友人に貸したお金が返ってこない!取り返す方法はあるのか?

友人から金を取り立てた男性

友人に貸したお金が帰ってこないというのはよく聞く話ですが、友人関係もギクシャクしてしまうし借用書もないとすれば法的に訴えることも難しいですし、なんとも歯がゆいですよね。

何にしても取り立てる行為そのものが面倒くさいですしやりたくないものです。とはいえあなたが何のアクションも示さなければ返済もバックレる可能性は大ですからね。とにかく連絡をとって返済の期限を決めることが先決でしょう。曖昧なままですとそのままズルズルいってしまいますよね。

今回は『友人に貸したお金が返ってこない!取り返す方法はあるのか?』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

はっきりとした意思表示をする

友人が貸したお金を返してくれない場合の多くは、こちらにも問題があることがあります。特に「返して欲しい」とはっきり言えない場合、相手はなかなか返してくれないかもしれません。

まずはしっかりと毅然とした態度で「貸したお金をいついつまでに必ず返して欲しい」と言いましょう。こちらがきちんと返して欲しいという態度を示すことで多くの相手は「きちんと返さなければいけないんだ」という気持ちになるはずです。またお金を貸す時には友人であろうと返済期限をきちんと設定しましょう。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

とことん電話する

はっきりとした意思表示をしたにもかかわらず友達に貸したお金が返ってこない場合、その後になかなか催促するのも憚られることでしょう。しかし、はっきりとした意思表示をしたうえで、それでも何度か催促しても返ってこない場合は、おそらく返すつもりがなく踏み倒そうとしている可能性が最も大きいです。友達とは言えそんな相手には遠慮は不要です。相手がうんざりするくらいガンガン電話をかけてやりましょう。携帯電話だけではなく、自宅の電話があれば自宅の電話。職場の電話にかけてもよいでしょう。

但し脅迫するようなことを言ったり恫喝するような態度は禁止です。あくまでも「貸したお金を返して欲しい」ということを冷静に言い続けるのです。携帯であれば何度も電話が掛かってくるのはストレスになりますし、家族がいれば家の電話に何度も掛かってくると家族の顔も気になりますね。職場であれば同僚から変な目で見られ事間違いないでしょう。これは消費者金融の取り立てでも効果的な方法として知られていますから実践してみましょう。意外と効果があります。

そして電話の会話は必ず録音しておくようにしましょう。万が一この後法的な手段に出ることになってしまった場合、電話の会話の録音データが役に立つケースも少なくありません。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

書類で催促する

直接会ったり電話で催促しても返してもらえない時は書面で返済を催促してみましょう。返済してほしいという内容が書面で届くことで相手にはこちらの意思が一段本気であるということを示すことが出来ます。記載する内容は、相手の名前、自分の名前、貸しているお金の金額、支払い期限、連絡先などです。

相手に本当に返済する気があるのであれば相談に乗ります、という旨を付け加えてあげると相手も連絡しやすくなるかもしれません。もしそれでも無視するようであれば内容証明郵便で督促状を出すのもありです。これであなたがいつ誰にどんな内容の手紙を送ったか、という公式な記録が残りますので、あとからそんな手紙は受け取っていないと相手に逃げられてしまうリスクがなくなります。

弁護士さんにお願いして内容証明を送ってもらう

これは少し費用が掛かってしまう方法ですが弁護士さんにお願いして内容証明を送ってもらうのです。弁護士から自分宛てに内容証明が来ることなんてまずありませんから、相手は相当驚くことでしょう。あなたの取り立てする意思がますます本気であることを示すことが出来ます。上で紹介したように自分で内容証明を作って弁護士費用を節約することもできますが、やはり弁護士の名前で来ると効果が違いますから弁護士さんにお願いするのがおすすめです。

内容証明で弁護士名の表示がある場合は、3万円~5万円というのが一般的です

裁判所を使った話し合いをする

ここまでやってだめなら、正式な続きです。裁判所を使いましょう。最も簡単なのが簡易裁判所に民事調停の申し立てを行うことです。これまで借金の返済を無視していた相手も、裁判所からの呼び出しとなると無視することができなくなります。

裁判所からの呼び出しをを無視すると罰金が科せられることもあるのです。もし万が一これでも効果がないようであれば訴訟や仮差押えの手続きというものもあります。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!