【配信者の闇】こうや行方不明の原因はリスナーからの借金?【ふわっち】

こうや

露骨な投げ銭で底辺配信者が集まっている配信サイト「ふわっち」ここで活動している22歳の「こうや。」最近行方不明になり、自殺も囁かれているようです。

その原因はリスナーからの借金によるものであると周りの仲間配信者が口を揃えて話し始めていますよね。真相は分かりませんが一見華やかで儲かっているように見える配信業において、裏側のお金事情はどういうものだったのでしょうか?

【2018.7.8追記 電話は動画11分より】

こうやの彼女?カナという女性から実家で話を聞いたと金バエに電話がありました。こうやは精神病院に入院後に実家に一時帰宅、その時に自室で亡くなっていたと。死因は家族の意向で明らかにできないということですが、おそらく自殺ではないでしょうか。こうやの親族ともリアルで交友がある人物の登場でどこまで信憑性があるかは分かりませんがかなり具体的ですよね。彼女いわく遺品などが証拠としてあるということです。

【2018.7.10追記 こうやの彼女リカ(カナ)登場】

彼女リカ本人が顔出しをした途端になぜか配信をしたい!など売名行為のような流れになっていますよね。真実を明らかにしたいと金バエ・しんやっちょ・三杯目ヒカルに連絡をとったのが間違いで、彼らにネタとして利用されるばかりで、リスナーからのバッシングがさらに多くなってきた感じがします。

こうやが自殺をした理由』ここが皆知りたいところだと思いますが。『こうやドアノブで首吊り現場』の写真をカナが持っていて配信者に対して見せているということですが、さらに東京のマンション自宅で亡くなって損害賠償もある?信憑性に欠けるのでこれらの話しは深く追求しないでおきます。カナ自身もメンヘラ&拒食症?のような感じも受けますのであまり多方向から責めると第二の事件になってしまいますよね。

【2018.7.10追記 SY氏登場、実家の父親に確認】

SY氏が実家を訪ね直接こうやの父親に話しを聞いて事実確認を確認してきました。気になる死因については自殺ではなく『病死』であると。精神科に通っていましたので薬は飲んでいたと思いますが、オーバードーズで急性中毒あるいは薬の副作用ではないかということです。薬の副作用でかなり苦しんでいたという事実もあります。自殺に近いと表現していましたが本人が多量に飲んだことが死に繋がったのかもしれませんね。家族としては自殺ではないと信じたい部分が数%でもあるのでしょう、だから死因を公表したくないということだと思います。

今回は『【配信者の闇】こうや行方不明の原因はリスナーからの借金?【ふわっち】』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

ふわっちの投げ銭は月30万円

こうやのふわっちでの投げ銭は月30万円とも言われています。普通に考えたら30万円あれば生活は余裕でできますよね。ところが雑談系配信者によくある特徴としてフラフラ遊び歩いてホテル暮らしをしたり旅行に行ったり飲みに行ったり、とにかく生活が派手になりがちです。お金にはとてもルーズになります。

本人からすれば投げ銭ですから棚からぼた餅で働かないでも金が入ってくるといった感じでしょうか。遊びで使わなきゃ勿体無いと。あとは配信のネタに困り他の配信者とコラボしたり、外に出て迷惑行為をして注目を浴びる人間もいたり。とにかく配信=閲覧数、つまりは閲覧数=金になるわけです。

ですから月30万円あっても、毎日ホテルに泊まったり飲み歩いていれば当然お金は足りなくなります。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

リスナーとのお金の関係

配信で食べている人は、ニコニコ生放送であれば有料コミュニティだったり営業で稼いだり、ユーチューバーのように企業案件をしている善良な人々もいます。ただほとんどの配信者はふわっちなどの投げ銭に頼っているのが現状です。

