債務整理で消費者金融会社の嫌がらせはあるのか?

消費者金融の嫌がらせに怯える人

借金の減額でやむなく債務整理をしようと思っている人は多いと思いますが、その際に消費者金融から嫌がらせなどはあるのでしょうか?特に自己破産などは一銭も借金を返済することなく裁判所から免責を受けることになりますよね。自己破産などは裁判所を経由しますので申立後の取り立ては一切禁止されます。異議申し立てもできますが実際はほとんどなくスムーズに債務整理ができますよね。

消費者金融会社の取り立てはできないのですが、会社に限らず担当者レベルの嫌がらせがあるのか?気になるところではあります。お勤めの会社や家族がいる場合も心配ですよね。

今回は『債務整理で消費者金融会社の嫌がらせはあるのか?』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

職場に嫌がらせはくる?

現在借金が数百万あり、自己破産で免責が降りなければ、民事再生か特定調停を利用しようと思っていますが、その際、消費者金融大手の会社は紳士的に対応してくれるでしょうか。それとも実際問題、職場・身内などへの督促・借金減額拒否などの嫌がらせもありうるでしょうか。よろしくお願いします【引用:教えてGoo

まず債務整理の場合、裁判所を経由する場合(個人再生・自己破産)と経由しないで弁護士事務所との和解だけで終わるもの(任意整理)がありますよね。この場合、裁判所を経由しているものほど法的拘束力が強く安全と言えると思います。仮に嫌がらせの電話や取り立てをしようものなら裁判所から警告され、それが警察沙汰やニュースにでもなってしまったら信用失墜ですからね。そんな無謀なリスクのある行為は消費者金融会社はしません。

・会社名での嫌がらせ行為
・会社名での取り立て行為

債務整理後は上記のような行為はまず無いと思っていいでしょう。

債務整理は基本的に自己破産以外は、減額こそするものの消費者金融会社へ支払いは何年かかけてしていくわけですから、このプロセスにおいて損したからと言って嫌がらせをするような会社は殆どないと思っていいでしょう。一方で自己破産の場合は全額免責になるわけですから、債権者は消費者金融だけではないといった場合は、その債権放棄で連鎖倒産をする経営者もいるかも知れませんから私怨リスクも多少はあるということです。ですが大体が消費者金融からのキャッシングなどという方は比較的安心してよいかと思います。


これが嫌がらせなのかは分かりませんが自己破産後の信用情報などもチェックが必要です。喪が明けないといつまでもローンも組めませんしカードも作れませんからね。

キャッシングを繰り返していると限度額に達して新規借り入れが難しくなりますよね。その状態で今月の家賃やリボ払いどうしようかと、または既に督促電話が鳴っている人...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

嫌がらせはないが匿名の告口?

そして大手消費者金融会社ほど嫌がらせは少ないと思っていいでしょう。”少ない”という表現ですが、大手でも個人レベルで匿名で職場に自己破産をしたなどと告口の電話をかけるケースが実際にあります。これはレアケースだと思いますが、絶対にないとはいい切れませんよね。

地方の小さい金融会社、若しくはヤミ金などは大手よりも嫌がらせをしてくる可能性があるかもしれません。この場合も嫌がらせや脅迫などは犯罪になる場合もあるので、その場合は担当の弁護士や司法書士にキチンと伝えて助けてもらいましょう。然るべき手段で対抗するはずです。

これが嫌がらせではなく、例えば家族・親戚に電話をかけるくらいのことはやってくる可能性はありますよね。これも会社名を告げずに匿名でやられたら対処しようもないですよね。特に家族や会社に内緒で自己破産しようとする方は要注意です。お勤めの会社が金融関係(保険も)の場合は、情報は入ってくると思われますから自己破産した旨は隠せない可能性が高いですが、それでも告口されたら困りますよね。そういう嫌がらせ行為はしてくる可能性があるということです。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

弁護士は過去の情報をたくさん持っている

弁護士や司法書士は様々な金融会社と交渉や和解をしてきた経験がありますから、そういう情報が過去にもしあれば教えてくれますし、注意喚起してくれるものと思います。いずれにせよ債務整理は個人でやると嫌がらせや交渉も不利になるのは必至ですので、必ず弁護士や司法書士など専門家に依頼し、スムーズに消費者金融会社とトラブルなく債務整理をまとめられるように協力していきましょう。

中には裁判になり長期的に敵対する会社もあるかと思いますが、あくまでビジネス上の係争であり紳士的に裁判所で争っているだけで、嫌がらせなどの行為は別だと思って下さい。

債務整理については当サイトで弁護士や司法書士の無料電話相談が可能となっています。実績のある事務所のみご紹介しておりますのでこの機会にご利用下さい。

借金を抱えて「この状況を脱するには誰かに相談をした方がいいのかな?」という方がこの記事を読まれていると思います。最近は債務整理もネット経由で相談できるように...

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!