!短期で多重債務者が投資家になれるのか?についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

借金の利息がきつくて完済できない

借金の利息がきつくて完済できないという方は多いですよね。金額が大きくなると利息も増えて返済期間が長くなります。リボ払いの場合は毎月最低支払額で利息優先で払えば消費者金融は文句は言いませんが、元本はほとんど減らないわけです。こういう状況でさらに借金をしてビットコインに投資などある意味自殺行為ともいえますよね。

これをおまとめローンなどで一社にまとめたとしたらどうでしょうか?利息は10%以内に収まればかなり返済期間は短くなりますが、利息自体が重いですからそれほど根本的な解決にはなりそうもないですよね。しかしながら減額の可能性はあるのですから審査などは一度受けてみるべきでしょう。

借金の解決方法は利息にあるわけですから、これを何とかして全面的に解決する方法を考えていきましょう。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

債務整理で利息全面カット

おすすめは債務整理ですよね。債務整理も任意整理・個人再生・自己破産がありますが、返済を続けて完済を目的とするものは任意整理・個人再生の二つになります。いずれも利息分は全面カットですから、利息分は確実に減額できますよね。さらに個人再生の場合は借金総額が五分の一まで減額されます(最大でも100万円までです)経費としては依頼する弁護士や司法書士(司法書士が安くておススメ)の報酬+実費ということになります。

任意整理は減額されませんが業者との和解のみで裁判所を経由しませんから、家族や同居人、会社などにも内緒で手続きが可能です。個人再生は裁判所を経由するので手続きが煩雑で面談などで出向く必要がありますよね。面倒くさいのですが減額幅が大きいですし、専門家にある程度任せられますから人気の債務整理となっています。個人再生は住宅ローン特例で住宅ローンを債務整理の対象から除外できる方法もあります。

利息を全部カットして再計算しますが、3年程度で返済する計画を立てます。個人再生であれば減額幅が大きいですから毎月の今までの返済額もかなり少なくなると思っていいでしょうね。つまり余剰資金が生まれるということになります。この余剰資金は無駄使いせずにこうしたビットコインなどに投資していくというのはどうでしょうか?換金も可能ですし返済が滞ったときのリスクヘッジにもなりますよね。

こうして多重債務者からビットコインの投資家へと変貌できる可能性が現実になるというイメージが何となく沸いてきませんか?借金は残りますが利息はゼロですから前倒しで返済する必要性がもうないのです。ですから3年かけてゆっくり無理の無い金額で返せばいいので楽ですよね。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

仮想通貨も安いものから買っていく

債務整理で利息カット&減額効果で毎月の支払額が圧縮され、お金に少し余裕が出てくるイメージです。ですが100万以上のビットコインなどをいきなり買うのはリスクが大きいですよね。どのみちビットコインの評価は0に収束すると思います。なぜなら前述のトランザクションの問題があるからです。値段が上がると計算も増え続けることになります。手数料も今は換金するのに3千円、期間も3日かかったりするほどです。

BTCはリップルなどビットコイン以外でも有名なメジャーな通貨は14くらいに絞られてきましたので、その中から選ぶといいでしょう。価格も通貨ごとにばバラバラで流通量の違いもありますが、どの仮想通貨が主導権を握るのかなどで今後価値が変動してくると思われます。


仮想通貨チャート一覧
順序としては、数千円から買えるモナコインから始めるのがいいかもしれませんね。モナコインは日本発の仮想通過で日本人に根強い人気があります。こういった安い仮想通貨を初めに買っていきましょう。安いといっても量を増やせば同じです。借金返済や収入を考えながら購入額を増やしていきましょう。できるだけ換金しやすい仮想通貨を選ぶことが重要です。

仮想通貨は借金返済の担保にしていく

借金返済も失業やお金が必要な場面は多々あると思います。そういういざというときに換金できる仮想通貨は便利ですし心強いですよね。借金のリスクヘッジをしながら将来に投資していくスタイルになれば、今までよりかなり意識も変わるのではないでしょうか。

注意したいところは、仮想通貨にレバレッジをかけないということです。レバレッジをかけると強制ロスカットの危険性が高くなります。ビットコインはじめ仮想通貨は値動きが激しいですから、朝起きたら全額ロスカットされていたということもありえるのです。ニコ生でも3千万近くを一晩で溶かした人がいましたよね。できる限り現物取引で強制ロスカットに巻き込まれない余裕をもった証拠金で対処はしておきましょう。

FXでも株でもビットコインでも目の前の動きに狼狽して処分したりロスカットになるのは負けトレードそのものです。できるだけ短期ではやらずに長期で保有していくほうが無難でしょう。短期ですとスプレッドなどで実質手数料がかかってしまいますので長期であればその負担は少なくなります。

借金を圧縮して仮想通貨を買える様になるには、まず債務整理です。分からないことも教えてくれますからまずは司法書士に無料電話相談してみることをオススメします。私も自己破産経験者ですが今はFXトレーダーで生活できています。本来投資やトレードが好きな人は借金の呪縛から解き放たれて好きなことをして生きていくほうが人生充実しますよね。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!