銀行カードローンには気をつけろ!

銀行カードローンにハマる人

総量規制のない銀行カードローンが猛威をふるっていますよね。借りる側はありがたいのですが実質利息も高いですし消費者金融と一緒です。自転車操業するにも歯止めがかからないので気付けばかなりの金額に膨れ上がっているのです。

近年自己破産者がまた増加傾向にあるのですが、この銀行カードローン破産者が牽引しているとも言われています。銀行カードローンという一見安心感を与える部分もあり、抵抗感無く借りてしまう人も多いと思いますが、高利息の借金500マンオーバーは年収がソコソコの人でも破産に追い込んでしまうくらいのパワーがあるのです。

今回は銀行カードローンには気をつけろ!についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

消費者金融が銀行の看板使ってるだけ

グレー金利問題で過払い金返還や債務整理がブームになりましたが、その後に総量規制をかいくぐって登場したのが銀行カードローン。消費者金融が銀行の看板使ってるだけで実質的に消費者金融が運営しているのと同じです。総量規制無視して返済能力以上の枠で貸しまくっていますので当然払えなくなる人もいます。これらのターゲットになっているのが非正規などの低所得者ではなく、ソコソコの企業で勤続年数のある会社員や公務員などです

彼らは会社をクビになりたくないので必死に返済しようとします。給料が安定しているのでかなりのラインまで返済はできるのですが、家族がいる人など一定のラインを超える返済は家族離散の危機にも繋がりますし生活も守ろうと努力します。結果本業が終わった夜に副業でアルバイトをしたりがんばるのです。

ですから低所得者がギブアップするよりも、こういう人たちをターゲットにしたほうが銀行は多く貸せますし破産するまでの猶予期間も長いので、それまでにたっぷり利息で稼げればリスクは少なくなるという計算です。

人生ピンチの時に何らかの相談ができる人が身近にいる人は、難局も乗り越えられる可能性も高いということです。現代はそうした助けてくれる人達や環境にどれだけ恵まれ...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

銀行カードローンは金額が大きい

ズルズル枠だけは拡充していけますから、生活レベルと下げたくない会社員は埋め合わせの自転車操業に追加で借金を積み上げていくことになります。督促や取立ても会社によっては消費者金融より随分と緩いですからね。結果気付けばかなりの金額に膨れ上がっているのですが、そうなってしまってはもう債務整理をするしかなくなってしまいますよね。

おまとめローンは、年収の半部以上の借金などは通りにくいですし、マンションの住宅ローンが残っているので自己破産もできない。ではどうしようか?と頭を抱える債務者が多いのではないでしょうか。この状態では副業アルバイトをしても焼け石に水状態で、このハードな毎日をあと何年続ければいいのかと考えたときに、全てを投げ出して自己破産した方が楽なのではないかという結論に至るのです。

繰り上げ返済しない借金返済!に関する考察記事です。これには条件がありまして金利がゼロである必要があるということです。つまり借金と共存しながら、借金を完済する...
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

会社員の自己破産はおすすめしない

会社員でも給料が手取り10マンちょっとのブラック企業でない限り、私は自己破産はおすすめしないです。特に住宅ローンを抱えている人ですよね。現金は99万円まで持てますが、自己破産で没収される資産が勿体無いからです。会社員をクビになり現金も資産も無いという方は自己破産しか選択はないと考えますが。

債務整理では個人再生という選択があります。これは借金を五分の一(MAXでも100万まで)利息もゼロになるすばらしい制度です。裁判所を経由しますので確実です。弁護士費用が若干高いですがそれを度外視しても十分借金を減額することができるでしょう。会社員を続けており毎月の支払額がかなり減額されれば元の生活に戻れる可能性は大です。

銀行カードローンは前述の通り金額が大きくなる傾向にありますから、この個人再生のメリットが十分に生かせるのではないでしょうか。

今回は年収が高い借金サラリーマンほど債務整理を今スグやった方がいい理由についてまとめてみたいと思います。まず債務整理は借金を圧縮して3-5年で返済することを目的...

個人再生は専門家に全て任せるので楽チン

個人再生で借金を圧縮しようと決心したなら、まず司法書士に電話相談してみましょう(弁護士より司法書士のほうが報酬がかなり安い)司法書士は遠方(東京や大阪の事務所)でも問題ありません。むしろ個人再生に慣れている所の方が早く安くできます。

業者などからの督促や連絡なども一切窓口になってもらいますので時間も余裕ができるのではないでしょうか。裁判所には面談が何回かありますので足を運ばないとなりませんが後はほとんどお任せで手続きは進みます。個人再生は減額後の債務を問題なく支払えるかが焦点ですから、業者からの異議申し立てもほとんどないことから裁判沙汰になることも稀です。

当サイトでも個人再生の得意な司法書士や弁護士さんをご紹介していますので、お気軽に電話相談予約をしてください。債務整理をすると決めたら今月の支払いはもうする必要は無いのです。受任後は再計算されますしね。そのお金は司法書士への着手金に充てましょう。

借金の総額が1/5になる個人再生手続き。債務整理でも一番初めにこの個人再生を検討したいですよね。持ち家があるので自己破産はできないが・・という人や借入金額が大き...

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!