仮想通貨ICO詐欺には気を付けろ!

仮想通貨ICO詐欺に注意

仮想通貨も法整備が追いつかない状況ですが、そのグレーゾーンで詐欺まがいのICOが猛威をふるっていますよね。「〇〇に上場が決まっている」「〇倍確定!」など怪しい案件ばかりが目立っていますが騙されないように注意してもらいたいです。

今回は『仮想通貨ICO詐欺には気を付けろ!』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

81%のICOが詐欺

仮想通貨のICOは、株の新規株式公開(IPO)に近いが、似て非なるものだ。

ICO専門の顧問会社、米サティス・グループがICO関連企業や仮想通貨情報サイト「コインマーケットキャップ」からの情報を分析したところ、「81%は詐欺まがいのものだった」「6%は資金調達が完了する前に事業を中止した」「5%は資金を調達しても、仮想通貨の取引開始に至らなかった」という結果になった。

一方で、プロジェクトとして成功するのは1.9%、将来有望なプロジェクトは1.8%しかなかった。それだけICOに投資するのはリスクが伴うということだ。米証券取引委員会(SEC)をはじめ、各国はICO詐欺の取り締まりに乗り出しているといわれる。【引用:ハーバービジネスオンライン

81%というとほとんど詐欺コインですよね。有望性のあるコインを見分けるのは相当大変だと思います。現在のメジャービットコインでも送金機能が優れているとか、安全性が高いとか、何かしらのアピールポイントがあるのですがそれが価格や上場に結びつくとは限らないからです。技術的にも実現可能かどうかも素人目には分かりません

従来の未公開株詐欺と一緒ですよね。上場するかどうか判断できないのです。また上場しなかった場合の担保もありませんし責任もありません。そのまま金を持って逃げられます。ガクトと野田大臣絡みのスピンドルが今話題になっていますが、こういったスキャンダルでも先行きは不透明になってしまうものです。そういうリスクがあるから儲かるとも言えますが、もう少し実現性の高いコインもあるわけですから未上場のコインに手を出すにしても、余剰金で遊ぶ程度にしておきましょう。

仮想通貨は4種類に大きく分類できます。①ビットコイン②アルトコイン③草コイン④詐欺コイン。ビットコインそのものが詐欺という人もいますが先物市場も連動し一応の認知は...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

ICO詐欺は情報商材とリンクしている

ICO詐欺の販売の仕方はほぼ従来の情報商材の売り方そのものと言っていいでしょう。

確かにアフィリエイターやマーケッターは集客力がある。だからICOを行う人、特に海外の人間であればなおさらマーケッターに頼ろうとする。そこでは高額な報酬がやり取りされているという。あるマーケッターはこう明かす。

「例えば1000万円の資金調達ができたマーケッターには、200万円ほどの報酬が払われていますね。その後のプロジェクトがどうなるかなんて関係なく、“売ったら終わり”という詐欺まがいのマーケッターがいるのも事実」

最近ではコインを買うと割増でコインがもらえるものや、紹介料が発生するマルチビジネスのような形態も露骨になってきました。射幸心を煽りできるだけ多くのお金を出させようとしているのです。クラウドファウンディングと絡めるタイプもありますよね。

仮想通貨自体が数千コインに溢れ飽和状態であるということです。いつ暴落してもおかしくないでしょう。メジャーコインが暴落すれば上場前のコインにお金が集まるわけがありません。ですから仮想通貨の全体の先行きにも目を配る必要があるでしょう。

ネット動画コピペで儲かる!こういうコピペやクリックだけで簡単に儲かる詐欺情報商材は要注意ですよね。高齢者やネット初心者・情弱の人は甘いキャッチに騙されてしま...
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

もし詐欺ICOで多額のお金を騙し取られたなら

もし詐欺ICOで多額のお金を騙し取られてそれが大きな借金になってしまった方。お金を取り返すのはほぼ無理です。なぜなら詐欺を立証するのが大変だからです。それと自己責任という法的な立ち位置もあります。自己判断で投資した責任がある以上100%被害者というわけではないのです。仮に責任の所在が明確になって民事裁判で勝ったとしても一部の返還になるでしょう。

とはいえ毎月の支払いができなくなってしまった方はどうしようもありませんので、債務整理で逃げる方法をオススメいたします。最高で個人再生は借金を1/10まで圧縮できます。自己破産しないで助かる方法はありますので諦めずに当サイトでご紹介しております司法書士までご相談ください。全国無料で相談できます。収入が少ない方は特に高利息の借金150-200万円でも危ない領域です

自己破産については事例が少ないので分かりませんが、裁判所の判断によっては一部免責不許可になってしまう場合も考えられます。その辺のリスクも司法書士さんと話し合ってみてください。

キャッシング、ショッピングローン、リボ払いなど借金が増えたときに困るのはこの”利息”ですよね。延滞しても利息が付き雪だるま式に膨らんでいくのです。奨学金も利息...

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!