年収160万以下の生活は常に「老後破産」の危険と隣り合わせ!生活保護か自己破産か

老後破産を考えていない老夫婦

立命館大学・産業社会学部教授の唐鎌直義氏(社会保障論)が厚労省の国民生活基礎調査をもとに世帯構造別の貧困率を独自に試算したデータが注目を集めている。最低限の生活を送る境界線として生活保護受給者(東京都新宿区在住の単身者で1か月の受給額が13万3490円)と同程度の年収160万円を設定。それを下回る収入の高齢者を「貧困層」と位置付けた。

世帯数から貧困高齢者数を割り出すと、2009年の679万人から2014年には893万5000人と、5年間で約214万人も急増。およそ4人に1人が生活保護水準以下の収入で暮らす「下流老人」になっていることになる。

年収160万円以下での生活は、常に「老後破産」の危険と隣り合わせだ。ファイナンシャルプランナーの藤川太氏が指摘する。

「総務省の家計調査年報などによれば、65歳以上の2人世帯で必要な生活費は月額23万円。対して同世帯の平均収入は月額21万円ですが、実際は住民税などが引かれるため手取りで18万円程度。

平均収入世帯でさえ、すでに必要額に対して5万~6万円のマイナスになる。それでも平均程度の収入があれば、大病に見舞われるなどして大きな出費を強いられなければ最低1500万円の貯蓄で、65歳から90歳までの25年間、何とか過ごせます。しかし年収160万円世帯で同じ生活をしようとすると、最低でも3000万円程度の貯蓄が必要になる計算です」

唐鎌氏は「年収160万円程度の貧困高齢者は貯蓄も低い」と指摘しており、3000万円という数字はほとんどの人がクリアできない。昨年以降、高齢者の破産相談が増えていると話すのは、都内のNPO法人の代表だ。

「年間200万円に満たない年金収入で暮らしながら、いまだローン返済を抱えている高齢者は少なくありません。多くの場合、40歳前後で35年ローンを組んでしまった人たちで、“当時の景気の良さから業界の先行きを見誤った”と、悔やんでいます。

勤め先の業績が傾くと給与も退職金も激減。年金生活に入る前に、なけなしの退職金や貯蓄を全額充てても、ローンの完済には至らなかったようです」

ローン残高が一向に減らないので自宅を売却したが、それでも残債が1000万円近く残り、今度はローン返済と新しい住居の家賃の二重苦に襲われる。そんな悪循環に陥った高齢者が自己破産の相談にやってくるのだという。

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

「老後破産」「貧困高齢者」問題になってますね。

仕事を引退してから年金をもらうようになるまで結構な時間がありますよね。65歳定年制が一般的でしょうか、それから10年以上はアルバイトなりをしなくてはいけないかもしれません。その状態で住宅ローンを抱えている場合は、いくら貯金があっても目減りしてしまうことになるでしょう。地価も今後は下がると思われますし、売却しても新たな賃貸なり中古物件を購入しなければならないので生活コストも跳ね上がります。特に都会の物件を購入したらローンも長くなるのは必然でしょう。

75歳を超えると介護の問題も重くのしかかってきます。全介護ですと月20万~となり大きな出費になりますから、介護費用は十分に確保しておく必要があるからです。介護にかかる費用も大きく値上がりしています。高齢になって生活保護や自己破産をしないように、今からキャッシュフローの改善や何らかの対策を講じていく必要がありそうです。司法書士などに早めに相談しておけば、いざというときに安心です。今は、債務整理などは無料電話相談ができますので。

高齢者の自己破産で悩んでおられる方は多いですよね。どうせ死ぬのだから借金などどうでもいいと考えている場合もありますし、消費者金融も無職の高齢者に積極的に取り...

子供の世帯に世話になるのも大変でしょうね。よほど裕福でない限り、収入の伸び悩みや税金などでギリギリの生活を余儀なくされている家庭が多いからです。中流家庭が総じて所得が減って下流層に落ちている現状です。アベノミクスも結局は上場企業・公務員・生活保護しか恩恵はなかったということです。利益が下層に流れるトリクルダウンは循環せずにこのまま失速しそうですよね。

余力があるうちに地方に移転してみるのもいいかもしれません。私は北東北の青森に住んでいますが、中古物件なら1千万以内でも良いのが買えますし、介護施設は豊富ですし、ちょっと寒いのが難点ですが、高齢者の環境は都会よりも整っていると思います。水や空気も食材も安全ですから健康にもいいでしょう。西の方でもリタイア後の移住をサポートしてくれるところもたくさんあります。助成金などでお金や土地をくれる所もあります。一昔までは自分の故郷で骨をうずめたい願望が一般的にはあったと思いますが、今は生活コストを下げて暮らしやすい住環境であれば場所を問わない傾向にあります。でも海外は止めた方がいいですよね。

あとは保険なども終身払いのものは危険ですので金融商品型の積立投資に切り替える必要も出てくるでしょう。ギャンブルにならない程度に投資の勉強をしながら、蓄えを増やす知恵も身につけていきたいところです。

人間人生の歯車がふとしたきっかけで狂ってしまうことがありますよね。どんなに順調と思える人生でも分岐点になる事件は、あなたの身にもある日突然起こるのです。以下...

年金も益々下がっていきますし、受給年齢も引き上がっていくことでしょう。生活保護もより厳格になると思います。国に頼れない時代がすぐやってきますので、自分で何とかしなくてはいけませんから、今から生活改善の為に一歩踏み出しましょう。私の親も私も別居ですが、もう生前整理を始めています。無駄な物を捨ててシンプルに生きることで、効率よく生活できるスタイルが身に付きます。断捨離など入らない物を捨てて必要な物を厳選していくことも大事なことだと思います。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!