借金総額を調べる方法?証拠をつかみたい

借金総額を問い詰める女性

多重債務者の言う「借金はこれだけ」は信用出来ないですよね。借金そのものに罪悪感があるのでしょうか過少申告してしまいがちです。周りにいる身内はそうやって誤魔化している裏で多額の借金が雪だるま式に増えてしまうのを恐れているのです。とはいえ他人の借金残高を勝手に調べることはできるのでしょうか?

今回は『借金総額を調べる方法?証拠をつかみたい』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

夫の現在の借金がいくらあるのか?

親戚の夫婦が夫の借金が原因で離婚寸前にきています。その夫は以前からカードローンの借金があり、一時は返済したようですが、また、最近になって借金が発覚しました。何度も借金を繰り返す夫に妻はもう愛想が尽きたようです。

妻の方から私に相談をもちかけられたのですが、夫に現在の借金がいくらあるのか問いただしても、発覚した金額だけだと言っているようです。しかし、妻は他にもあるのではないかと疑っているようです。夫にいくら借金があるのか本人が言うことだけではとても信用できず、何か証拠としてハッキリと借金の合計なり、どこにどれだけあるのかを確認したいそうです。これも個人情報でしょうから、なかなか調べることは難しいとは思いますが、何か方法があれば教えていただけないでしょうか?【引用:教えてGoo

借金の発覚でまず怒られますよね、次に借金の金額の大きさで怒られるのを分かっていますので、発覚している金額以外の借金は白状しません。カードを取り上げられてしまうので他の発覚していないカードは死守したいのでしょう。まるで子供ですよね。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

KSC、CIC、JICCで情報開示

さて夫の借金残高は信用情報機関で調べることが出来ます。消費者金融や銀行などで借り入れをするとこういった情報機関にデータが残るようになっています。情報期間は3つあります。KSC、CIC、JICCですね。こちらの口コミなどを参考にしてください。闇金や個人間の借金は調べようがありません。


CIC・JICC・KSC信用情報の開示結果と対策」の事例

現在はCIC・JICC・全銀協の3つの機関の情報をメインに確認するとよいでしょう。情報は直接窓口・郵送・ネットに対応していますし誰でも開示することが可能です…

JICCなどは手数料1000円ほどでインターネット・郵送・窓口などで対応しています。1週間~10日ほどで開示結果が届くことになります。CICはネットで1000円を払えばその場で確認ができます。

必要書類は運転免許証や保険証、マイナンバーカード、パスポートなどが有効です。ここではやはり本人に黙って請求することはやめましょう。本人の了承をとってあなたが手続きを代行する分には問題はないと思います。

信用情報機関で取り寄せるといえば本人は諦めて全て話すかもしれませんよね。借金の全容を知ることも大事ですが、本人がなぜ全て話さないのか理由も考える必要があります。夫婦の関係であれば深く追求することで離婚にも発展してしまいますからね。枠が大きくないのであれば逃げ場の隠しカード1枚は黙って持たせてあげるのもいいかもしれません。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

全ての取引履歴を取り寄せる

借金の総額はともかくどこから借金を借りているのかが明らかになっているのであれば、消費者金融に連絡やネットで申請すれば今までの取引履歴は郵送してもらえます。無料のところもあれば数百円取るところも。大体2週間あれば揃うと思います。

取引履歴を見れば金利も明らかになりますし支払状況もわかりますよね。本当に大きい金額であればもう弁護士や司法書士にお願いしたほうがいい気がしますよね。弁護士などは取引履歴から再計算をして過払い金の有無なども検討します。その後に債務整理の流れですよね。

ただ債務整理をするとカード類は一切使うことが出来ませんしローンも組むことができなくなります。信用情報のブラックの喪が明けるのに6年ほど掛かると言われています。これも本人が借金は全部精算して一からやり直したい、債務整理を希望しているのであれば、あなたがサポートして債務整理の段取りを組んであげるのもいいかもしれません。自分で腰を上げるのも億劫な人はいますからね。本人の気が変わらないうちにチャッチャと弁護士に無料相談してしまいましょう。本人の了承を取って弁護士さんの了承があればあなたが相談することが可能です。

当サイトでは評判のいい弁護士や司法書士をご紹介していますので、まず全国可無料電話相談をしてみましょう。金額や収入によって任意整理・個人再生・自己破産などをアドバイスしていただけます。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!