正しい借金減額方法はこれ!押さえておきたいポイント3つ

正しい借金減額方法を力説する人

多重債務者にとって”借金減額”は理想ですよね。毎月の支払金額を減額することで負担も軽くなり、トータルの利息も少なくなりますから、これで今まで通りの収入が安定すれば何とか再建してやっていけると思っている人も多いのではないでしょうか。但し正しい方法を選択しないと借金の残高が変わらないおまとめローンや債務整理における高い弁護士報酬などがネックになる場合もありますので注意が必要です。

また借金減額法として最大限に減額できる方法もありますので、借金減額の方法を探している方の参考になれば幸いです。今回は『正しい借金減額方法はこれ!騙されないポイント3つ』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

自分に合った正しい債務整理を選ぶ!

ネットでも借金の減額方法を探している方は多いと思います。現実的な方法としては債務整理がベターであるのはご存知かと思います。ネット広告などでも「借金減額シミュレーター」や「借金減額計算」などと謳って宣伝しているのを目にしたことがあると思うのですが、こういう減額計算というのはあくまで概算であって、どのくらいの利息でどのくらいの期間借りているのか、契約形態によっても変わりますので一概には信用できませんよね。

借金減額診断シミュレーターなるものは自分が債務整理を依頼してどの程度まで借金を圧縮できるか試算してくれるものです。これは便利ですし利用者としてはありがたいの...

問題はこうした誘導サイトに登録すると東京の司法書士事務所から連絡が来て「あなたは任意整理でいきましょう」などと債務整理の方法についても主導権を握られてしまうのです。一番仕事的に楽なのが任意整理ですから、向こうのアドバイスに従うほかはありません。ですが本当にあなたが減額できる方法は他にあるかもしれませんよね。できるだけ多くの選択肢からチョイスしたほうがいいと思いませんか?

ですから直接司法書士などに相談して、報酬のオープンな安心できる事務所に、選択肢を提示してもらいながら検討するのが賢いやり方なのです。今は債務整理の相談は全国で無料で行っていますので、不安な点は質問できますし債務整理についての説明もわかりやすく親切に教えてくれるでしょう。

正しい債務整理法を選ぶことは最大限の減額効果があると思って下さい。その主導権は自分にあるのです。

借金減額診断シミュレーターで紹介される司法書士よりも評判の良い司法書士を探そう。自分の借入状況から任意整理や個人再生でどのくらい減額できるのか債務整理できる...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

報酬ボッタクリには気をつけろ!

上記のシミュレーターなどは間に仲介する代理店が挟まっていますよね。ということは料金がかなりの部分で上乗せされているので高い場合があります。口コミでも地方の多重債務者がシミュレーターで紹介された東京の司法書士とコンタクトを取った際も、かなりの報酬金額だったということです。

司法書士や弁護士の報酬が高いと結局、借金減額効果は薄れてしまいますよね。これが利息はゼロになるが減額が無い任意整理で勧められたら目も当てられない状況となるでしょう。これではおまとめローンと一緒ですよね。おまとめローンは借り換えしますので利息の分で基本残高が増えますからね。

ですから債務整理の相談は報酬がオープンで変動のない明瞭会計の事務所を選ぶこと!そして仲介業者などは利用せずに直接相談できるサイトにすること。最大限に減額するというのは優良事務所であれば当然考慮してくれますから、自分の利益だけではなく相談者の為の債務整理をしてくれます。そして借金減額の計算はキチンと取引明細書を計算してから判断するべきだと私は思っています。概算ですと金額の差がトラブルの元になりますからね。

弁護士や司法書士は自分で選んで直接無料電話相談しましょう!報酬や方針がオープンで、代表者の顔が見える事務所がいいと思います。

借金解決の最終手段である債務整理。しかし弁護士や司法書士の報酬は妥当なものなのか判断がつきませんよね。専門家選びはまず報酬を全てオープンにしているかどうかが...
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

一番減額できるのは個人再生!

一番減額できるのは個人再生となります。債務整理も任意整理、個人再生、自己破産があります。この中で裁判所を経由し残高を1/5にできます。上限が負債5000万円ですが、最大でこれを500万円まで減額可能です。この場合は1/10になります。金額が大きければ大きいほど減額幅が大きくなります。計算方法は他にもルールがあり複雑ですので一度司法書士の先生に計算してもらってください。

個人再生は下記のうち、1番多い金額になります。

・住宅ローンを除く借金の総額の5分の1
・100万円(最低弁済額)
・自分の保有財産の評価額(預貯金・保有不動産・自動車・退職金見込額・保険金等も考慮)

また住宅資金特別条項というマイホームを手放すことなく債務整理ができる制度もあります。自己破産ではマイホームは処分されますが、個人再生の住宅資金特別条項を利用すれば住宅ローンだけそのまま支払い続けることができるのです。

個人再生は3年の支払期間で減額した金額をキチンと払っていけるかどうか!これだけです。アルバイトでも支払えれば問題ないです。後は金額が5000万未満でしたらOKです。自分で個人再生を手続きするのは何かと手続きが大変で期間も長いですから裁判所からもいい顔をされません。したがって個人再生は少し弁護士報酬も高いですが、それを考慮してもかなりの借金減額ができる方法であることは間違いないです。

自己破産経験者の私もこの個人再生を特にオススメいたします。借金の残高が大きい人は特に。無職の方で資産がない方は自己破産でいきましょう。

今の仕事だけでは借金を返済できなくなり、副業やダブルワークをしているという人は多いですよね。日本経済全体を見てもデフレは脱却したものの中小企業の給料について...

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!