借金お悩み相談!弁護士や司法書士が解決できる4つの理由

弁護士や司法書士の解決を望む女性

借金の悩みは様々です。自分の借金だけでなく彼氏の借金・家族の借金に悩んでいる人もいますよね。消費者金融や銀行から借りた人も、友人やホストクラブのツケ、闇金から借りている人、会社の保証人、これも様々です。

いろいろな状況があるにせよ、当事者間で解決できるとはいえません。むしろ事態をややこしくして問題化させます。債権者を怒らせると裁判や差し押さえにもなります。こういう場合にはやはり弁護士や司法書士にトラブルになる前に相談しておいたほうがいいのです。幸い債務整理ブームですからシステム的にスムーズに解決できる流れが出来上がっていますし、報酬も競争原理で非常に下がりましたが過払い金返還ブームも終わり、報酬もだんだん上がってきていますので相談するには今しかないのです。

今回は『借金お悩み相談!弁護士や司法書士が解決できる4つの理由』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

①正確な債務状況を把握できる

弁護士や司法書士が絡めば、債務状況や利息が法律限度内であるかなど正当なものであるかどうかの判断ができますよね。ひょっとして借金を多く請求されているかもしれませんし、違法な利息で借りているかもしれません。取引履歴を業者から取り寄せて、改めて計算してもらいましょう。

友人の貸し借りや飲食のツケなど非常に曖昧で債務整理しにくいところも、専門家でなければ交通整理はできないでしょう。お酒が入ると酔っ払って支払いが正当なものかの判断もつきにくいですし、保証人関係の債務なども無限責任なのかどうかも重要な判断となります(最近期限のない保証人は無効になる法改正がありました)

弁護士や司法書士に窓口になってもらうことで、債権者への説明もしてくれますし借金解決への和解提出もスムーズに事が運ぶのです。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

②身の安全が保証される

闇金関係の暴力団に脅されていたら警察が介入するしか無いのですが、借金のと督促で職場に嫌がらせの電話が来たり(普通の消費者金融でもあります)差し押さえをしてきたり(経理に連絡が行きます)こういう嫌がらせにも弁護士や司法書士が付けばかなり安心ですよね。

例え差し押さえになってもすぐに対策を講じてくれますし、違法な手続きであれば裁判をすることもできるからです。特に弁護士が受任してからの債務者への督促は禁止ですからね、徹底的にガードしてくれます。そういうのも全てひっくるめて債務整理なのです。

正直、お金を借りているということは債権者に対しては頭が上がらないのです。ですから基本的に言うことを聞いてしまいがちですが、闇金などは特にそうした行動は禁物で、保険証や印鑑を取り上げられたり、生活保護費を取られたり悪どいこともやってくるわけです。これも弁護士に窓口になって貰えば全てガードできるということです。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

③裁判所を経由した和解取引き

裁判所を経由した和解取引きができるのは弁護士と司法書士です。司法書士は法定には立てませんが手続きはできます。債務整理でも裁判所を経由するものは非常に法的拘束力が強いですよね。例えば、個人再生や自己破産です。自己破産の免責をもらう戦略なども重要です、裁判所や裁判官によっては判決が変わるからです。こうした駆け引きや個人再生などの手続きの煩雑さなども専門家の手を借りなければやっていけないでしょう。

これらは国で合法的に認められた借金減額方法ですから、債権者もほぼあきらめムードで異議申し立ては少ないですし、社会的にも合法的に借金を整理したという根拠にもなりますよね。もちろん消費者金融や銀行などの信用はブラック扱いになりますが。これも6-7年でクリアになります。

借金の解決をウジウジ考えていたり、現実逃避で滞納して逃げ回ったり、素人同士の再約束など曖昧な取引をしたり、こういうロスは時間的なものもありますが精神的に気苦労が絶えません。きっぱり弁護士と司法書士に相談した方が確実です。合法的に個人再生や自己破産で堂々と逃げるべきです

④借金体質を改善してくれる大きなきっかけ

もう弁護士や司法書士に頼んだからには、自分もさらなる責任がかかりますからね、借金を減額し生活も粛々とやっていかねばなりません。そういう意味でも家族や親戚、彼女などに甘えっぱなしの依存体質のある多重債務者をこれを期に、借金体質を改善してくれる大きなきっかけになるでしょう。

支払い窓口も弁護士になるわけです(自分で払うか手数料を払って弁護士に頼むか選べる)3年の支払いにおいて2ヶ月滞納すると弁護士は辞任しますからね。そういうプレッシャーの元で借金を責任を持って返していくというのは自覚も出ますよね。自己破産はもちろん免責確定になれば支払いは免除になります。

債務者が心配な家族、親戚、彼女、彼氏などは借金を肩代わりする方法でなく、弁護士に委任して借金と向き合って責任のある返済をしてもらいたいと願うべきです。その時だけ借金から開放しても意味がありません、その後の人生もお金に苦労するときが何回もあるのです。ですからお金に対してルーズである人は、債務整理によって完全に変わることができるのです。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!