親の借金をあなたが返済せずに解決する方法!

借金のある親

今は若い人はお金を使わなくなっています。車も家も自分が負担になるようなローンは組みません。支払いがプレッシャーであり面倒だからです。

一方で親世代は浪費型の人が依然多いですよね。欲望を満たすためにお金を使い、今以上に働けばいいやと楽観主義のところがあるのでしょう。バイタリティもあるし健全ではあるのですが、これが会社をクビになったり病気になったり、鬱になったり、ギャンブルにハマってしまい借金漬けになったらどうでしょうか?今以上にに働いて返済する意志も弱くなっているでしょう。

そういうツケが実は子供に来る場合が多いということです。ダメ親でもなんとかしてやろうと考えるのが普通の子供的視点です。見放すのは簡単ですが本人がどうしようもない状態で見放してもホームレスや生活保護で最底辺で生きる親というのも見たくありませんよね。ですから突き放す前に自分が何とかできないのか?というテーマで考察してみます。あくまで自分が借金を肩代わりすることはしないで救済するという主眼です。

今回は『親の借金をあなたが返済せずに解決する方法!』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

本人に任せても借金は解決しない

よくあるのが父親の多額の借金が発覚したと。それで緊急の家族会議ですよ。お母さんや兄弟が父親を責め立てます。『もっと他に借金があるだろう?』『どうやって返すの?

父親は一旦は反省するそぶりでも、何とか家族や親戚から借りれないかとお金の無心に走ります。ですが親戚から借りたお金の返済がまだ残っています。当然家族は激怒ですよね。ここで最終的な結論、父親と離婚して見捨てるか?という選択です。

こういう場合は本人にまたお金を貸してもまた借金を増やす結果になりますし、今ある借金も減らないと思います。男は年をとると稼ぎが薄い人ほど苦しくなっていきます。決して親の借金を肩代わりしてはいけません。エスカレートしていきますから。人間は甘える存在がいるほど頼る傾向にあります。

でも親の借金を何とかしてあげたいのですから、あなたが解決に導いてあげましょう。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

取引履歴で借金の内容をすべて明らかに

親の借金の金額が本当かどうか家族も知らないはずです。裏でヤミ金から借りているかもしれません。こういう場合は弁護士か司法書士にすぐ相談することで、取引履歴を取り寄せて借金の中身を明らかにすることができます。リボ払いなのかローンなのか、借りてきた業者や期間、利息など全部わかります。ごまかすこともできませんし、現実から逃げることもできませんよね。

そして引き直し計算をして弁護士報酬などを加味してどのくらい借金が減るのか試算してもらいましょう。それによって債務整理の任意整理・個人再生・自己破産、どれが最適か判断してもらうことになります。自己破産をしたくない人は個人再生で1/5に圧縮し利息をゼロにしてもらうのがベストです。住宅ローンを除外できますからね。親にきちんと定収入があるというのが前提ですが。収入がない場合は自己破産一択です。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

債務整理のメリット

債務整理で仮に個人再生で司法書士にお願いしたとします。支払期間が3年-5年。借金は1/5に圧縮されだいぶ毎月の返済額は減っていると思います。ここで浮いたお金を使わせないようにしっかり管理することです。完済するまでしっかり生活を引き締めることが大切です。

債務整理をすると信用がブラックになりますから、カードも更新時には利用停止になりますし(※破棄してくださいといわれる)新たなカードも作れませんしローンも組めないことになるでしょう。これらが5-6年後に再び信用状況はクリアされますので安心してください。

こうして債務整理でキッパリと借金体質から脱却させることに意味があるのです。借りることもカードを作ることもできなくなるので現金主義で堅実に生活するしかありません。カードはデビットカードを使えば問題ないです。

債務整理の相談は家族でも可能

債務整理の相談をしなさいと本人に言っても面倒でやりませんから、あなたが代わりに相談をするといいでしょう。本人の意思確認は必要ですから司法書士に電話の際は本人に一度出てもらい意志確認後に家族が代理で相談をするといいでしょう。受任の段階では委任状のようなものが必要だと思いますが。

一度受任してもらえれば司法書士に窓口になってもらえますから、必要な書類を出せば後はほとんどやることはありません。途中経過を確認するくらいでしょうか。個人再生では裁判所で再生計画が認められる数ヶ月、任意整理では業者と和解する数ヶ月は借金の支払いは止まります。司法書士への着手金の分割のみになりますので、その間に生活を立直すといいでしょう。

司法書士も弁護士も最近は分割支払いで受任してもらうことが可能ですので、支払いについては相談して決めてください。本当にびた一文無いという方は法テラスの幇助制度を利用するやり方もありますので司法書士に相談してください。

当サイトで評判の良い司法書士をご紹介していますので、そのまま電話のご相談予約をしていただければと思います。値段もリーズナブルで安心です。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!