特定調停で取り立て回避!利息だけでも支払っている形であれば一括請求はできない

特定調停

多重債務の取り立てはきついですよね、繰り返されると精神的にきます。

多重債務で返済が厳しい人はとりあえず利息だけでも支払うことをおすすめします。
利息が支払われて入れば一括請求はできないからです。

遅れてでも支払っていれば大丈夫です。
そういう判決が過去に出ていますから。
相手が裁判を起こしますと言ってきた場合はすぐに一ヶ月分だけ入れるだけでいい。
あとはそれを繰り返しましょう。

法的に取り立てを一時的にでも即時に一斉に止める方法は次の特定調停を選択しましょう。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

特定調停という選択肢

特定調停というのをご存知でしょうか?
定債務者の経済的再生をするために特定債務者及びその債権者その他の利害関係人の間における利害関係の調整に係る民事調停のことをいいます。
毎月の返済を少し減らして欲しいなど要望を伝え話し合います。

特定債務者の定義

【個人の場合】
近々支払期日が来る借金を契約どおり支払っていては、最低限度の生活費にすら事欠くとか、運転資金が不足してしまうおそれが強い者。

【法人の場合】
債務超過に陥るおそれのある法人。

特定調停の方法

各地にある家庭裁判所にまず電話をして説明会に出席しましょう。
そこで書類などを渡されると思いますので記入して提出します。
法人や資産がある方などは弁護士事務所に相談された方がいいかもしれません。

個人的には以下自己破産をおすすめします。
生活や事業を立て直すには自己破産が一番の近道である場合が多いからです。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

自己破産など

借金が数百万円以上で新規借り入れも難しく生活費にも困窮している状況であれば、
即時に自己破産をおすすめします。
利息が払えなくなりますと残金が雪だるま式に増えていき取り立ても厳しくなります。
白旗を揚げて自己破産して一からやる直すのが賢明です。

今の自分の現状を認識して、もどうしようもないと判断したら行動に移すべきです。
自己破産はそんなに難しい手続きではありません。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!