「自己破産」に関する記事をまとめました

自己破産特集トップ

「自己破産」に関する記事をまとめました。私も元自己破産経験者ですが借金がゼロになるという開放感は捨てがたいものがあります。多重債務者で督促の嵐でしたので、事業を畳んですぐに復帰できる状態ではなく、そのまま借金を抱えていたら空白の10年になっていたかもしれません。

不動産などの資産が無い人で会社が潰れたとか会社をクビになった方は自己破産をして再スタートをおすすめします。返せる見込みがないのであれば早々に白旗を上げる方がいいのです。

自己破産」とは?
すべての借金を支払う義務がなくなります、しかし20万を超える財産は処分。継続して借金を支払うことができない状態「支払不能」にあることを裁判所に認めてもらい、高価な財産があればそれを処分する替わりに借金の支払義務を免れる制度です。「免責手続」はこの自己破産の手続きと同時に残った借金の支払いを免除してもらう手続きです。

【自己破産を利用できる方】
1.支払不能であると認められる方
2.過去7年以内に免責を受けたことがない方

現在価格が20万円を超える財産(現金は99万円を超える金額)は原則としてすべて処分されます。但し20万円を超える財産でも生活に必要な財産については維持することが可能で生活に不可欠な財産(家具等)は原則として処分されません。資格が制限される職業について。弁護士、税理士等の士業、宅地建物取引主任者、生命保険募集人、旅行業務取扱管理者、警備員等になります。※免責後に制限は解除されます。しかし会社によっては解雇される場合もあります。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

「自己破産」に関する記事まとめ


自己破産後に職業や生活はどのように変わったのでしょうか?自己破産をした事実等は官報以外ではなかなか知るよしもありませんが、イメージ的に自己破産について未だ間違った認識を持っている人は多いです。



サラリーマンの自己破産は会社にバレたらどうなるか?ですとか特に上場企業や公務員の場合の影響について知りたい人が多いようです。会社や業種によって自己破産の影響度合いは違うと思うのですが、やはり会社の出世に影響したり退職に追い込まれるのは本意ではありませんよね。



親と同居している場合の債務整理でネックになるのが親の銀行口座の問題ですよね。個人再生や自己破産などは同居人の収入も審査対象になります。ここで断念してしまう人も多いわけですが、家族にも債務整理を説明して理解してもらうことが大事ですよね。



資産が無い人ほど早めに自己破産をした方がいいです。自己破産のデメリットが不動産や現金99万円以上が没収されてしまうことです。この点を考えれば若くして貧乏のうちに自己破産をしておけば、何のリスクもないということになります。



自己破産の申立をして開始手続きになれば業者は法的には一切債務者に関与できなくなります。ですから弁護士さんが手続きに時間がかかる場合は、嫌がらせや駆け込みで訴訟で給料差押えをしてくるところがあるということです。それでも弁護士に任せていれば安心です!ですが家族にバレますよね。



高齢者の自己破産は増えていますよね。そのまま死ぬまで逃げ切ろうと考えている人も多いのですが、子供や孫に負の遺産を残してしまうことにもなりかねません。100万程度の自己破産でも高齢者の場合は認められるケースが多くなっています。



課金ゲームもつい無駄使いしてしまいますよね。気付くと恐ろしい金額を使っていたりします。こういうオンラインゲームで自己破産してしまう人は急増しています。課金をしている人がお金持ちとは限らず、借金で課金している人は多いからです。キチンと収入が安定している会社に勤めているとか貯金があれば問題ないのですが。



ギャンブルも破産原因としては多いですよね。競馬などでも大金を賭けてしまう人がいます。一発逆転をねらってのものでしょうが、なかなか素人ではギャンブルで勝ち続けることは難しいのです。株やFXなどはギャンブルと言う人はいますが投機の世界ではキチンと勉強して経験を積めば利益を出すことは可能です。



