【西日本豪雨被害】火災保険や自動車保険などの保険料支払いを猶予!

保険料支払いを猶予

今回の西日本豪雨被害で家屋や車などの被害に合われた方がたくさんいますよね。保険会社なども大変な損害補償になると予想されますので人員などもかなり増員して現地調査にあたっているということです。今回は保険料支払いを猶予ですが、猶予される支払いは生活基盤の立て直しをしてから後回しにできますので助かると思います。

今やるべきことは借金一本化!
最短で翌日の融資!老舗の安心できる企業です!
↓↓↓↓↓

保険料支払いを猶予

西日本で発生した大雨による広域災害を受け、日本損害保険協会は8日、災害救助法が適用される京都、広島、岡山など7府県の保険契約者を対象に火災保険などの保険料支払いを猶予すると発表した。損保各社は現地に災害対策本部を設置し、週明けから損害調査を本格化する。

保険料の支払い猶予措置は火災保険や自動車保険などの契約者を想定しており、損保各社が対応する。8日までに災害救助法の適用を決めた7府県の計71市町村が対象。今回の災害では家屋や家財のほか自動車などの浸水被害も膨らむと予想され、被災者の生活再建を優先する。

損害保険ジャパン日本興亜は先週の台風7号による被害対策を含め、福岡や広島県など西日本の4カ所に災害対策室を設置した。岡山県などでは浸水地域にドローン(小型無人機)を飛ばして現地調査を実施。約50人を新たに現地に派遣する。

東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険の各社もすでに現地に対策本部を設置し、週明けにも対応要員を増員する予定だ。
【引用:日本経済新聞 画像:毎日新聞

各種保険料の支払いが猶予されます。該当地域などもあると思いますので、契約している会社に一度お問い合わせください。家が全壊や床上浸水などの被害にあった方は生活再建にお金がかかるかと思いますので、こういった猶予してくれる支払いは後回しにして引き落とされないようにするのがいいと思います。

保険会社からの保険金については豪雨被害ですから家の保険は契約状況によりますので今一度確認をしてください。古い火災保険ですと時価や対象外があったりもありますが、最近の保険は火災保険単独ではなくて、住宅の総合保険に加入しているのが普通で、総合保険には風災も水災も含まれている場合があります。

ちなみに税金なども災害指定地域に指定されると1年猶予になるらしいですね。

失業保険の給付も可能ですので該当する方はこちらをご覧下さい。

おまとめローンに通った男性
1本化ローンのユーファイナンス

ローンの支払などの滞納に注意

家や車が無くなってもローンは残りますよね。ローンの支払も気になるところですが、あまり滞納をし続けますと預金の差押えなど気を付けなければなりませんよね。ほぼローンなども一定の猶予はされると思いますが、それがいつまでとは決まっていませんので。再建にお金がかかるとはいえ支払いのことも十分に頭に入れておく必要があります。

すべての財産を失った方や、当面の再起が見込めない方は、債務整理で自己破産や個人再生を選択してもいいと思います。当サイトでも司法書士さんをご紹介していますので、問題がある方でも一度ご相談いただければと思います。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

借金減額シミュレーターはここからスグ!借金どのくらい減る?


②借金相談は債務整理の全国無料相談で解決する!

③借金増えたらおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!