銀行カードローンはまだまだ青天井で借りられる!規制前に債務整理をしておく理由とは?

銀行カードローンに悩む人

消費者金融が総量規制で厳しくなり、銀行カードローンに逃げ込む事態となっていますよね。いわば消費者金融の隠れ蓑になっているわけです。

多重債務者問題はそこに原因があると金融庁は目をつけたわけですが、今はまだ自主規制を促している段階です。それでも言うことを聞かずにまだ借り入れ上限を設定しようとしない金融機関が一定数いて、銀行泡の自主規制も足並みが揃わない状況が露呈しましたよね。

今回は『銀行カードローンはまだまだ青天井で借りられる!規制前に債務整理をしておく理由とは?』についてまとめたいと思います。

今やるべきことは借金一本化!
最短で翌日の融資!老舗の安心できる企業です!
↓↓↓↓↓

銀行に規制が入るとどうなるか?

融資上限枠設定6行が予定なし 銀行カードローン調査

金融庁は過剰な貸し付けが問題になった銀行カードローンに関するメガバンクや地方銀行などへの実態調査結果を発表した。調査対象の108行のうち6行が融資上限枠の設定を予定していないことなどが明らかになり、金融庁は状況を注視するとしている。

融資上限枠を設けていない銀行は全体の約1割にあたる13行。うち6行は今後も予定していないという。融資上限枠を設定している銀行のなかでも、他行からのカードローンの借り入れ状況を勘案していないケースも見受けられ、金融庁は「多重債務の発生を抑えるためにも、顧客の借入状況を把握する必要がある」としている。

金融庁はこのほか、融資した後に年収証明書を取得するなどの顧客の収入状況を継続して把握する動きが一部の銀行にとどまっているとしている。【引用:産経新聞

高所得者にとって銀行カードローンは非常に危険なものです。信用のある上場企業や会社の役員、公務員など信用のある人がターゲットになるからです。借り入れ金額が増えても会社や公務員を辞めることができません。それが大きな担保になっています。

借り入れ上限が無いですからドンドン貸し出し枠は大きくなり、それでも支払い不能になればさらに貸し出して自転車操業をさせます。そうして生殺し状態のまま高金利をむさぼるのです。

こういう状態の人がある日突然国の総量規制が発動したらどうなるでしょうか?一斉に貸し出し枠が低くなり今度は貸し剥がしをすることになります。ただでさえ自転車操業なのですから一斉に総量規制がかかったらどこもお金を貸してくれませんから最悪は自己破産、もしくは債務整理をするしかないですよね。

おまとめローンに通った男性
1本化ローンのユーファイナンス

今のうちに債務整理しておくのがベスト

規制が入ると銀行も逃げに入りますから、債務整理の任意整理などの交渉においても非常にシビアに対応しますし、和解条件も渋くなるでしょう。場合によっては裁判で時間稼ぎをするでしょうね。そうなる前に債務整理をしておいたほうが安全ということです。

債務整理は特に最高1/10まで減額できる個人再生がオススメですが、自己破産以外でも大きく減額して回復できるチャンスはあるということです。毎月の収入がソコソコあるという人は特に債務整理の恩恵を受けやすく、減額効果も大きいですし将来の利息も全部ゼロになるというのは借り入れ金額が大きい人にとっては精神的にかなり楽になるということです。

おまとめローンの審査も厳しいですから、何としてもカードが一定期間使えなくなる債務整理は避けたいと思うでしょうが、規制が入ってからもう選択が自己破産しかないという最悪の状況になる前にアクションを起こしていただきたいですよね。銀行も給料差し押さえなど強硬手段にきたら本当に厄介です。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

金融ショックになる前に安全資産へ

かぼちゃの馬車シェアハウスの破綻問題でスルガ銀行の書類改ざんなどによる違法な貸付けは一兆円に上るとニュースになり株はストップ安でしたね。これはシェアハウスオーナーだけではなくアパートオーナーに対しても発覚しました。ビットコインでも詐欺まがいのICOが話題になっていますし、金融庁の引き締めや規制は強くなると思っています。

中国の破綻も気になるところですが、どこから金融ショックが始まるか分からない状態といえそうです。金融ショック後は貸し剥がしや金融機関の倒産もありますから借金のある人はさらに厳しい状況に追い込まれそうです。

仮想通貨なども金融システムの大改革で大チャンスに見えてしまうのも仕方のがありませんが、こういう危ないカオスな時期は借金をせずに現金や安全資産にシフトした方が生き残りやすいということです。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

借金減額シミュレーターはここからスグ!借金どのくらい減る?


②借金相談は債務整理の全国無料相談で解決する!

③借金増えたらおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!