不動産ビジネスは金額が億単位になることも多く、騙されると取り返しの付かないことになりますよね。自己破産は不動産は取られてしまいますから、自己破産は最終的な決断になるかと思います。今回のシェアハウス投資などは情報を追いつつ刑事や民事で争うことを並行して行いながら、支払いをどうするのか最善策を考えていただければと思います。



自己破産をすると信用情報がブラックになりますよね。となると住宅ローンはいつ通るようになるのだろうか?と心配になります。「フラット35」がおすすめであるのと、実際に審査が通った体験談など動画を交えてケースを解説しています。



自己破産はなるべく避けたいという方は個人再生や任意整理での債務整理を検討する必要がありますよね。その場合に必要なのが安定した収入です。ですから働きながら返せる金額まで圧縮させる必要があります。



マルチビジネスや情報商材も最近の仮想通貨ブームでICOなどで騙すケースも多くなってきましたが、昔からある「簡単に儲かるビジネス」でツールや受講料で騙し取る手口も依然として規制もなく多いですよね。騙されないためのチェックポイントをまとめています。



奨学金の問題も社会問題にもなっていますよね。奨学金は保証人が付くので両方共に自己破産をしなければ逃げられません。ギリギリの所まで返済猶予で返済を待ってもらうことができますが、いずれにせよ長期返済か自己か破産の選択は難しいものと思いますよね。



い奨学金で母ともども自己破産の保育士のケースです。奨学金を払い続けることができる職を選ばないとワープアから抜け出せなくなってしまいますよね。保育士の待遇は良くなっているとはいえまだまだ給料含め職場環境は良くないです。



借金漬けの父親が最後は家族から見捨てられてしまうというリアルなお話です。家族の1人でもこういう人がいれば人生を狂わされてしまいますからね。思い切った決断が必要になる場合もあるということです。甘える存在がいるから父親も変わらないのだと思います。



ニコ生配信者の横山緑が商品についてボロクソ言ったことについて会社から損害賠償訴訟を起こされました。その損害賠償は自己破産で逃げることができるのかというお話です。彼は損害賠償分は支払うことができると思いますが、配信者もリスクが高くなってきましたよね。



借金をダラダラ抱えていると、いつまでも貯金はできないですし完済すらも危うくなりますよね。リボ払いなど利息だけ払っていると完済まで10年かかったり。そういう意味では給料の少ない底辺層は早めに自己破産をして再スタートを切った方が早いということです。



自分では自己破産以外の債務整理を希望していても、収入が少ないとか失業中の場合は弁護士は自己破産を勧める場合があります。弁護士に対しても着手金を支払わねばなりませんので分割払いなどで対応してもらうなり何とか自己破産以外でできる債務整理を検討してもらいましょう。



働き盛りの中年や退職したシニアの自己破産が増えていますよね。銀行カードローンは枠の上限を設定していないものもあり、借りることができる金額も大きくなる傾向にあります。こういう場合は個人再生手続きが大きく減額できますので有利です。



交通事故の賠償は免責可能なのでしょうか?悪質な重過失は免責にならないそうですが、法律的なボーダーラインについて解説しています。



お金を借りてすぐの自己破産は詐欺の疑いがかかる場合もあります。弁護士にアドバイスをもらうといいですが、3ヶ月位はキチンと支払いをした実績が欲しいですよね。自己破産を申請しても免責にならなければ意味がないですからね。



プロスポーツ選手は引退後、自己破産の理由について書いています。私生活が派手ですから引退しても生活の質はなかなか下げられませんよね。普通の人が一生遊んで暮らせる金額でもスポーツ選手は平気で自己破産をしてしまいます。



自己破産した有名人を紹介すると共に、なぜ自己破産に至ったのか原因なども調べています。ビジネスに関しては素人ですから詐欺師が多く集まってきますよね。それを見抜ける経験はないのですぐに騙されてしまいます。不動産バブルで大きな借金を作った芸能人も多いです。


審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

「自己破産」の体験談まとめ

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

「自己破産」のコラム

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!