自己破産した私があなたに司法書士で個人再生をすすめる5つの理由!

司法書士を勧める理由

私は過去に自己破産しましたが、その選択は今でも間違ってはいなかったと思っています。一方でこのサイトでは債務整理はまず個人再生をおすすめしています。

個人再生は自己破産を回避したい人にとっては最適な債務整理です。住宅ローンも除外でき減額も1/5とメリットは大きいですよね。ご存じない方は当サイトで少し予備知識を入れていただき司法書士さんに無料相談いただければと思います。

今回は『自己破産した私が多重債務者のあなたに個人再生をすすめる理由!』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

①減額幅が一番大きい!

借金が1/5に減額できます。金額が数千万の人はそれ以上の減額も可能。とにかく元本がざっくり減るということは負担が軽くなるわけです。さらに利息も全部カットになります。債務整理では自己破産以外では個人再生が最も減額幅が大きいのです
減額幅で歓喜

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

②住宅ローンを除外できる!

住宅ローン特例でローンだけ除外して債務整理をすることができます。住居用に限られますし面積なども制限がありますが。住宅は手放したくないという方に最適の制度です。
住宅ローンを除外

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

③裁判所を経由するから安心!

個人再生手続きは裁判所を経由しますので手続きは何かと面倒で期間は要するのですが、業者とゴネることも少ないですし再生計画案が通れば問題はないわけです。裁判所が介入することは法的な拘束力も強いので安心です
裁判所を経由

④給料が安くても問題ない!

減額幅が大きいということは、毎月の支払金額も抑えることが出来ますよね。減額後は大体3年で完済する計画になると思いますが、そうなると給料が安くてもなんとかなる場合が多いです。1/5に減額されても支払いが出来ないという方は、個人再生をする前に自己破産を勧められると思います。
給料が安い

⑤司法書士+個人再生がリーズナブル!

個人再生を申し込むのであれば弁護士ではなく司法書士をおすすめしています。料金が安いからですね。司法書士+個人再生が最もリーズナブルな選択です。裁判になったりすることも稀でしょうし司法書士の先生に任せましょう。勿論、弁護士に依頼して裁判などもお願いする選択もあります。
司法書士と個人再生
デメリットとしては任意整理と比べて報酬が高いというのと期間がかかるということでしょうか。それを考えてもメリットとしては十分であり多重債務者の再スタートには最適の債務整理であると私は断言できます。私も自己破産当時は個人再生というのは知りませんでしたが自己破産したくない人には個人再生しか無ないでしょうね。

下記に個人再生ウェルカムの司法書士事務所と弁護士事務所をご紹介しておりますので、無料電話相談の予約をフォームからどうぞ。相談という形で一度お話だけでも聞いてみるのもいいと思いますよ。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!