「滞納・督促・差押え」に関する記事まとめ!

滞納・督促・差押え特集トップ

滞納・督促・差押え」に関する記事をまとめました。借金という現実から逃避する人は多く、気付いたら裁判所から通達が来て逃げられなくなるケースもあります。一番ベストなのが債権者とキチンと向き合って返済に向けた話し合いを密にすることですが、現実問題として払えないものは約束もできないですし困ってしまいますよね。

キャッシングやローン、また奨学金や税金も一定期間における猶予制度がありますからキチンと手続きしておくということが大事です。また裁判になる前に早めに弁護士や司法書士に相談し債務整理などで対策をしておくことで、ストレスになるような督促からは開放されますよね。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

「滞納・督促・差押え」の記事まとめ


来月のクレカ代が支払えないと分かると金策に追われますよね。会社員なり派遣なりの給料で賄えないのであれば、他の仕事をするかものを売るか、債務整理をするかの選択しか無いのではないでしょうか。現実的にお金になる方法を様々な意見から考察しています。



裁判所から給料差し押さえ予告がきたらすぐに弁護士や司法書士に相談しましょう。最近は給料ではなく銀行口座のお金を差し押さえるケースが多いのです。給料ですと差押えできるのは一部ですが銀行口座は際限がありません。貯金は全部持っていかれてしまいますよ?



家賃滞納は追い出されるリスクがあるので怖いですよね。最近は2ヶ月滞納で荷物を出され鍵を換えられるケースも少なくなりましたが。保証会社が入るケースも多くなりましたので滞納も補填はされますが追い出されることには違いはありません。退出後の支払いも厳しくなりましたよね。



若い人の借金で一番多い、かつ負担が大きくなっているのがスマホなどの通信費ですよね。端末をローンで買うケースが多いので、滞納するとクレジット側の信用情報に傷が付き、ローンやカードが作れなくなる場合がありますので注意が必要です。



借金を長期滞納してしまった方は時効援用したほうが確実ですよね。年数が経っていても時効援用しないといつまでも借金が残っている状態になり、永遠に信用情報がブラックのままです。



税金を滞納すると延滞税が大変なことになります。最近は延滞税10%以下に修正されましたが、以前は14.6%ありましたからね。3年も放置するとエライことになりました。税金も踏み倒せることは可能ですが時効の前は要注意です。



税金の延滞も怖いですよね。大体、時効になる直前に役所などが差押えをしてきます。裁判所を経由しないので差押えまでのスピードは早いです。役所や税務署などは定額の分割で対応して連絡は密にしておくことですよね。



今月の借金返済から逃れる方法は債務整理で弁護士に委任することですよね。そうすれば窓口になってもらえますし、借金減額もできます。任意整理でも個人再生でも時間がかかりますので、時間稼ぎになりますよね、和解するまでは支払う必要がありませんから。



今月支払うことができなければ早々に弁護士や司法書士に相談し、その時点で今月の支払はスルーしましょう。督促の電話も弁護士に行きますし問題ありません。電話が来たら「債務整理の相談をしていますので」でOKです。



奨学金月々1万6000円、20年、この期間の長さですよね苦痛は。支払うことができる範囲なのですが、支払うと確実にワープアになるのであって、生活保護を受ける状態でもなく仕事もしている人がほとんどですからね。奨学金は結婚やマイホームの障害になりえますよね。



住宅ローンの滞納は住宅を取られてしまうというリスクがありますよね。任意売却や競売で二束三文で買い叩かれます。住宅を守るためには個人再生で住宅ローン特例を使いましょう。住宅ローンを除外して債務整理できます。



奨学金は隠す必要はありませんよね。ただキャッシングは別です。まずキャッシングの借金は高利でしょうから、先に片付けたほうがいいかもしれませんね。奨学金が大きくとキャッシングもあるならば保証人の親と相談して一緒に自己破産でも私はいいと思います。



奨学金がまず返せなくなったら、猶予制度を利用することです。病気や失業いろいろな理由があると思いますが、返済期間が20年はザラですから、それだけ長期の返済では一時的な救済制度が必ずあるということです。年金もありますよね。



奨学金を前倒しで返済する人も少ないですが、金利は低めですから敢えて早く返済する必要はないのですが、長期の借金はどうしても苦痛になりがちです。住宅ローンは住宅に住んでこそ毎月返済できるモチベーションがあるのですからね。そう考えると自己破産がベストですかね。



奨学金は保証人が親のケースがほとんどですから、子供が返済できなければ親子で共倒れになるのはしょうがないですよね。奨学金を借りたら給料が高い会社に勤めないと、保育士や介護、底辺職ではなかなか重荷になります。



U-NEXT光を滞納し裁判寸前までいった七原くんの動画です。このケースでは残金が少額であったため裁判にはならないと思いますが、裁判になった場合は延滞金やら余計なものまで請求されるハメになります。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

「滞納・督促・差押え」の体験談まとめ

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!