弁護士「自己破産以外は無理です」と言われても諦めずに相談したい!

自己破産以外で債務整理したい人

どうしても自己破産だけは避けたいと思っている人は多いと思います。私は自己破産経験者ですが資産がない独身は自己破産は何の障害もないのですが、家族がいたり住宅ローンを抱えていたり、会社も業種によっては破産に影響があるのは事実ですよね。特に保険や金融などは自己破産は確実にバレます。イメージ的な問題で自己破産だけは避けたい、借金はできるだけ返したいと思っている人もいるでしょう。

債務整理で弁護士に相談した場合には、収入や借入額のバランスを見て「自己破産しか選択肢はない」という見解を出すところや、事務所の方針として儲からない債務整理は全部自己破産に誘導し断るという所もあるでしょう。債務整理もある意味ビジネスですから仕方のない部分もあります。

自己破産は借金をゼロにすることができる唯一の方法ですが、デメリットとして資産を没収されてしまうことですよね、現金は99万円しか持てません。ですから借金の額が大...

ただ逆に事務所の方針で自己破産をしたくない人のために債務整理のオプションを用意したいと考えてくれる弁護士事務所も探せばあります。ただそういう情報もなかなかネットでも見つけることはできませんよね。

今回は弁護士「自己破産以外は無理です」と言われても諦めずに相談したい!についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

任意整理と個人再生

自己破産以外の債務整理は、任意整理と個人再生ですよね。任意整理できるかどうかの判断基準は元の借金の返済額と、任意整理後の借金があまり変わらないという場合には弁護士は「止めたほうがいいよ」と助言する場合もあります。任意整理のメリットは利息がゼロになることや内緒で債務整理できますし、書類関係も一切届かなくなり督促の電話も止むことです。

しかし一番は借金が減らなければ返済がまた滞る可能性が高い、つまりは弁護士側が辞任するハメになる、ということでもあるのです。そういうリスキーな債務整理は極力避ける方針であるという事務所は案外多いものです。

個人再生は裁判所経由しますので、再生計画が通るかどうかが焦点になりますよね。借金は基本1/5に圧縮できるのですが、結局3年でその残金を支払える収入が今あるのかどうかが焦点になります。住宅ローンは除外できる特例があるので問題ありません。個人再生は手続きの期間が長く費用もかかりますので、やはりその点で難しい場合は受任しないという弁護士も多いのでしょう。

自己破産の場合は自宅がある人は資産を取られてしまうのがネックですよね。せっかくローンを払い続けていたわけですから没収され競売で二束三文で売り叩かれても困るわ...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

自己破産以外で検討してくれる弁護士もいる

多くの弁護士事務所で断られた案件も、完全に諦めるのでなければ粘り強く自己破産以外で受任してもらえる所を探すといいでしょう。借入状況や収入など、事情などもできるだけ詳しく包み隠さず話して、どうしても自己破産を避けたいという気持ちを伝えるようにしましょう。

当サイトでご紹介しているイストワール法律事務所では自己破産を断られた依頼者の相談も積極的に行っています。但し受任できるかどうかはケースバイケースだと思いますが、一度無料電話相談をしてみることをおすすめします。案内ページはこちらからどうぞ↓

【イストワール法律事務所】
弁護士 多田浩章
第二東京弁護士会所属(NO35986)
東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号

【任意整理手続き(税別)】

着手金:1件当たり30,000円
報酬金:1件当たり16,000円
減額報酬:9.5%

【個人再生(税別)】

住宅ローンなし:200,000円(成功報酬金)
住宅ローンあり:300,000円(成功報酬金)160,000円
債権者1社当たり成功報酬¥10,000追加
※別途、申立手数料・予納金等の実費

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

任意整理の場合は借り入れている業者次第?

任意整理の場合は和解できるかどうかも焦点のポイントですから、なるべく借入ている業者も弁護士主導で交渉可能であることが望ましく、こじれると裁判になって長期化もしますので、その辺りで面倒の少ない業者かどうかもポイントになりそうですよね。ただイストワールさんの所はヤミ金も受任していますので、かなり幅広い交渉術があるのだと思いますね。

それと任意整理自体の敷居は低いので、弁護士事務所のさじ加減ひとつでも受任は可能だと思っています。案件に合わせた特別な報酬条件で受けてくれるかなど柔軟な対応も必要かもしれません。その辺を考えると報酬基準を一切変更できないような大手の弁護士事務所は難しいのではないかと想像します。

イストワール法律事務所さんは今は珍しい特定調停などもされているようですよね。債務整理が流行る前にこの業者との話し合いに特定調停が重宝された時代がありました。

ポストには督促状の山、毎日の督促の電話、一旦返済が滞るとこのように各業者が一斉に取り立てにきます。こうなったら赤信号ですよね。私も元多重債務者ですから気持ち...

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!