平均年収186万円「下層階級」の借金返済とジョブチェンジ!

年収186万円の下層階級の人

下層階級」というのも嫌な言葉ですが、平均年収186万円というのは月15万程度のいわば非正規のリアルな数字ですよね。この辺りの層が強固な岩盤になっているのだと思います。必ずしも下層階級民が質の低い仕事をしているわけではないのですが、仕事の中身ではなく身分で収入格差が生まれてしまうというのはかなり歪んだ社会ともいえそうです。

こういう状況下では若い時はまだ危機感もないのですが30歳あたりになってくると、正規雇用の人達との差を如実に感じることになります。本人も脱出したいと努力はするのですが借金は増えるばかりで、正社員の仕事を多数面接するも受かりませんし、受かるのはブラック企業のみという状況。八方塞がりでもう諦めている層もいるようですが、できるだけ早い時期に脱出の糸口をつかみたいものですよね。

今回は平均年収186万円「下層階級」の借金返済とジョブチェンジ!についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

下層階級、930万人、就業人口15%

同じ労働者階級の中で岩盤が割れて落ちていった非正規、それが新たに生まれた「下層階級」なのかもしれません。その数ざっと930万人就業人口15%にあたる数字です。かなりの割合ですよね。

平均年収はわずか186万円で、貧困率は38・7%と高く、とくに女性では、貧困率がほぼ5割に達している。貧困と隣り合わせだけに、結婚して家族を形成することが難しい。男性では実に66・4%までが未婚で、配偶者がいるのはわずか25・7%である。健康状態にも問題がある。4人に1人は健康状態がよくないと自覚している。

どんな人々か。パート、派遣、臨時雇用など、身分の不安定な非正規雇用の労働者たちである(技能職・建設職など)。仕事の種類は、マニュアル職、販売職、サービス職が多い。平均労働時間はフルタイム労働者より1-2割少ないだけで、多くがフルタイム並みに働いている。

失業率の改善や無職は減ったものの、非正規雇用や派遣・フリーターは増えていますよね。氷河期世代からこの傾向は続いているので今は40代から仕事の奪い合いになってい...

資本主義社会の下層階級といえば、かつてはプロレタリアート、つまり労働者階級と相場が決まっていた。自営業者などの旧中間階級を別とすれば、資本主義社会を構成する主要な階級は、経営者などの資本家階級、専門職・管理職などの新中間階級、そして労働者階級であり、労働者階級は最下層のはずだった。

ところが同じ労働者階級であるはずの正規雇用の労働者は、長期不況にもかかわらず収入が安定し、貧困率も低下してきている。労働者階級の内部に巨大な裂け目ができ、非正規労働者は取り残され、底辺へと沈んでいったのだ。

新しい下層階級=アンダークラスの誕生である。アンダークラスはこれまで、とくに米国で、都市の最下層を構成する貧困層を指す言葉として使われてきた。しかし格差が拡大するなか、日本にも正規労働者たちとは明らかに区別できるアンダークラスが誕生し、階級構造の重要な要素となるに至ったのである。こうして生まれた新しい社会のあり方を「新しい階級社会」と呼ぼう。 現代ビジネス

下層階級は病気がちであったり結婚もできない、あらゆる面でマイナスに左右しそうですよね。ですからここを抜け出すには正規ルートではまずいということにいち早く気付かなければいけませんね。頭を使って変化のある働き方を模索するようにしないと、それすらも考えることが億劫になってしまう状況になれば人生軌道修正が難しくなります。

できれば35歳までには対策を講じて、非正規労働者のポジションを脱出していきましょう。

昔から日本は転職をするたびに給料がガクンと落ちていましたよね。最近では人手不足が顕著ですが、今更ながら40歳前後の氷河期世代の人材が不足しているという実態もあ...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

借金は確実に足をひっぱる

下層階級で生活費が足りないとキャッシングに頼ったり、大きな買い物もローンに頼ることになりますよね。そうやっていくうちに借金は膨れ上がるのですが、手取り給料が転職をしても非正規でいる限り大幅に上がることはないのですから、借金が多くなればなるほど利息が負担となり毎月の支払額が増え、次第に身動きが取れなくなっていくでしょう。

