年金の特別催告状が届いたら要注意!差し押さえられる財産とは?

特別催告状が届いた男性

今回は『年金の特別催告状が届いたら要注意!差し押さえられる財産とは?』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

特別催告状とは

高齢化の進展により高齢者を養うための年金支給の総額は右肩上がりに増えています。しかし、年金を支払う層は年々減っており、制度の維持自体が危惧されているのが現状です。

それを見て多くの人が年金の支払いをためらうようになり、可能であれば未納という手段を取るようになります。この未納についてですが、従来であれば催促の手紙が届く程度のであったものが、最近では特別催告状と呼ばれる強制的な徴収を予告するものに変わりつつあります。この特別催告状の種類や特別催告状を無視した場合に行われる差し押さえについてまとめてみましたので、お話しします。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

特別催告状の種類

特別催告状には3つの種類があり、それぞれ封筒が色分けされています。まず最初に来る特別催告状は青です。この青色の催告状は、催促であって特に強制徴収を行うという予告ではありません。この時点で納付すれば問題なく、事が収まります。

これを無視した場合、次に来るのは黄色の封筒です。内容はほぼ同じなのですが、やや強めの表現を用いられていることがあります。ここで納付すれば青色と同じく何事もなかったように過ぎ去っていきます。

ただ、この黄色を無視した場合、最後に送られてくるのは赤色の特別催告状です。仏の顔も三度までではありませんが、ここまで来ると返済の要求が一気に高まります。
まず最初に差押予告通知書が送られてきます。未納分を分割ではなく滞納金額の一括での支払いとして求めて来るのです。さらにそこには、文字通り差し押さえの予告もなされており、支払う意思があれば年金事務所に行くよう促されています。

ここまで来ても、未納金を期限内に納めれば差し押さえされません。しかし、多くの場合支払金額が莫大になっていることが多く、納入は不可能な場合も少なくないのです。
ここで、年金事務所へ行き相談すれば、交渉によっては分割での納入を認めてくれますが、更に無視した場合は強制執行として、差し押さえが行われます。この基準は13か月以上の滞納期間になります。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

差し押さえられる財産

差し押さえになると、もはや事態は絶望的です。自宅を含むありとあらゆる財産、車や趣味の道具など換金できるものであれば全て差し押さえていきます。さらに預金通帳に至るまで、事前に財産がくまなく調べられているので、何を差し押さえるかすでにほぼ決まった状態で入っていき大変効率よく差し押さえていきます。

自身のことだけであれば問題はないのですが、配偶者や家族の財産も容赦なく差し押さえていくという徹底ぶりです。さらに、差し押さえられた財産は次々に競売へかけられ、未納金を全て回収するまで行います。

差し押さえを免れるもの

このような苛烈を極める差し押さえですが、差し押さえが禁止されているものもあります。5つあり、大まかに説明すると、1か月分の食料、仕事に必要な道具、学習に必要な筆記具や教科書、系譜や日記、帳簿などのプライベートな書類、勲章などです。このようなものは差し押さえの対象外となります。

また、車や家であっても仕事に関わるもの(配達用の車や店舗兼住宅の店舗部分など)であれば、その対象から外されます。

特別催告状への対応方法

このような強い強制力を持つ特別催告状ですが、届いた場合の対応は、支払う、免除・猶予の申請を行う、学生納付特例制度を使うです。支払うのは当然ですが、年金事務所へ行き相談することで、前年所得を基準に全額免除、3/4免除、半額免除、1/4免除を受けることができ、特別催告状の対象から外れます。また、年収300万円以下の方に対しても差し押さえの対象から外れているます。

まとめ

年金を納めないことで、三段階の特別催告状が送られ、最終的に差し押さえとなるが、年金事務所へ相談することで、猶予や分割、免除などを受けることができる。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!