「個人再生」に関する記事をまとめました

個人再生特集トップ

債務整理で最も減額幅が大きいのがこの個人再生手続きです。借金が1/5で利息がゼロになるのですから当然人気ですよね。ただ手続きが煩雑なので司法書士が必須なのと期間が長めです。それでも個人再生をするメリットは大きいと思います。

個人再生を申し込む上で障害になることもあります。安定した収入が欲しいですし、家族と同居している場合は家族の預金通帳のコピーの提出があります。様々な問題をクリアして個人再生を勝ち取り借金を完済して自由になりましょう。

今回は『「個人再生」に関する記事をまとめました』。

個人再生」とは?
借金の額が多すぎて任意整理では返済しきれないが、自己破産は避けたい、マイホームを手放したくないという場合にとる手続きです。「個人再生」は「民事再生」(民事再生法内の個人再生手続き)とも言われます。住宅ローン以外の借金を大幅に減額することができます(住宅ローンは一切減額なし) 借金の減額幅は最低弁済基準額で決められており最大で80~90%減らすことが出来ます、返済期間は3年です。

【民事再生を利用できる人の条件】
1.借金の総額が5,000万円以下の方(住宅ローンを除く)
2.返済不能となるおそれがある方
3.継続して収入を得る見込みがある方

安定した収入がなければ利用できない為、専業主婦などは難しいですが、無職や失業中の方は個人再生を利用できる場合があります。デメリットとしては信用情報機関に個人再生をしたことが登録されますので、5~10年間程度は新たに借金やローンが組めなくなります。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

「個人再生」に関する記事まとめ

憧れのマイホームを手に入れるのは人生の目標でもありますよね。ですが同時に長期にわたる住宅ローンを抱えることをそれは意味します。長い返済期間で仮にあなたの年収...

住宅ローンを長期延滞した時に他の借金が大きな負担となっている場合には、住宅ローン特例を使って個人再生する方法がお得です。住宅ローンは滞納すると任意売却など売られてしまいますので滞納を長引かせる前に個人再生の相談を司法書士の先生にしたほうがいいですよね


自己破産の場合は自宅がある人は資産を取られてしまうのがネックですよね。せっかくローンを払い続けていたわけですから没収され競売で二束三文で売り叩かれても困るわ...

自宅をお持ちの方はどうしても自己破産だけは避けたいと思うでしょう。自宅を手放さない方法は個人再生しかありません。せっかく買ったマイホームを没収され失意のドン底で自己破産をするしか選択肢がなかったのですから。ドンドンこういう国の制度は利用すべきですよね。


個人再生をすると借金は大きく減額されます。残債が1/5(最大でも100万)まで圧縮できますよね。これは個人再生の大きなメリットですが、ただネックとなるのが信用情報...

個人再生をすれば信用情報がブラックになります。その情報がクリアになるまでが5年と言われていますが、情報を書き換えずに残したり信用情報はチェックしそれを削除してもらうために業者に連絡しないとなりません。こういうもの弁護士や司法書士に任せておけば安心ですよね。


借金の総額が1/5になる個人再生手続き。債務整理でも一番初めにこの個人再生を検討したいですよね。持ち家があるので自己破産はできないが・・という人や借入金額が大き...

個人再生の細かい気になるポイントをまとめています。派遣でも個人再生できるの?ペアローンを組んでいるのだけれども?など気になる質問について経験者が返答しています。手続き上の不安などもありますよね。個人再生Q&Aのまとめです。


今回は年収が高い借金サラリーマンほど債務整理を今スグやった方がいい理由についてまとめてみたいと思います。まず債務整理は借金を圧縮して3-5年で返済することを目的...

年収が高い借金サラリーマンほど借入残高が高い傾向にあります。特に最近は銀行ローンなど青天井の商品もありますからね。そこで個人再生を適用すると数千万の借金になれば1/5以上の減額も期待できます。収入がある方はまず個人再生を検討するべきですね。


住宅ローンを抱えた状態で会社を退職、その後転職先がなかなか決まらず失業保険が切れ貯金も底をつく。結果住宅ローンの支払いができなくなるというケース多いと思いま...

アルバイトや派遣でも個人再生はできるわけです。失業中の方が住宅ローン滞納で困っていると仮定すれば、繋ぎでもアルバイトをして収入を確保できれば、その実績でも個人再生を受ける資格があります。ただ毎月の借金の返済額がアルバイトの給料ではとても足りないような状況ですとマズイですよね。


今の仕事だけでは借金を返済できなくなり、副業やダブルワークをしているという人は多いですよね。日本経済全体を見てもデフレは脱却したものの中小企業の給料について...

個人再生をすれば毎月の返済額はかなり減ると思うのですが、再生計画で定めた3年で返せば利息もゼロですから前倒しで返済する必要もないわけです。ですから計画的に定額を返済すればいいのですが、貯金も同時にしていきたいですよね。


債務整理(個人再生)の和解後、支払中にさらにクレジットカードで借金をしてしまう人いますよね。今回の例は自分が個人再生中に専業主婦の妻のクレカで借金を重ねてし...

個人再生の手続きに成功したはいいですが、その後の支払いを滞納してしまっては元も子もないですよね。自分のカードはもう使えませんから、妻のカードを使って新たな借金を作ってしまい、その借金も支払い不能になるケースです。せっかく個人再生に成功しても自己破産することになってしまいますので注意が必要です。


キャッシング、ショッピングローン、リボ払いなど借金が増えたときに困るのはこの”利息”ですよね。延滞しても利息が付き雪だるま式に膨らんでいくのです。奨学金も利息...

債務整理は基本的に利息がゼロになりますから完済は急がなくても大丈夫です。借金を減額できたらストイックに生活するだけでなく生活も楽しめるようにお金を有意義に使いたいものですよね。個人再生後の開放感で浪費してはいけませんが。


審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

「個人再生」の体験談まとめ

債務整理はまず個人再生で弁護士や司法書士にご相談ください、あなたの借金減額に最も効果のある方法です。派遣やアルバイトでも収入が安定していれば毎月の支払いが難しい状況でなければ全く問題ありません。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!