【安全】国が認めた借金減額方法【ノーリスク】

国が認めた借金減額方法で喜ぶ

安全に借金を減額したい!皆さんそう思いますよね。どこに相談していいのか?弁護士は信用していいものか?色々不安があるものです。弱みにつけこんでくる悪い人間もいますからね。一番良くないのが自分がよくわからないままに、慌てて色々な方法を実行してしまうことです。

借金を返済したいという一心で、カードの現金化など犯罪行為をしてしまったり、どこも貸してくれないと闇金から借りてしまったりドン底にハマってしまう人もいます。借金減額方法の正しい理解と安全な方法を知ることで騙されずにボッタクリに合わずに済みます。

今回は『【安全】国が認めた借金減額方法【ノーリスク】』についてまとめたいと思います。

借金減額診断シミュレーターなるものは自分が債務整理を依頼してどの程度まで借金を圧縮できるか試算してくれるものです。これは便利ですし利用者としてはありがたいの...

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

完済する意思を示すために

安全しかもノーリスクで借金を減額する方法は『債務整理』しかありません。特に個人再生と自己破産は手続きで裁判所を経由しますから法的にも有効です。怪しい方法を試すよりも早めに債務整理の相談を弁護士か司法書士にするようにしましょう。

借金減額におけるリスクとは、借金の他に多額のお金を取られてしまうこと。あるいは借金減額が進まないまま放置されること。カードの現金化など犯罪に染まる。これは債務整理でも起こりうることですが、信頼できる専門家に任せておけばこのような問題はまず起きません。

おまとめローンなどもありますが、利息は少なくなるのですが残高が増えてしまうのです。これは抜本的な解決方法ではありません。おまとめローンにする場合は審査が厳しいですが利息は10%以下にするべきです。

借金を何ら減らそうともしないその態度で、家族から見放されたり、会社をクビになったりすることもあります。ですが弁護士に債務整理を依頼していれば、周りからの評価も変わってくると思います。借金に対して真摯に考えているかどうか「完済する意思表示」が重要なのです。国が認めた借金減額方法それが債務整理です。

今月の借金の返済はしない!多重債務者で路頭に迷っている方。直近の支払いが困難になり頭を抱えている方。心配はいりません、債務整理の電話相談をして「弁護士と相談...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

債務整理の超メリット!

債務整理は任意整理・個人再生・自己破産などがありますが、ご自分の借金の金額や利息、借りている金融機関、職業や収入など様々な状況から、弁護士などが適切なアドバイスをします。

債務整理の超メリット!をいくつか上げてみますと、

①個人再生は残高1/5に圧縮、利息はゼロ、大きな借金減額が見込める
②弁護士に任せれば窓口になってもらえるので、督促や書類・電話もこない
③弁護士受任から数ヶ月は支払いが止まる(再計算や和解や手続きのため)
④弁護士費用等は分割で可能
⑤全国で対応可能ですし、電話相談も無料
⑥書き換えが生じる信用情報なども対応してもらえる(要相談)
⑦支払い窓口を1つにできる(1件手数料千円かかる)
⑧お金がない人は法テラスの幇助制度を利用で月5千から1万(要相談)

借金問題を解決したいと思ってる方は、借金をとりあえず減額したいのか、完済したいのか、急場を凌ぐためにまとめたいのか、状況に応じた戦略を取る必要がありますよね...
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

債務整理は専門家に任せたほうがいい

私の場合は自己破産は自分で手続きをしましたが、自己破産の場合は免責が下りないと借金がチャラになりません。ですから自分でやった場合は免責のリスクが発生するのと、同時廃止でできればベストですが管財事件になると結局弁護士代20万を取られてしまいます。その判断は裁判官がします。はじめから弁護士に任せておけばこのようなリスクはないですよね。

一番は弁護士や司法書士に任せておけば裁判になっても(債務整理の段階で給料差押えてくる例も)任せられます。毎日仕事をしている人は平日時間が取れないでしょうし、仕事に専念してお金を溜めたほうが得策ですよね。

弁護士費用の問題は無料相談の時に相談してみてください。事務所によって見解や方針が異なりますがきっと力になってくれることでしょう。1箇所断られても諦めずに相談することです。

どうしても自己破産だけは避けたいと思っている人は多いと思います。私は自己破産経験者ですが資産がない独身は自己破産は何の障害もないのですが、家族がいたり住宅ロ...

躊躇なく債務整理で減額しよう

債務整理は何ら引け目を感じることはありません。社会的に悪でもありません。会社もクビになることもないのです。それよりも借金を放置または遅延してズルズル延滞金や利息を増やして、周りの人に迷惑をかけることこそ社会悪だと思うわけです。

滞納で督促の毎日だったり、借金や督促のストレスによって病気になったり、重圧で仕事が手につかなかったり、家族や恋人に迷惑をかけていたり、もうこういう状況になった時点で債務整理を選択して、カードを捨てて完済まで心を入れ替えてがんばっていくようにしてください。間違っても借金で自殺などを考えないようにしてください。自己破産で何度でも不死鳥のごとく生き返ることができます。ちなみにトランプ大統領は4回破産していますよね。ご存知の通り今は不動産王です。

債務整理は大体3年で支払い計画を立てます。減額すれば毎月の支払い金額はずっと楽になるでしょう。おすすめは減額幅が大きい個人再生です。住宅ローンも特例で守れますよ。無職であれば自己破産を選択しましょう。

当サイトでは評判の良い弁護士と司法書士をご紹介しています。そのまま無料相談受付ができますのでぜひご利用ください。

借金の総額が1/5になる個人再生手続き。債務整理でも一番初めにこの個人再生を検討したいですよね。持ち家があるので自己破産はできないが・・という人や借入金額が大き...

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!