【西日本豪雨被害】被災者や被災企業向けに住宅復旧ローンの金利優遇!緊急特別融資も

住宅復旧ローンの金利優遇

西日本豪雨被害で家屋が全壊し通帳や印鑑を紛失した場合でも預金を引き出せる措置がとられています。自宅復旧や新居を購入などのローンも金利が優遇されます。

現状今ある土地にまた家を建てるかどうか悩まれている方も多いと思いますが、金融機関では緊急特別融資も含め様々な支援措置をとっていますので、一度相談に行かれてはどうでしょうか。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

被災者や被災企業向けに特別融資や復興ローン

金融機関は、西日本豪雨の被災地域に対する支援を始めた。3メガバンクなど大手銀行は9日、被災者や被災企業向けにローンの金利優遇などを行うと発表。損害保険各社も、迅速な保険金の支払いに向け現地に対策部署などを設置し被害状況調査を本格化させた。

三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行は、被災者の自宅復旧や新居を購入するための貸出金利を引き下げる通帳や印鑑を紛失した場合でも預金を引き出せるようにし、企業向けにも金利を優遇した支援融資を実施する

西日本に営業基盤を持つ地方銀行でも対応を急いでいる。トモニホールディングス(HD)は、傘下の徳島銀行(徳島市)、香川銀行(高松市)、大正銀行(大阪市)の3行が緊急特別融資の取り扱いを始めた。銀行店舗は、被害の大きかった岡山県には香川銀8店、愛媛県に香川銀11店、徳島銀2店、広島県には香川銀1店がある。運転資金・設備資金の用途で1億円以内、融資期間10年以内の特別融資に応じる。利率は3行所定の利率とし、個別相談に応じて設定する。今年12月28日を取扱期間とし、各行の本支店で相談に応じる。

関西みらいフィナンシャルグループ(FG)傘下の近畿大阪銀行、関西アーバン銀行、みなと銀行の3行も、来年3月を取扱期間とし、被災者向けに金利を優遇する特別融資制度を始めた。【引用:sankeibiz

大手の金融機関が先行し、その他の西日本の地方銀行でも特別融資や復興ローンの取り組みも始まっているようです。


審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

自己破産や債務整理のご相談

再建に多額のお金がかかる場合は、一度自己破産を選択してもいいのではないでしょうか。個人再生では借金が1/5に圧縮できますし、利息がゼロになりますので急いで返済する必要もありません。また住宅ローンを除外する特例もあります。

住宅に関しては半壊してしまうと解体費用もかかりますし、相当な手間ですよね。その間の仕事にも支障が出ますし精神的にもキツイものがあるでしょう。再建築にどのくらいかかるのか銀行に相談に行ってもよいですが、また二重ローンを組む場合などは無理をなさらないようにしてください。

ご相談は当サイトで司法書士をご紹介しています。全国可能で債務整理の無料相談を行っております。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!