自己破産すると父親はクビになってしまいます

自己破産を悩む男性

気付くと大きな借金を抱えてしまっているお父さん。毎月の支払い金額が増えていきます。そんな時に頭をよぎるのは「自己破産」ですよね。そんな父を心配した結婚間近の娘さんの相談内容が気になりましたのでシェアしたいと思います。

今回は『自己破産すると父親はクビになってしまいます』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

発覚した父の借金

こういう父親の借金などは気付くと雪だるま式に大きくなっているもので、重要なイベントの時に「実は・・」と切り出されるケースがありますよね。このお父さんもかなり家族にや親類に頼りっきりのダメ親父のようです。自分の借金に娘の大事な結婚資金を出させるなんて、ちょっと普通ではないですよね。感じとしてはギャンブル癖があるのかなと思いました。借金の動機が書かれていないので気になりました。

父親の借金が発覚しました。
銀行に300万
他の銀行に30万
自分に50万
保険に150万
消費者金融に20万です。

母親はパートで月7万、父親は警備員で20万の収入です。両親とも50代半ばです。私は来年頭に結婚し、家を出てしまいます。
これから先どうしたらいいのか…

家のローンもあと1000万残っています。誰からも借りることはできず、自己破産すると父親はクビになってしまいます。ちなみに自分が貸した50万は結婚資金で、それがないと結婚できません。まずはどこから手をつければいいのでしょうか。【引用:教えてGoo

この段階では消費者金融の金額が少なくメインが銀行の借入ですから、金利は書かれていないのでなんとも言えませんが、債務整理の借金の減額ができれば何とかなるのかなと思っていました。

例えば個人再生であれば住宅ローンを除外して個人再生で1/5にすれば毎月の支払いはグッと楽になりますし、一応警備員で働いていて月収20万円(妻もパート)はあるということですから、個人再生の再生計画も通るのではないかと思います。娘さんの50万はほとんど諦めた方がいいかもしれませんよね。

自己破産をすると当然自宅も無くなりますから、賃貸住宅に移っても家賃がかかりますしそれプラス住宅ローンの残高もあるわけです。これはちょっと厳しいですよね。娘さんとしても何とか自宅は残してあげたいと思っているのではないでしょうか。

また自己破産になると警備員の職はクビになる可能性があります。

警備員の雇用契約書には「破産者」についての解雇要件は必ず書いてあります。

ところが話の方向性が180度変わってきましたよね・・・。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

深刻な借金で家族から見捨てられる

多重債務者が嘘をついて借金の金額を少なく言うことはよくあることですが、ちょっとびっくりするくらいの金額で自主再建は難しい展開になったようです。

事態はさらに深刻になりました。近くに住む母方の祖父母を呼び、父を問い詰めたところさらに消費者金融で借金が発覚しました。ローン(実際は500万でした)も含め、1400万になってました。

まだ父本人には伝えてませんが、祖父母・私・母本人も離婚を選択するつもりです。父には両親がいないので、代わりに父の姉、兄を呼び、プラス母・祖父母・私で30日に親族会議をすることにしました。それまで離婚に向けていろいろ調べる予定です。

持ち家(名義は父)は諦めました。土地がまだ祖父名義なのが、せめてもの救いでした。幸い父の兄は独身だし、母方の祖父母はお金持ちです。なんとか一人一人でやっていけるかもという状況です。楽観視はできませんが、電話に怯え、借金に追われる母をこれ以上見たくはないです。

父は2回目なのです。1度目は900万程祖父母が出してくれました。母のためならともかく、2度目はないでしょう。3度目がないとも限りません。母との結婚生活、父は金に関してウソだらけでした。援助ナシで自力で返させる。父の収入に頼って生活している現状で、これはむずかしそうです。父=母で苦しむのです・・やはり離婚しかないですよね?

月収20万の人が1400万を借り入れできるというのにまず驚きですが、金利だけで計算してももう支払える能力を完全に超えていますよね。以前も900万円を母方の祖父母が立替えていたということですが、今回はさすがに手が負えない状況でしょうね。

離婚を視野に家族会議をするということですが、それが一番の選択だと思いますよね。自宅は父親名義なので諦めるしかないでしょうけれども。離婚して父親は自己破産をして生活保護を受けるべきでしょう。自分ではどうにもできない借金の額です。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

家族の借金対策はお早めに

このように家族が放置していると知らないうちにドンドン借金を積み重ねていきますよね。借金癖のある人物がいたら家族の監視が必要ではないかと思います。今は消費者金融も総量規制で大きな金額を借りることはできませんが、銀行のキャッシングは上限なしで借りれますしそういった難民の受け皿にもなっており、審査が逆に緩くなっています。

まず家族に借金の救済を求めてきたら一度は見放さずに助けるべきですが、その前に徹底的に本人の借金を洗い出しましょう。できればその時点で弁護士や司法書士に介入してもらい、取引履歴から洗い出すことが重要です。しっかり隅々まで調べてくれますからね。

大きい金額になっていたら(200万以上が目安)債務整理にそのまま移行したほうがいいでしょう。債務整理をすると減額できますし利息もゼロになりますから、その時点で家族が立て替えることもできるわけです。返済をサポートする役割でもいいですよね。弁護士が窓口になりますから安心です。債務整理をすると6-7年はカードも作れなくなりますしローンも組めなくなります。本人の借金癖を直し現金主義に変えさせるにはいい期間だと思ってください。

債務整理の無料相談は全国対応ですから、当サイトからお気軽に弁護士か司法書士に電話相談の予約をしてください。評判の良い料金も安心できる専門家をご紹介しています。債務整理は自己破産の他にも任意整理もありますし個人再生もあります。その人の事情で提案していただけます。代理で相談をすることも加納ですが、本人の意志表示は必要ですから電話口にでも出て貰う必要があります。委任状のようなものを用意していると思います。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!