その投げ銭の中でも一部に大金を投げてくれる、サポートしてくれる太い客がいるわけです。配信者に気に入られたい、配信者と付き合いたい、配信者を助けたい、という気持ちからサポートするわけですが、こういう一方的にお金を投げてくれる関係もなかなかそう続きません。他にも魅力的な配信者はいっぱいいますからね。地下アイドルの裏稼業と同じようなものです。

ですからネットホストやネットキャバクラ化して、中には肉体関係もあったりするんでしょうが、その関係性でもトラブルが非常に多いですよね。その中でリスナーがこうやにお金を貸すという行為が普通にあったわけです。こういうケースは配信者はお金を実質もらったと思っていて基本返すつもりはありません。これが私怨を募らせて、かつてはファンだったリスナーが強力なアンチとして台頭してくるのです。

その結果、配信の中でも「お金を返せ」というフレーズが飛び交うようになり、実際は返せないわけですから、自暴自棄になったり自殺も考える人もいるでしょう。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

配信者の末路

配信者で亡くなったり行方不明になったりする人は多いですが、実際は当事者にとって様々な理由があるのです。

①本当に亡くなっている(自殺か病死)
②意図的に行方不明になり配信のネタにしている
③配信が何らかの事情でできなくなっている
④覚醒剤や事件などで刑務所にいる

「③配信が何らかの事情でできなくなっている」の場合は、配信者にとって配信ができなくなることは事実上の”死”を意味するものであります。したがって今回のこうやの場合も、自殺ではなく親に精神病院に入院させられたり、実家に逃げ帰るのに配信を止める理由として自殺を噂として流す場合もあるのではと思います。債権者も自殺したとすれば諦めるでしょうし、実家に凸をしてくることはないからです。

最近では横山緑と親交が深かったロハコ(53歳)が亡くなりましたし、丸亀の竹本(51歳)は亡くなったと言われていましたが覚せい剤と威力業務妨害で刑務所にいるという噂もあります。不健康な人もアウトローでやらかす人も多いですから、いつ行方不明になってもおかしくはないのです。

野田草履はこういう時は深く追求することはないそうですが、親族のことを考えると仕方がないのかもしれませんね。

配信者でも投げ銭で月数百万稼ぐ人も多々いますが、きちんと将来の未来図を描けているのはほんの一握りです。ほとんどの配信者が刹那的に生きているわけですから、いつ配信を止め自殺してもおかしくはないのです。最近でもまた配信で自殺配信もありましたが、最後はみな「自分に注目して欲しい」がために自殺配信をします。死ぬまで大手になることができない人は大勢いるのです。

自殺を考える前に債務整理

キャッシングやローンなどでも借金漬けになっている人もいますよね。パチスロなどのギャンブルにハマる人もいます。

知人から借りている借金でも債務整理はできます。但し人間関係は壊れることになりそうですよね。債務整理で借金を減額するのか、自己破産で借金をチャラにするのか選択肢は色々ありますが、配信者に限らずフラフラ遊び歩いているような人や目的もなくお金を使って欲望を満たしているような人は、早めにそういう生活からは脱出できるように債務整理で借金を整理することをおすすめします。

個人再生なら借金が1/5で利息もゼロになります。これだけ減額すれば毎月の支払いもかなり楽になるはずです。利息がありませんから前倒しで返す必要もないのです。弁護士や司法書士に相談した段階で今月の支払いはしなくてもOKです。ですから自殺を考える前に債務整理をやって逃げることを考えましょう。

こうやは「山田かまち」に似てますよね。若い人は知らないかもしれませんが。

尾崎豊系の表現者(文章やアート)でエレキギターの感電死?まぁこうやも忘れた頃にひょっこり復帰するかもしれませんし、自殺だったら何かアナウンスがあるかもしれません。生きているのか死んでいるのか分からない、この憶測を呼んでいつまでも話題にしてもらえるのは配信者の特権と言えるのかもしれませんね。人間は肉体の”死”よりも忘れ去られた時の”死”を恐れるのです。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!