借金返済で保険解約を断行?まずは保険料の見直し

保険解約を検討してる女性

『借金返済のために毎月の支払いを見直したい!』そうなると保険料がやっぱり大きいですし気になりますよね。携帯代もそうですが毎月の固定費はできるだけ削っていきたいものです。

今回は『借金返済で保険解約を断行?まずは保険料の見直し』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

借金返済に保険の見直しは役立つ

家計の立て直しについて、毎月の保険料の見直しを行ってみることは有効です。あまり意味のない保険や、必要以上に高額の保険料を支払っている場合もあります。過去において、内容をよく理解せずに生命保険やその他の保険に加入していることもあるでしょう。若い時に職場で人から勧められて加入し、それほど意味がないのにも関わらず、そのままになっている場合も考えられます。

特に借金返済で困っている場合は、保険を解約することによってその分を返済に回すこともできます。保険料は毎月の継続した支出になっているため、この作業をすればかなりの額の節約が実現できる可能性があります。保険料を無駄に払っていることは多いので、自分にとって本当に必要な保険なのかを精査してみることが大切です。

ドケチも徹底すると凄いことになりますよね。今回は夫婦でどケチに励んで貯金6000万円溜めたという話です。勿論、節約だけでは大きく貯まりませんが、仕事もいかに効率...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

保険の内容を再確認

生命保険は多くの人が加入している保険ですが、それぞれの家庭事情によって必要性に違いがあります。単身世帯であれば、多額の生命保険に加入する必要性は低いです。ケガや入院など、いざという時の備えを考えるのはいいにしても、高額な支払いやいくつもの保険に加入しているのは無駄も多いです。もっとスリム化をするといいでしょう。

夫婦が、もしもの時に備えて残された子供のために生命保険に加入している場合も多いです。しかし子供が独立して十分な収入があれば、保険の必要性は低いです。子供がまだ独立していないような場合は備えとして有効ですが、そうでないのであれば検討の余地はあります。

保険の内容についても重要です。あまり中身を理解せずに契約している場合も多いため、その保険内容について改めて調べてみるといいでしょう。もっと月々の支払いが少ない保険に替えることもできますし、そもそも保険の必要性がなければ改めて加入する必要もありません。また、家族の構成が変わったにもかかわらず、従来の保険をそのまま継続している場合も多いです。昔は必要だった保険でも、状況が変わって今は必要性がなくなっている場合も考えられます。そういったものを見直すことによって、大きな家計の節約になり、借金返済に充てる金額を捻出できる可能性があります。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

解約返戻金の制度

保険の解約によって、月々の保険料が節約できることは大きなメリットです。それ以外にも借金返済に役立つことがあります。途中解約によって、保険料の一部が戻ってくる場合です。自分の保険に「解約返戻金」があるかどうかを調べてみるといいでしょう。 返戻金があれば、それを借金返済に役立てることができます。

私自身も保険の解約によって保険料の一部が戻ってきた経験があります。私の場合は経済的事情から保険にはほとんど入っていませんでした。そのためスリム化する保険自体があまりなかったのですが、経済的に苦しくなって加入していた火災保険を見直してみることにしました。すると、途中解約すれば日数に応じて返戻金が出ることがわかり、苦肉の策ではありましたが火災保険を解約しました。まだ火災保険に入ってから日が浅かったため、かなりの額が戻ってきました。

加入保険に解約返戻金があるか調べる

生命保険、終身保険、養老保険など、様々な保険商品で解約返戻金制度がついているものがあります。自分が加入している保険について、保険会社に対し返戻金制度があるか直接聞いてみてもいいでしょう。

もちろん必要な保険であれば、解約することによるデメリットについても考えておく必要があります。将来に再度保険に加入しようとしても 、再加入で保険料が高額になる場合もあります。その辺りのバランスを考えながら、見直す保険について判断していくといいでしょう。保険料の見直しは今すぐ可能であるため、借金返済にすぐに活用していくことができます。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!