借金を解決する方法を考えていきます。非正規ですからまず『おまとめローン』には審査は通りません。親などからお金を借りることも難しいでしょう。そうなると借金解決には債務整理しか方法はないということになりそうです。

幸い下層階級の非正規でも毎月の定収入があれば債務整理の任意整理・個人再生・自己破産はどれも選択が可能です。ですが借金に対する収入のバランスが明らかに悪い時は弁護士に断られる場合もあります。債務整理のメリットは利息が全面カットになること、個人再生などは借金が1/5になることなど借金残高の圧縮ができることです。最悪は自己破産ですが資産が現在無いという方はノーリスクです。弁護士費用などは分割で対応していただけますので当サイトの弁護士や司法書士に電話相談してみましょう。

借金地獄の脱出法としては、①借金残高を減らす、②借金を一本化する、③債務整理をする、この借金部分を調整する方法が一般的です。お金を使わずに収入を増やす、この部分...
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

下層階級民のジョブチェンジ

よく求人倍率も上がり失業率も下がり、なんてニュースがありますが実質的な賃金は上がっていませんし、仕事のミスマッチが原因で余っている仕事は工場か介護かという所ですよね。ということは人気職は競争倍率は高くなるということです。

ジョブチェンジの考え方ですが、今の下層階級から抜け出すには仕事を選ばずに、正社員になれる仕事を選ぶべきです。工場でも介護でも何でもやるという姿勢を持って。そこで実績をしっかり作っていく。自分の好きな仕事に行きたいのであれば人気職であれば競争になりますから、人より抜きん出なければ勝てません。例えば資格を取る、関連するアルバイトの実績を作る、コネを作る、フリーランスで実績を作る、色々と差別化して自分の付加価値を上げることはできそうですよね。

資格や業界の勉強をしても何百社の面接に落ちるという人もいます。これは完全に会社の求める人間像とミスマッチしているということに気付かねばなりません。正社員というスタイルにあなたが向くタイプの人間ではないということです。これは日本社会が作り上げてきた需要であって、本来のあなたの人間性が低いという問題ではないのです。会社に合う人間に変われと言われても無理ですよね。であれば正社員にこだわらずに働き方を変えればいいのです。フリーランス、企業、アルバイト、在宅、契約、歩合など、多数の仕事から選べますし組み合わせることもできます。今は働き方はフレキシブルになっていますよね。

『下層階級でもお金を稼いでいれば下層とは絶対に言われない』

考え方一つです。正社員でも安給料でやりたくない仕事を我慢してやっている人はたくさんいます。やりたいことをやりつつお金を稼ぐのが一番だと思いませんか?その為の努力は勿論必要ですが、そういう苦労は乗り越えられますよね。

人間人生の歯車がふとしたきっかけで狂ってしまうことがありますよね。どんなに順調と思える人生でも分岐点になる事件は、あなたの身にもある日突然起こるのです。以下...

ジョブチェンジの準備

人は目的を達成しようと思った時に決意しますよね①覚悟を決める時、そして②それを実行に移す時、二回の決意が必要と言われています。私はダイエットします!と決意するだけで終わる人が大勢いますよね。ダイエットに成功する人は少なくともダイエットを実際に始め続けた人だけです。ですからもう実行に移していきましょう。今の下層階級の仕事を続けながらアクションを起こしていきます。

①借金がある人は専門家に相談する
②資格の資料請求をする
③休みの日に副業をネットでやってみる
④起業の準備をする
⑤投資の勉強をして口座を登録しデモをやってみる

気になることはまず動いて実践して空気を感じてみましょう。それが自分の求める行動であれば継続し、気が乗らないものでしたら止めればいいのです。下層階級で自分は一生このままだと不貞寝をしていたのでは本当にそのままの人生になります。自分で動いてそのポジティブな空気感を纏いながら目の前のチャンスを掴んでいきましょう。目標にたどり着くにはそういう小さいアクションの連続が必要なのです。

今回はコンビニオーナーなり手不足?契約社員→開業資金支援についてのニュース記事です。このお金がない人でもオーナーになれる創業支援は美味しいとは思うのですが、た...

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!