50歳バブル世代のリストラが始まった!借金減額とビジネス資産構築で生活を担保しよう

50歳過ぎた社員は新しい価値を生まない」残酷な言葉ですよね。大手の希望退職募集も顕著ですが、このバブル世代の人達は6人に1人を占めるのだそうです。会社としても人手不足でも要らないという飽和した世代。

『新・日本の階級社会』橋本健二なる書籍が読まれていますが、日本は既に階級社会に入っていると考えてもいいでしょうね。急遽新しい階級に線引きされているので、その階級にそぐわない人達は最下層に追いやられる。とはいえ50歳というのは子供が成長して一番お金がかかる時期、マイホームのローンも抱えている。この状況で早期退職できるのでしょうか?

大企業のように早期退職で数千万上積みしてくれるのはありがたい話で、中小企業は普通に退職金も十分でない状態でリストラされるのでしょうね。今回は『50歳バブル世代のリストラが始まった!借金減額とビジネス資産構築で生活を担保しよう』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

50歳以上は非管理職でも賃金が高い

日本は今も年功序列ですから基本的に歳を重ねるごとに昇給していき50歳を超える頃には役員にならずともソコソコな給料にはなっているでしょう。以前までは貢献してきた給料という位置付けだったと思いますが、今は労働生産性でいくらでも給料の安くて高パフォーマンスを出せる人材が溢れている状況です。そういう人達に給料を上積みしたとしても50歳のバブル世代よりは明らかに収益性は上がると踏んでいるということです。

「新規事業を含めた新しい分野に挑戦していく方針を掲げていますが、50歳を過ぎた社員が新しい価値を生み出すとは思えません。40代以上の社員が半数を占めるが、4年後には50代以上が30%を占めます。今のうちに人口構成を正し、後輩世代に活躍の場を与えるなど新陳代謝を促いたい。

加えてこれまで長く年功的賃金が続いてきたことで50歳以上は非管理職でも賃金が高い。残業代込みで年収900万円を超える社員も多くいます。この状態を続けていけば会社の体力が耐えられなくなるという不安もあります」【引用元:BUSINESS INSIDER JAPAN

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

早めに動く準備をしておこう

とはいえ経営に参画しているわけではないですし、会社の方針には逆らうことはできないですよね。このような状況に置かれた場合に、会社にすがろうとするよりも早めに動ける体制を整えておくことが大事ではないでしょうか。とりあえずは退職金と失業保険で食いつなぐとして情報収入や手続き的なものは早めに準備できるはずですよね。

会社に残っているうちにそういう雰囲気になった、経営シフトに気付いたら早めに条件のいい早期退職制度に申し込む方がいいということです。また転職活動は早めに始めておいたほうがいいですよね。とはいえ50歳過ぎの転職はよっぽどの人脈か技術を持ち合わせていないと難しいと思います。

ゆっくりしていると他の会社も一斉にリストラ勢が市場に放たれるわけですから、益々競争が激化していくものと思われます。転職に関しては、国内企業だけではなく、外資や外国の勤務地も視野に入れておきたいです。今までに考えなかったような選択肢も入れていきましょう。外国企業の場合は技術やスキルなどが欲しい場合は年齢は関係なく取ってくれますからね。クビを切られるのも当然早いですが給料はいいはずです。または繋ぎでもフリーランスや起業ですよね。在宅起業でもコンサルタントは出来ますからね。そのための情報収集と準備は早めにしておきたいということです。

借金減額診断シミュレーターなるものは自分が債務整理を依頼してどの程度まで借金を圧縮できるか試算してくれるものです。これは便利ですし利用者としてはありがたいの...
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

借金減額は今のうちに

借金はマイホームなり車なりキャッシングなりで抱えていると思います。この状態で失業したら大変ですから会社に在籍している間に債務整理で借金減額をしておくのは有効な方法です。失業して無収入になった場合、これから就職する予定だと説明しても弁護士や司法書士は受任してもらえません。ですから収入が安定しているうちに借金を減額しておくということです。

債務整理は個人再生が最もお得で人気があり、借金の金利がゼロ+トータルで1/5に借金圧縮、住宅ローンも除外できます。個人再生は必ず弁護士化司法書士の先生にお願いするしかありませんのでお早めに当サイトでもご紹介していますので電話相談をしてみてはいかがでしょうか。

他に生活費も毎月の固定費などは極力削っていきたいものです。断捨離で不必要なものは思い切って処分して、車のない生活などにもチャレンジしてみましょう。できるだけ身軽になっておいて失業時のメンタルの重責を軽減しておいた方がいいということです。物はまた必要になれば収入が安定した時に買えばいいのです。私は自己破産経験者ですが車もスマホもない生活にもなれました。地方の一軒家に住んでいますので家賃もゼロです。固定費がかからないというのは精神的にフリーになるのです。

ビジネス資産構築が老後破綻を防ぐ

会社を上手く渡り歩いても60歳で定年になります。実際には60歳でリタイヤする人は少なく生活費も心許ないですから、結局老後も働くことになるのです。貯金がない人は尚更で、老後破産だけは避けなくてはいけませんよね。

老後破産にならないように仕事の給料以外の収入を増やしておかねばなりません。仕事でも不労所得や権利収入であるならば有効でしょう。とにかく本業以外の収入をコツコツ増やす方法を模索しておきましょう。FXや株やビットコインも投資としてキチンと取り組めるならば高リスクのトレードにもチャレンジしてみる価値はありそうです。その為のトレーニングや勉強は勿論欠かせないですし、時間がかかることは早めに取り組んで経験を積む必要があります。ちなみにこれらは年齢は全く関係がありませんし支障もありません。

50歳を過ぎてくればスキルや経験も積んでいるでしょうから、自分の付加価値を最大化するためにも今までやってきた職業にこだわるべきです。異業種算入になると給料が下がることは必至だからです。今までのノウハウや経験をお金に変えるにはどうしたらいいのか?労働対価という考え方に縛られずにもっと視野を広げて模索しましょう。人脈を生かせる人は人脈から攻めるのは効率がいいです、あなたという人物の素性を知っているからです。仕事を紹介して貰える人がいないか探してみましょう。

ネットでもクラウドファウンディングなど資金を集める方法が増えてきました。昔はVCに話を持っていき商談したものですが、今は一般人が出資してくれる時代です。あなたが長年やりたいことを温めてきたのであれば、今やるチャンスかも知れません。資金が集まればノーリスクです。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!