生活保護を受けている場合の借金減額と返済

生活保護を受けている女性

生活保護を受けている方が多額の借金の返済に困っている場合はどうしたらいでしょうか?生活保護費で返済することはできないと思うのですが、はっきりとした規定がなく曖昧でよくわからないですよね。ご自分で判断せずに専門家やケースワーカーに相談することをまずオススメいたします。後の生活保護費の返還を求められたら大変ですからね。

今回は『生活保護を受けている場合の借金減額と返済』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

誰に相談すべきか?

私の知り合いの話なんですが、その知り合いは子供が2人居るシングルマザーで、生活保護を受けているのですが以前から借りていた消費者金融での支払いを滞納していたのですが裁判所からの通達が有り、2週間以内に意義申し立てがあれば申請をしてくださいというのが送られてきました。通常、生活保護を受けている場合は、裁判所に相談すれば借金の返済を減らすなどが可能なんでしょうか?【引用:教えてGoo

生活保護受給者であるなら、担当ケースワーカーにはじめに相談すべきでしょう。消費者センターや地元の市町村などでも相談コーナーはあると思いますが、結局弁護士でないと法的な相談が一切できないので、これらに相談するよりも弁護士や司法書士に直接相談したほうが確実です。

その後に専門家に相談します。弁護士や司法書士は全国対応のネット系専門家で問題ありません。債務整理を得意としている実績の多い所を選ぶとスムーズです。当サイトからでも無料電話相談ができますのでお気軽にご利用下さい。まず専用ページから電話相談の予約をしましょう。

昔から日本は転職をするたびに給料がガクンと落ちていましたよね。最近では人手不足が顕著ですが、今更ながら40歳前後の氷河期世代の人材が不足しているという実態もあ...

立命館大学・産業社会学部教授の唐鎌直義氏(社会保障論)が厚労省の国民生活基礎調査をもとに世帯構造別の貧困率を独自に試算したデータが注目を集めている。最低限の...

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

保護費から借金の返済

保護費から借金の返済をすることはルール上許されないということで、自分の判断で借金の返済には充てないほうがいいですよね。借金減額には債務整理は必須ですが、この際に発生した弁護士・司法書士費用やそれに関わる経費などは、保護費から返済していくことが可能です。生活費の一部として認められるのが一般的だからです。

また法律扶助制度がありますので弁護士や司法書士にお願いすれば月々の債務整理の弁護士報酬に関わる部分については支払いを月5千円~1万円に圧縮できます。生活保護世帯の場合には法律扶助制度により無償で弁護士が助けてくれます。債務整理も任意整理・個人再生・自己破産を選択できますが、収入がなく生活保護頼みということになると残高を1/5にできる個人再生は難しいかもしれませんが、任意整理でも利息がゼロになりますので、どちらになっても減額はできると思います。これらも専門家と相談して決めましょう。

とはいえ借金の支払いを続けるということは、余計に生活保護から抜け出せなくなる恐れも出てくるわけです。できることなら生活保護を受けなくてもいいように借金残高をゼロにする自己破産を選択したいところですよね。

気付くと大きな借金を抱えてしまっているお父さん。毎月の支払い金額が増えていきます。そんな時に頭をよぎるのは「自己破産」ですよね。そんな父を心配した結婚間近の...
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

自己破産が一番ベスト

生活保護を既に受給しているということは、何らかの理由で働けない無職ということですから、資産がある場合は要検討ですが無い方は素直に自己破産をするべきでしょう。私は自己破産経験者ですが、特に日常生活に不都合はなく借金がゼロになりますので、返済のことは考えなくて済みますしまた一から出直すことができます。

自己破産をして早く仕事を見つけて社会復帰できるようにがんばりましょう。一番良くないのは督促が来ても放置していることです。

・支払督促
・訴訟
・強制執行

特に訴訟はお金も時間もかかりますし、強制執行などは預金や家などを差し押さえられる危険がありますので、こういう事態にならないように早めに弁護士可司法書士に相談して下さい。

今は銀行ローンなどで総量規制に縛られずに収入以上の借金を抱えるそこそこ給料のいい中級者層もいますが、リボ払いなどで利息だけ支払い延々と自転車操業でギリギリの...

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!