借金も親も結婚も仕事も切り捨てる!一度身軽になってみよう

全部捨てて身軽になる女性

人生の悩みは大概、借金・親・結婚・仕事に集約されます。これらは日本人に生まれてきたからには絶対的な義務になっているともいえますよね。これをやらずに世間からは白い目で見られる!と本人は思っています。ですが今の日本において他人の生い立ちや生き方なんて誰も興味はありませんよ。

そう割り切って簡単に生きられれば問題はないのですが『負け人生』とも思われたくないのも本音です。それをもがくうちに病気になったり仕事で躓いたり離婚したり、自分の求める方向とは逆に向かってしまうものです。運命逆転の法則ともいいます。それは本来自分を解放しようと思って無意識に選んでいる現実なのではないでしょうか?

今回は『借金も親も結婚も仕事も切り捨てる!一度身軽になってみよう』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

借金を切り捨てる

借金があるとそれが弊害になって何もできなくなりますよね。どうでもいいことにお金を使い、または住宅ローンや車のローンに縛られて、面白くない毎日を送っているのではないでしょうか。

毎月のお小遣いは僅かで同僚との飲み会も行けない。趣味で遊ぶにもお金と時間が無い。このまま歳をとっても何も残りませんよね。残るとすればボロボロになった家屋くらいでしょうか。

借金によって病気になったり、他人といざこざになったり、ヤミ金から借りて借金取りに追われたり。借金がなくなればどんなに有意義な生活が送れるでしょうか。別にマイホームを諦めろと言っているのではなく、はじめは郊外の中古のボロ屋でも格安で一括で買えばいいのです。ローンは持たない、借金をして無理をして買わないということです。

ですからそういうリスクを負わずに借金そのものを消すことも考えていきましょう。借金を消すには債務整理しか方法がありません。ですが債務整理は国で認められた合法的な手続きですから、安心して胸を張って借金を減額することができます。任意整理・個人再生・自己破産のどれかを選ぶにはまず専門家の弁護士や司法書士の先生に相談することをおすすめします。

借金を債務整理で切り捨てて、現金主義になってみよう。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

親を切り捨てる

親を切り捨てるというと世間的には酷い人間のように思われるかもしれませんが、縁を切りたいくらいの人間とどうして付き合うことができるでしょうか?自分が成人を過ぎたら一人の人間であり、生き方や考え方もあるのです。その人生における弊害ともいうべき親との関係を続ける必要性はありませんよね

単なる親子喧嘩なら縁を切る必要は無いですが、自分を全く信用していない裏切り行為が続いたなら、攻撃して親子の関係を継続するよりも関係を切って別々に暮らしたほうがいいのです。

親に対して”情け”が少しでもあるのなら、後々後悔しますのでやめておきましょう。でもそれすらないのであれば、親子の縁は切ることが賢明です。戸籍を抜いただけでは縁は切れませんが、私のように血のつながっていない母親と遺産相続バトルをする機会などがあった場合には、和解条件に『二度と連絡を取らない』と裁判官を仲介して約束させましょう。結構この遺産相続のときに親戚や親も本性むき出しになりますからね。親戚も勿論、切り捨てるべきでしょう。

親と一緒に暮らさないと寂しいと思う人は親と暮らせばいいのです。顔も見たくない親とは縁を切るべきなのです。介護もする必要がなくなります。生涯のコストはかなり浮きますよね

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

結婚を切り捨てる

結婚を切り捨てる=結婚を諦める、という考え方はしないでください。いい人がいれば結婚するべきだと思います。その方があなたの人生にとってプラスになるからです。私が言いたいのは、結婚を無理にしたがばかりに不幸になるのが目に見えているということです。

結婚というのは恋愛の延長という考えだけでは成り立ちません。資産やお金の共有、子供の育て方、価値観やお金の使い方、かなりのギャップが生まれるものです。ギャップも人によっては面白いと感じるかもしれませんが、大概の場合、価値観の相違はストレスしか生みません

結婚したのに毎日喧嘩ばかり、家にお金が溜まらない借金ばかり、夫が浮気をする、親がいろいろと介入してくる。こういうストレスばかりですと、どのみち離婚になりますし大きなトラブルにも発展します。こういう問題に時間とお金を使うのは勿体無いですよね。

即刻別れるべきですし、切り捨てるべきでしょう。独身の人も自分と相性がいい人が現れるまでゆっくり待ちましょう。急いで婚活する必要はないのです。女性で年齢と出産が気になる人は私はシングルマザーでもいいと思います。恋人と結婚前提にお付き合いしないということです。男は結婚を人生の墓場だと表現しますよね。大概は同棲してセックスレス気味で彼女の本性も分かってきているからです。それでも結婚してくれる男性でしたら大事にするべきですが。

仕事を切り捨てる

仕事を切り捨てるというのは=無職になる、ということではありません。いわゆる会社員になったりどこかの組織に属さない生き方もできますよという意味です。労働という考え方から、儲けるという意識に変えるのです。儲ける手段は労働だけではないのです。

具体的には自分のスキルや能力を最大限に発揮できる仕事をフリーランスや法人で好きな時に受注する。それ以外は自分のやりたいことで消費者と直接やりとりでき事業をやるということです。雇用されるという形態からの卒業です。スモールビジネスですとコンサルタントがあります。他の会社のアドバイザーになってもいいでしょう。仕事やビジネスモデルを自分で作り上げて儲けるというのはかなり刺激的です。これで成功すれば自信にもつながりますしね。

クラウドワークスなどの仕事マッチングサイトも豊富ですし、ココナラのようにスキルをスポット的に売るサービスもあります。これらで収益にならなくても問題ありません。そこであなたの実力に気付いたクライアントがあなたに高条件でオファーをくれるでしょう。私もここで長期のコンサルをいただいています。

一番のメリットは自分の時間を自分の好きなようにデザインすることができます。自分が一番重要と思えることにリソースを集中できるのです。より効率的に働けるからこそ時間が生まれます。そして余暇を自由に楽しむことができるのです。株やFXや仮想通貨に投資してもいいでしょう。勉強する時間はたっぷりあります。ニートの人も焦ることはありません。少しずつでも前に進みましょう。

反面、起業したばかりで孤独になることもあるかもしれません。そしたら週何日かでもバイトをすればいいのです。または地域コミュニティでつながったり、SNSでつながったり、今はネットがありますから同じ境遇にいる人は簡単に見つかります。

好きな時につながり、好きな時に仕事をして、効率的に仕事をしながら余った時間をさらに好きなことに注ぎ込む。これがベストなのです。勿論従来のような会社に勤めてチームで大きな仕事を達成する喜びを感じたい人はそのまま働くべきでしょう。

どのみち60歳の定年になったら会社を追い出されるのです。そこで隠居する人は今はいないですよね。まだまだ働く意思のある人ばかりです。そこではじめて何をしようと考えて60歳でアクティブに動くことができますか?ですから今のうちにその壁を乗り越えて経験を積んでおくのです。生涯現役で儲けることができるのです

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!