過払金の返還請求を知っていますか?

過払金の返還でウハウハの男性

今やるべきことは借金一本化!
最短で翌日の融資!老舗の安心できる企業です!
↓↓↓↓↓

過払金の返還請求を知っていますか?

長期にわたって借金の返済を続けていたケースでは、利息制限法に基づいて引き直し計算を行うと、借金総額を超えて、払い過ぎになっていることがあります。借金額や返済条件にもよりますが、5-7年以上返済を続けていると過払金が生じる可能性が高いようです。

過払金は債権者に返還するよう要求できます。任意整理では、弁護士が返還請求をすると応じてくる業者もかなりあります。応じてこない債権者に対しては「不当利得返還請求訴訟」を起こすことになります。特定調停では調停の手続きとは別にこの訴訟を起こす必要があるので注意してください。

手続きの流れとしては、訴状を書いて自分の住所を管轄する裁判所に提出します。訴額が140万円未満なら簡易裁判所、それ以上の場合は地方裁判所になります。裁判所が口頭弁論の期日を指定してきますから、その当日に出向いてご自分の主張をしてください。この訴訟は債務者本人が行うこともできますが、手続きはなかなか難しいので、弁護士に依頼することをおすすめします。訴訟で債務側が負けることはまずありません。

過払金の返還請求の裁判に関しては、1年以上の長期化するケースも多々見られます。消費者金融業者が支払いを引き延ばし工作をするからです。例えば取引履歴をなかなか送ってこなかったり、開示情報も一部であったりします。この入金までのスパンと和解額とのバランスも考えなければならない要素で、支払いが早くなれば減額和解の方法も模索する必要があるでしょう。過払金の金額によっては裁判をやらずに和解した方が債務者側にとってもメリットがある場合があるからです。訴額が大きいと消費者金融側も抵抗が大きいようです。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

借金減額シミュレーターはここからスグ!借金どのくらい減る?


②借金相談は債務整理の全国無料相談で解決する!

③借金増えたらおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!